歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

リチャード3世の肖像画/wikipediaより引用

イギリス

リチャード三世は邪悪な「ヒキガエル」ではない シェイクスピアに歪められた汚名をいま返上する

投稿日:

魅力的な人物を数多く生み出したシェイクスピア。
その中でも悪役部門のチャンピオンに輝くのは英国王・リチャード三世でしょう。

性格は、貪欲にして冷酷。
外見も醜悪に描かれており、脊髄が曲がって脚をひきずった、ヒキガエルのような男です。

実際、その悪行も留まるところを知らず、幼い甥を含めて親族を手に掛け、そして最期は誰からも見捨てられ、戦場で惨殺される――。

まるで悪魔のようであり、かつ道化のようでもあり、狂気に取り憑かれたようにも見える。
あまりにぶっ飛んでいて、魅力的ですらあります。

しかし、この意見には反論もあるようで。

「シェイクスピアの流布したリチャード三世の像は間違っています! あれは創作です!」

彼を愛する歴史家はそう主張してきたのです。

 

遺骨発見で覆る「悪魔の子」真の姿

1485年、ボズワースの戦い――。
味方に裏切られたリチャード三世に残された道は、少数の兵士を率いてヘンリー・チューダーの軍勢に突撃をかけることでした。

※上記YouTubeは、BBCドラマ『ホロウ・クラウン』

しかしこの突撃は、虚しい賭けでした。
リチャード三世はヘンリーの旗手を討ち取ったものの、すぐに敵に取り囲まれます。
彼は、戦場で討ち死にを遂げた最後のイングランド国王となったのでした。享年32。

遺骸は全裸にされ、英国レスターへ運ばれました。
そしてその遺骸がどうなったのか?

残念なことにそのまま忘れ去られてしまい、哀しい骸(むくろ)が発見されたのは2012年8月のこと。
ごく最近のことで、彼の埋葬場所は駐車場になっていました。

掘り出された遺骨は、悲惨な死を物語っておりました。

兜をはぎ取られ、刃の付いた剣やハルバードで何度も後頭部を攻撃され、そのうち二カ所が脳に到達。
敵はリチャードを落馬させ、頭部を集中的に攻撃したものと思われます。
脊椎側彎症の跡も発見されました。

ただし、シェイクスピアが悪意をこめて描くほど強い症状ではなく、甲冑や衣服で隠せる程度であったとのことです。
専門家により、顔と声も復元されました。

蘇ったのは、当時描かれた肖像画とよく似た姿。
シェイクスピアが「ヒキガエル」と喩えたような、醜い容貌からはほど遠い青年像です。

リチャード3世の復元模型/le.ac.ukより引用

リチャード三世の名誉回復を求める「リチャード三世財団」は喜びました。

「やっぱり彼の悪評は作られていたんです! 本当はハンサムな青年だったんですよ!」
というワケです。

 

スポンサーリンク

チューダー朝のプロパガンダ

そもそも何故、リチャード三世はここまで悪人とされてしまったのでしょうか。

答えはチューダー朝のプロパガンダにあります。

リチャード三世は、兄エドワード四世の幼い子であるエドワード五世をさしおいて、王位につきました。
しかしこれは野心ゆえの行動とは言い切れません。

エドワード四世は身分違いの結婚をして周囲の反感を買い、贅沢な暮らしと漁色(女遊び)に溺れていました。
そんな無理が祟ったのでしょう。
彼は42才の若さで崩御してしまい、王国の乱れはどうにもなりませんでした。

わずか12才の幼君が、とても支え切れる状況ではありません。
リチャード三世が幼い甥兄弟をロンドン塔に置いて自ら王になったとしても、ある程度はその動機を擁護できるでしょう。

「あんな子供が王では、国をまとめきれない。ロンドン塔は牢獄としての一面を持つが、そもそもは王宮の一部でもあるのだし……」
まぁ、少々苦しい弁解ではありますね。

しかし、少なくともリチャード三世は、彼を倒したヘンリー・チューダー(のちのヘンリー七世)よりは王として正統性がありました。

ヘンリーの祖父オウエンは、イングランド王ヘンリー五世の未亡人であるキャサリン・オブ・ヴァロワの再婚相手。
如才なく王位継承の争いに絡んではきたものの、元をたどれば正統性は極めて薄いのです。

