スエズ運河/wikipediaより引用

フランス

ナポレオンが目をつけフランス人が工事を進めたスエズ運河の歴史

投稿日:

デカイ事業って、何かとロマンがありますよね。
しかし、国家レベルのものとなると、夢なんぞよりアレコレと打算が大きくなるわけで……。

1869年(明治二年)11月17日、エジプトのスエズ運河が開通しました。

サウジアラビアとアフリカの間にある紅海と、地中海を繋ぐ有名な運河で、実は途中で湖を通ったりもします。

あまりイメージが湧かないかもしれませんが、運河とは
「陸地を掘り広げて、船舶の通行や灌漑などに便宜を図る水路」
のことだそうで。

日本では道頓堀(大坂)や貞山堀(宮城)などが有名でしょうか。

どちらも江戸時代の初期に作られ、かなり歴史がありますが、実はスエズ運河も古い時代に原型がありまして。

紀元前の頃からエジプトの王様たちは「このあたりに船が通れれば、いろいろ便利なのになぁ……」と思っていたらしく、いろいろな試みをしています。

残念ながら、紅海の海岸線の変化によって頓挫したり、その後のアレコレで痕跡が失われたりして、長い歴史の中で埋もれてしまいました。

それを調査させたのが、あのナポレオンだったのです。

 

エジプト遠征時に「昔やってたんなら今もできるだろ」

ロゼッタストーンの発見で有名なエジプト遠征。
このときナポレオンは地形などの調査も進めておりました。

運河を作ることができれば軍事的にも経済的にもメリットが大きいですから、「昔やってたんなら今もできるだろ。どの辺だったか調べてこい」ってなもんです。

そして「だいたいこのあたりに、このくらいの規模の運河が作られただろう」という目星がつきました。

帝国主義真っ盛りの時代のこと。
こうなると他の国も同じところに目をつけますが、このときはイギリスが「フランスがこの辺で運河を作ろうとしてるらしい。乗り遅れるな!」ということで、ナポレオン騒動が終わった後に調査を始めました。

ただしこのときは「紅海と地中海で水面の高さが違うから、閘門(こうもん)を作る必要がある。対費用効果が見込めるかアヤシイ」という結論が出されて頓挫しています。

閘門(こうもん)とは、運河の内外で水位差がある場合に作られる設備のことです。
これによって水位差を調整し、船が安全に航行できるようにします。

地面を掘り抜くだけでも結構なコストがかかりますから、閘門を作ればなおのこと費用がかさみます。
遠く離れた異国の地、しかもあっちこっちで戦費が膨大になっている当時では、「じゃあ作ろう」とはいいにくい数字になるわけです。

そんな感じでイギリスは一度引っ込みます。

 

1858年にフランス人がスエズ運河会社を設立

それから数十年後――。

あらためて調査に取り組むと、実は「地中海と紅海に水面差はない」ことがわかり、再び運河建設の計画が立てられます。一体何だったんだ……。

さらに、建設予定のルートで試しに馬車による輸送をしてみたところ、ヨーロッパ~インド間の郵便にかかる時間が半分以下になりました。
馬車よりも輸送量で優る船の通行が可能になれば、その経済的恩恵は計り知れません。

なんせ飛行機がない時代ですからね。
他にヨーロッパとアフリカを結ぶ海路というと、喜望峰(アフリカ最南端)経由しかありませんので、そりゃ短縮したいわけですよね。

かくしてこの地の運河事業に目をつけ始めたのがフランスやオーストリアです。
フェルディナン・ド・レセップスというフランス人の事業家・外交官が中心となり、1858年にスエズ運河会社を作って建設に乗り出します。

常時3万人もの人が工事に携わり、完成までに150万人ほどが働いたとされる大事業でした。

ピラミッドを作るのと同じくらいの人数かと思われます。あちらはどんな人数規模で作っていたのか、さまざまな説がありますけれども……まあ、だいたいのイメージということで。

しかし、ピラミッドとスエズ運河の工事では、大きく違うであろう点がありました。

労働者の待遇です。

 

