パンジャンドラム/Wikipediaより引用

イギリス

イギリスの開発した「トンデモ兵器」がトンデモ過ぎて大砲噴いた

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
英国のトンデモ兵器
をクリックお願いします。

 

HMSエクスカリバー&HMSエクスプローラー 1954年

過酸化水素。オキシドールという名前で消毒薬として使用されたり、髪のブリーチ剤に使用されたりする成分です。少量であればともかく多量であると爆発を起こしやすく、取り扱いには注意を要します。

よりにもよってそんなものを潜水艦の動力とする実験がかつて行われていました。接収したUボートのプロトタイプを基にして作られた、過酸化水素推進実験艦が、HMSエクスカリバーとHMSエクスプローラーです。

海の底で、密室で、過酸化水素という劇物を扱うとなると嫌な予感しかしません。

案の定、実験は失敗続きで、HMSエクスプローラー初代艦長は「もうこんな艦乗れるか!」と航行拒否をしたほど。速度はかなりのものではあったとはいえ、爆発事故をよく起こしました。

更に過酸化水素はブリーチ剤に使われるものですから、臭いわけです。しかも有害です。臭くて有害なガスが充満するうえに爆発する。乗員にとってはたまったものではありません。

そしてエクスカリバー(アーサー王の名剣の銘)は、次第に「エクスクルシエーター(拷問者)」、エクスプローラー(探険者)は「エクスプローダー(起爆装置)」と呼ばれるハメに。乗員の苦しみがよくわかります……。

結局、実験段階で開発はとりやめになり、時代は原子力潜水艦へとうつっていったのでした。

 

イグ・ノーベル賞受賞常連国もイギリスだそうです

当初は世界のトンデモ兵器で記事を書こうかと思っていたのですが、途中からイギリスに絞った方がいいと思い、こうなりました。

トンデモ兵器を作り上げたのはイギリスだけではありません。苦しい懐事情でアイデア頼りになった結果、おかしなものができあがります。逆に資金が潤沢過ぎても、余裕があるからか変な物でも作り上げてしまいます。

企画段階では素晴らしいと思えても作ってみたら駄目だった。そういうこともあります。

イギリスがこの分野で突出しているのは、「思いつく人がいるかもしれないが、思いついた時点で駄目だと気づきそうなものを作ってしまう」という点だと思います。

粘着爆弾にせよ、パンジャンドラムにせよ、なぜ企画段階で誰も止めなかったのか。不思議でなりません。

世界史中で最も早く産業革命を成し遂げ、発明分野において一歩先を歩んできたイギリス。優れた発明だけではなく、トンデモ発明を作り出している点も、密かなチャームポイントと言えるかもしれません。

あわせて読みたい関連記事は以下へ

ネルソン提督英海軍が世界最強!カリスマ&勇敢さに男も女も惚れてまう

続きを見る

イギリス海軍の歴史~海賊行為で世界を制し海洋国家を樹立してから

続きを見る

ヴィクトリア女王ってどんな人?大英帝国全盛期の象徴 その人物像とは

続きを見る

なぜアイルランドとイギリスは不仲? 日本人には難しいお国事情をスッキリ解説

続きを見る

人がゴミのようだ!った英国「救貧法」実際にあった地獄のブラック労働とは

続きを見る

文:小檜山青
編集:五十嵐利休

【参考文献】
図説 世界の「最悪」兵器大全』(マーティン・J・ドアティ)

TOPページへ

 



-イギリス

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.