そこをつっこまれると大変困るチューダー朝としては、敗死したリチャード三世を極悪非道の暴君として、それを倒した自分たちには正義があったとして喧伝するのが手っ取り早いわけです。

 

彼は悪魔の子……人々は噂を信じた

歯が逆さに生えていて、逆子だった。
脊髄湾曲症で脚を引きずって歩いた。

こういう身体的な生涯は、当時、悪魔の仕業だとされました。
かくして噂を鵜呑みにした人々は、リチャード三世が悪魔の子だったと信じるようになるのです。

さらに彼の手は血で染まっているという話も語られました。

・ヘンリー六世を幽閉して殺害(真偽不明)
・ヘンリー六世の子・エドワード王子を戦場で殺す(真偽不明)
・クラレンス公ジョージを、マームジーのワインの大樽で溺死させる(謀叛を企てたため、エドワード四世が処刑を命じた)
・幼い甥兄弟をロンドン塔で窒息死させる(真偽不明)
・妻アン・ネヴィルを毒殺(真偽不明)

いずれも真偽不明のものばかりで、本当にリチャード三世の仕業か不明です。

一つだけハッキリしているのは、
「リチャード三世が殺したことにすれば、チューダーにとっては都合がよい」
ということばかり。

1513年にトマス・モアが出版した『リチャード三世伝』の時点で、こうした悪行の数々は知られるようになりました。

さらに、チューダー朝の名君エリザベス一世から愛されたシェイクスピアが、悪役としてのリチャード三世像に磨きをかけたわけです。

 

スポンサーリンク

「塔の中の王子」は誰が殺したのか?

それでも反論する者はいるでしょう。
最も強い決定的反論といえば、これに尽きます。

「ハンサムだろうが何だろうが、結局のところ彼は甥殺しじゃあないですか」
リチャード三世といえば、幼い兄の遺児二人をロンドン塔に幽閉した挙げ句、暗殺したとされています。

ロンドン塔の王子たち/wikipediaより引用

すやすやと眠る少年の顔に、枕を押しつけて殺したのは極悪非道、まさに悪魔の所業! そう言われても仕方ないところです。

ただし、この「塔の中の王子殺し」も、リチャード三世が手を下したかどうかはわかりません。

王位継承のために彼らが邪魔な人物は他のもいました。
他ならぬヘンリー・チューダーにも、王子殺しの動機は十分にあります。
そしてリチャード三世にその罪を押しつけることでもっとも利益を得られるのは、ヘンリー・チューダーなのです。

1674年、ロンドン塔の補修中に、作業員たちが木箱を発見。中から人骨が出てきました。

「これは二人の王子の遺骨にちがいない!」

当時の王だったチャールズ二世の医者はそう興奮して発表しました。
ところが1933年に再鑑定した結果、王子とは特定出来ないという結果が出たのです。

ロンドン塔では多くの死者が出ています。
中で死んだのは、あの王子たちだけではありません。
まったくの別人という可能性があるのです。

この遺骨をDNA鑑定すれば誰のものかはハッキリするかもしれません。
しかし、死因の特定、殺人の場合犯人が誰なのかという結論が出るとは限りません。

 

シェイクスピアは素晴らしい されど史実は別なり

謎に包まれた王子たちの真相がはっきりとするまでは、リチャード三世の評価も定まらないでしょう。

「甥殺し」かどうかという結論は出ていませんが、それでもリチャード三世の再評価は進んでいます。
近年の作品に登場する彼は、シェイクスピアの描いた姿からはほど遠い悩み多き青年として描かれることも増えてきました。

「シェイクスピアの描いたリチャード三世は、フィクションとしては素晴らしい。でも、史実は別」
そういうとらえ方が主流です。

彼の骨は再度丁重に埋葬されました。
埋葬式では人気俳優でリチャード三世を演じたベネディクト・カンバーバッチが、詩を読み上げました(theguardian.com)。

カンバーバッチはリチャード三世の遠い子孫にもあたります。

脳天を何度も突かれ、戦場に斃れた非業の死から5世紀以上。
リチャード三世の遺骸は彼の悪名をそそぎ、歴史を愛する者たちの情熱をかきたてました。

レスターの駐車場下から見つかった彼の骨。
歴史評価は変動するから面白いと知らしめた、まさに世紀の発見でした。

文:小檜山青




スポンサーリンク


【参考文献】

 



-イギリス

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.