池田長発/国立国会図書館蔵

幕末・維新 その日、歴史が動いた

池田長発「スフィンクスと侍」幕末のイケメン外国奉行はなぜエジプト?

投稿日:

現地ではそれなりに歓待もされ

左側には、ローマ字の読み仮名とフランス語で「Ambassadeur de L. M,taicoun du Japan」(日本の将軍の外交官)と書かれています。フランス側の通訳が書いてくれたんですかね。

フランス側でも外交儀礼は守ってくれていて、晩餐会では「日本人には西洋の酒は口にあわないだろうから、前に来た日本人が持ってきた紹興酒を飲むといい」と言われたそうです。

この「前に来た日本人」というのは、約二年前の「文久遣欧使節」のことだと思われます。
福沢諭吉が参加したことで有名な使節団ですね。

ということは、おそらく池田たちも「ヨーロッパ一の奇人」(by福沢)のレオン・ド・ロニーと会って話したんでしょうねえ。
この頃レオンはパリで日本語を教えていましたから、「生きた教材が来たぞヒャッフー!!」くらいにはテンションが上がっていてもおかしくありません。

 

スポンサーリンク

結果が出ないからって石高半減と蟄居は辛い

ナポレオン3世の皇后・ウジェニーとも結構話したようです。
「婦人らしい話題」としか書き残されていませんが、日本の衣食住や家庭のことなどでしょうかね。
現代でもそうですが、固有名詞が多くなりそうな話だと、通訳の苦労がしのばれます。

宮廷外では、フィリップ・フランツ・フォン・シーボルトにも会いました。
もしかすると、彼に会ったことで、長発は西洋の理系学問に興味を持ったのかもしれませんね。

こうして直に西洋を見聞した長発は、「日本は開国して、西洋と付き合うべきだ」と考えるようになるのです。
交渉がうまくいかないこともあり、予定していたイギリス訪問を取りやめて、日本へ帰ってきています。

確かにイギリスを味方につけてフランスと交渉させる、という手もあったかもしれません。
しかし、まだ西洋の事情が飲み込めていない当時は、そういった発想はできなかったでしょうし。

ただ、幕府の希望とは反していますから、長発は石高半減と蟄居という罰をくらいます。
自分の思い通りにならないから罰する――って、本当にダメな政治判断ですよね。これでは後に続く勇気を持った者が現れません。

戊辰戦争の頃には許されたものの、既に長発は健康を害しており、地元に学問所を作って教育にあたっていたそうです。
その跡地である岡山県井原市立井原小学校には、長発の生誕150年を記念して、銅像が建てられたとか。

ここで生まれ育つ人だけでなく、少年少女たちには長発のように、広い視野を持って学び、遊び、成長してもらいたいものです。

長月 七紀・記




スポンサーリンク


【参考】
国史大辞典
今日は何の日?徒然日記
今日は何の日?徒然日記
池田長発/Wikipedia
横浜鎖港談判使節団/Wikipedia
月報/国立国会図書館

 



-幕末・維新, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.