10年で数千人の労働者が命を落とし、英国がしゃしゃり出て

一昔前まで「ピラミッド工事の現場は奴隷が働かされていた」という説が主流でした。

最近の研究では「用事があれば休むことができ、報酬としてビールも振る舞われた。そもそも農閑期に行われる公共事業の一つだった」という説が有力になっております。

しかし、スエズ運河では全く逆だった……とされています。

10年ほどの工期中に、数千人の労働者が命を落としたといわれているのです。

完成直前のスエズ運河/wikipediaより引用

ここに目をつけたのが、またしてもイギリス。
もともと「この辺がフランスのシマになるとヤバイ。インドと連携しにくくなる」と考えていましたので、イチャモンをつけられそうなところを探していたのでしょう。

イギリスは「労働者が奴隷扱いされているじゃないか、けしからん!!」と正義の味方を気取り、スエズ近辺へ軍事的に介入。
ついでに労働者の反感を煽り、反乱を起こさせて一時緊張状態になりました。

同時期のイギリス本国では、児童労働や常識を逸脱した薄給などの労働問題が蔓延していたんですけどね。

フランスその他の国からすれば「お前が言うな」とツッコミたかったところでしょう。

さらに、フランス以外の市場ではスエズ運河会社の株は下火になっていました。やはり「これほどの大事業に見合う採算が取れるのだろうか」と思っていた人が多かったようです。

 

株を購入した英国は軍事介入にも動き出す

こうしてさまざまな思惑がうごめく1869年。
予想の二倍もの建設費をかけて、スエズ運河は完成しました。

当時のフランスはナポレオン3世の時代です。
開通式には皇后ウジェニーも船でやってきており、オーストリア皇帝なども臨席して、華やかなものになったそうです。

同年にはアメリカ大陸横断鉄道も開通し、スエズ運河と合わせて、地球上の移動距離を大きく縮めることとなりました。
そのため当初の予想よりも大きな利益を挙げることに成功します。

しかし、建設費の膨大さにはまだまだ追いつかず、地元エジプトの対外債務(外国への借金)はかさむ一方。
自国が保有するスエズ運河会社の株式を売って、返済に当てようと考えました。

なんだか本末転倒の予感ですね……。

ここで、やはりインドとの連携を強めたいイギリスが目をつけ、ときの首相ベンジャミン・ディズレーリが、議会の承認なしに44%もの株を買います。
当然筆頭株主です。

そしてこれを足がかりに、イギリスはエジプトへの軍事介入を始め、第二次中東戦争(1956~1957年)までスエズ運河近辺にイギリス軍が居座ったのです。
その辺の話はスエズ運河そのものから少々離れる上にややこしいので、また日を改めましょう。

 

日本とエジプトの友好橋が2001年に完成していた

さて、スエズ運河は日本はあまり関係ないかと思いきや、いくつかの接点があります。

まず1861年に文久遣欧使節がスエズを通っており、翌1862年には池田筑後守長発(ピラミッドで写真撮った人)の遣仏使節団一行がエジプトにやってきました。
おそらくは両者ともに建設中のスエズ運河を見たか、少なくとも噂くらいは聞いたでしょうね。

池田長発「スフィンクスと侍」幕末のイケメン外国奉行はなぜエジプトへ?

元 ...

続きを見る

また、1873年に岩倉使節団がヨーロッパからの帰路でスエズ運河を通っています。

さらに2001年には、ムバーラク平和橋(またはエジプト-日本友好橋)と呼ばれる橋が完成しました。
建設費の60%が日本のODAという、なかなかの規模な事業です。

この橋により、エジプト本土とシナイ半島方面の所要時間を大幅に減らすことができたそうです。両国友好の証として、エジプトと日本の国旗が飾られているんですって。

ピラミッドと一緒に見ておきたいですね。

長月 七紀・記

【参考】
スエズ運河/wikipedia
スエズ運河橋/wikipedia
新スエズ運河/wikipedia

 



-フランス
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.