えっ、信長は比叡山を焼いてない!? 比叡山延暦寺焼き討ち事件の真相とは?

 

今回は信長の戦の中でも一番悪名高いあのお話です。
元亀二年(1571年)9月12日、織田信長が比叡山延暦寺の焼き討ちを行いました。
老若男女問わず数千人を焼き殺したと言われているこの事件、最近の研究でいろいろとツッコミどころが見つかっています。
果たして焼き討ちの真相やいかに?

 

女を連れ込んだり金貸しやったりのクソ坊主ども

そもそも何で信長が延暦寺と敵対したのかという理由から見てみましょう。
当時の延暦寺はいわば僧兵集団。
決して大人しく無力なお坊さんだけが暮らしているところではありませんでした。
中には「ワシに逆らうやつには仏罰が下るぞよ!」なんてデカい顔をしている生臭坊主もいたのです。
お寺というイメージとは正反対に、権力を振りかざして本来入れてはいけないはずの女性を連れ込んだり、金貸しに手を染めて荒稼ぎしたりとやりたい放題になっていました。
さらに殺生厳禁のはずの仏教徒だというのに、浅井家や朝倉家に協力する始末。
これでは仏様も「いやいやお前らにこそ罰当てたいわ」とツッコんでいたのではないでしょうか。

信長は信長で敬虔な仏教徒でもなんでもありませんでしたが(かといって神仏を否定などは一切せず普通に保護してたりしたのですが)、延暦寺のように軍事拠点化しており、京都の脅威ともなれば、「叩き潰すしかない!」と思ったのでしょう。

とはいえ、流石にいきなり放火してヒャッハーしていたわけではありません。
往生際の悪いことに、信長がやってきてから比叡山側は「お金あげるのでどうか勘弁してください」という使者を出してくるのですが(金で解決とかそもそも僧侶の考えることじゃNEEEEEEE)、信長はこれを受け取らず追い返しました。
その時点で逃げ出した人も多かったのです。
逆に言えば、これでも比叡山に残った人たちは徹底抗戦するつもりだったということにもなります。

 

燃えた木材も人骨も出土せず ナゼ、ホワイ?

逆らう僧兵達だけでなく、オンナ子供も殺しに殺して、果ては比叡山に火を放ち……というのが従来の延暦寺焼き討ち事件説です。

が、最近の発掘調査で意外なことがわかりました。

焼き討ちをしていたとしたら当然出てくるはずの燃えた木材などがごくわずかにしか見つからないのです。
加えて、何千人も殺していたとしたらこれまた出てくるはずの人骨も全く出土しなかったといいます。
もし本当に「全山焼き討ち」及び「数千人を殺害」していたら、ブルドーザーも埋め立て技術もない時代にどうやってそれらを片付けたのでしょう?
この結果からすると、信長は延暦寺を攻めて僧兵と戦っただけで、ちまたで言われているような全山焼き討ちはしていないのでは……?とも考えられるのです。

延暦寺の根本中堂/wikipediaより引用

この説には二つ根拠があります。
一つは記録について。
延暦寺焼き討ちの悲惨さを記録した資料を書いた人は、ほぼ全員その場にいない人なのです。
「言継卿記」を書いた公家の山科言継(やましなときつぐ)も、「御湯殿上日記」を代々書いてきた朝廷の女官達も、皆伝聞を書いたにすぎません。
伝言ゲームで話が誇張・脱線するのは今も昔も変わらないんですね。

一応信頼度が高いといわれている「信長公記」にも書かれていますが、作者の大田牛一は「文才がありすぎて誇張が激しいのでは?」という傾向があります。
その場にいなかったのに、本能寺の変については異常にリアルに書かれていますしね。
だからといって延暦寺焼き討ちの記述が丸ごと嘘っぱちということにはなりませんが、ここでもう一つの根拠を合わせて考えてみましょう。

 

信長が残虐であればあるほど得をするのは誰か

それは、延暦寺は朝廷ととても深い繋がりがあったということ。
信長が焼き討ちを行ったとされる頃、延暦寺のトップは天皇の弟さんでした。
いくら信長が「神をも恐れぬ」とはいえ、そんな人のいるところを丸焼きにしていたら、当然朝廷からお咎めがあるはずです。
朝敵にされていてもおかしくありません。
信長は既に周辺の大名達から包囲されていたので、朝廷がその大名たちに「信長は朝敵だから協力して討つように!」とさえ命令すればすぐ討てたでしょう。
なのに、そうしていないということはやはり全山焼き討ちがあったかどうかが疑わしくなってくるのです。

信長が残虐であればあるほど得をするのは誰か?
そう仕立て上げる必要があるのは誰か?
何だか推理小説みたいになってきましたが、そういうところを考えるとまた違った見方ができそうです。
もしかしたら、本能寺の変にも繋がっていたりして……?

