『のぼうの城(=忍城)』は最初から豊臣秀吉が落城させる予定だった!? 石田三成さんは悪くな~い!

 

豊臣秀吉が天下統一の仕上げとして行った小田原の北条攻め。ぶっちゃけ、ド楽勝の合戦だった。

なんといっても、当時最強のライバル・徳川家康とタッグを組んだのだから、関東の一部を支配するだけの地方大名では話にならない。

北条側の支城は次々に陥落。

そうした中で、唯一善戦したのが、映画や小説で一躍有名になった『のぼうの城』こと忍城(おしじょう)だ。

城を囲む秀吉軍は、石田三成らに率いられた二万。一方、城を守るのは、のぼう(でくの坊)の愛称を持つ成田長親で、兵はわずか500。

「これは一瞬で落城でしょう」

と誰もが思っていたのに、なんとなんと! という展開が映画や小説の『のぼうの城』である。

 

「天下統一」のためのパフォーマンスに過ぎなかった!?

では、史実は一体どうだったのか?
忍城が、三成の水攻めを受けながら、小田原が落城した後も最後まで残ったのは紛れもない事実である。この戦いの失敗で、三成は戦下手のレッテルを張られてしまった。

しかし、それは違う。三成はあえて落とさなかったのだ。秀吉の命令を受け、単に取り囲んでいたことが判明している。

実際、豊臣軍の中に先走ったバカがいて、成田軍の首を多数あげた武将がいた。そして意気揚々と秀吉に「僕、やりました。がんばりました」と報告したところ、「てめえ!攻め落とすなといっただろ!」と叱責されている文書も残っているのだ。

では、こんな面倒なことまでして、秀吉は忍城で何をしようとしたのか。

最初に書いたように、秀吉にとっての小田原征討は、家康が屈服したことで決定した「天下統一」のためのパフォーマンスに過ぎなかった。
忍城で、三成がわざわざ手間のかかる水攻めをしたのは、秀吉が名将として名を上げた、伝説の戦い・高松城水攻めを再現しようとしたからだった。

どうやら、秀吉は最後に主だった武将たちを忍城に集めて、土手の上から「わはは、ワシの力を思い知ったか」と、なんとも嫌らしいことをやろうとしたと推測できる。

が、やはり城主が「のぼう」だったので、秀吉が来る前に開城しちゃったのだ。チャンチャン。

 

【関連記事】北条氏政はなぜ強気で秀吉に抵抗し続けたのか? 絶対の自信を持っていた小田原城はどんだけ強い?

お城野郎小田原征伐20160612-2

 

文・川和二十六

※『のぼうの城』は言うまでもなく名作であり、和田竜さんの作品は当サイト内でもファンが多いです。今回の記事は史実に着目したもので、小説・映画の内容を批判する類のものではないことをご理解ください。

 








武将ジャパンの全記事データベース!

関連記事

コメント

    • うーん
    • 2016年 6月 20日

    史実と違うというだけで名作じゃないなら、真田十勇士も里見八犬伝も名作じゃないですね。
    「こうだったら面白い」を楽しむのが時代小説なんじゃないですか?

    • 匿名
    • 2016年 1月 03日

    のぼうの城面白かったです
    コメディ要素の強い映画ですがちゃんと時代劇でしたし見てて楽しい映画でしたね

    • 匿名
    • 2015年 10月 10日

    「のぼうの城」が名作とは思わない。
    水攻めが三成の発案ではないことは何年も前から言われていることで、
    それを示す文書も残っているのに、
    史実であるかのように宣伝されていたのも良くなかったと思う。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

書籍情報『戦国診察室』

アマゾンの戦国本ランキングで1位(一時)になった書籍『戦国診察室 お館様も忍びの衆も歴女医が診てあげる♪』
戦国診察室帯アリ450
税込価格1,728円(現在アマゾンでは各小売店様のプレミア価格で発売されてます)

配信先

武将ジャパンでは下記サイトへの記事配信を行っております。

日刊SPA!

シミルボン

facebook

本郷和人歴史キュレーション

東大の歴史研究第一人者、本郷和人教授が登場! 最先端の歴史を堪能しましょう

hongokazutoeye

コミック版『戦国ブギウギ』

当サイトで連載中の『戦国boogie-woogie』(アニィたかはし)がコミックで販売されます!!! 戦国ブギウギ表紙イメージB
ページ上部へ戻る