長月七紀・記

 


やっぱり天才!?
織田信長【入門編】
桶狭間から本能寺までの49年を最新解説!





関連記事

コメント

    • ren
    • 2017年 2月 07日

     実は。信長当時東北・北陸・東海・山陰・若狭等の物資。特産物・米なだが琵琶湖の湖上交通を利用していました。
    比叡山延暦寺は全国に荘園があり、その物資も当然琵琶湖の水運を頼っていたわけです。GDPの5分の一を集めていたとも言います。(最大四分の一)その琵琶湖の多くの港を抑えていたのが浅井氏。物資を京都へ送って利益を得ていたのが朝倉氏だったのです。つまり、朝倉・浅井・延暦寺は、既得権益者で共通の受益者だったわけです。焼き討ちの中心も「山」ではなく、殲滅されたのは当代随一の港で京都に次ぐ賑わいを見せた坂本(滋賀県大津市)の日吉山王社でした。ここは、物資の運送を担い、ときには僧兵とも競い合った馬借の本拠地だったのです。

    • 匿名
    • 2016年 10月 16日

    面白いですね。
    昔の話が、今になって分かってきているのは!

    • おかめ
    • 2016年 9月 17日

    @杉山召
    ユダヤ陰謀論やめろよ。民族差別だぞ。

    • 匿名
    • 2016年 1月 26日

    興味深い分析です。
    南京の件も調べと下さい。
    人骨はどのくらいの数出てるのでしょうか?

    • guchibonodenkun
    • 2015年 11月 14日

    今、アメーバのブログで、森蘭丸の恋物語の小説を書いている方いますが、長月さんと同じ様な内容で焼き討ちの事を書いてます。
    まだ、本能寺の変まで、お話が進んでいませんが、とても興味深いです。
    天照帝 さんがブログをアップしています。ネットでは、(森蘭丸 小野お通)で検索するれば、ブログに入れます。
    やっぱり、歴史は面白いです。
    真実は、何か? その時代に思いを馳せて、たのしんでおります。
    これからも楽しみしています。
    ありがとうございました。

    • 匿名
    • 2015年 9月 30日

    興味深い観点ですね。
    この仮説が事実かどうかは確認することが出来ませんが、戦争での一つの側面である情報操作の基本じゃないのかなと思いますね。
    人間は見たことも直接関わったことも無い人間を好きになったり憎んだり出来る動物です。
    その原因は事前に得る情報で、その情報が多方面であればあるほど信用しやすいですからね。
    その宗派の門徒の数を考えると情報操作の一面が有ったと思うほうが自然ではありますからね。
    門徒からすれば神や仏に反逆する悪魔の様に見えたでしょうし、自分たちのして来たことは正当化、敵のしたことは何倍にも膨らませ人に話すのは古今東西変わらない方法ですからね。

  1. 天下布武を謳っていたのだから、死ぬも生きるも天が決める。が信条でしょう。
    蛇来(へぶらい)語が日本語の原点として通るなら、天下は天が下す裁き、布武とは与え奪う。

    古事記も日本書紀もユダヤ金融が天皇に与えた架空の物語です。
    天皇は西暦300年に日本に侵略に来た弥生人で、クナト(狗奴)に追い散らされている。
    出雲大社のクナト神とは、この狗奴(クナト)のこと。
    しかし天皇はユダヤ金融にフッ素を貰ってクナトを戦わずして退けた。そして平安時代に至る。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本史受験の参考書!

「日本史オモシロ参考書vol.1」
著:長月七紀

井伊直弼って本当は悪い人じゃない!?
織田信長の前にも幾度か攻め込まれている、暴れん坊の比叡山延暦寺。

などなど日本史受験と関係のある人物・事柄のトホホな話を一冊の参考書としてマトメてみました!

価格250円※Kindle読み放題対応

書籍情報『戦国診察室』

アマゾンの戦国本ランキングで1位(一時)になった書籍『戦国診察室 お館様も忍びの衆も歴女医が診てあげる♪』
戦国診察室帯アリ450
税込価格1,728円(現在アマゾンでは各小売店様のプレミア価格で発売されてます)

配信先

武将ジャパンでは下記サイトへの記事配信を行っております。

日刊SPA!

シミルボン

facebook

本郷和人歴史キュレーション

東大の歴史研究第一人者、本郷和人教授が登場! 最先端の歴史を堪能しましょう

hongokazutoeye

コミック版『戦国ブギウギ』

当サイトで連載中の『戦国boogie-woogie』(アニィたかはし)がコミックで販売されます!!! 戦国ブギウギ表紙イメージB
ページ上部へ戻る