日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

飛鳥・奈良・平安時代 その日、歴史が動いた

古墳オワタ……大化の改新で薄葬令が出されて「お墓はシンプルにね♪」

更新日:

 

歴史の授業で「この年に○○ができました」という話はよく聞きますが、その逆、つまり「この年に○○がなくなりました」という話はあまり出ませんよね。多分そこまでやってると時間が足りないからなのでしょうけども、「アレっていつなくなったの?」と考えてみるといつだかわからないものって結構多いんじゃないでしょうか。
本日はその一つ、古代史で一際デカイ存在感があるのに、いつの間にか消えていたもののお話です。

大化の改新のクーデター翌年に出た「お墓は地味にしろ命令」

646年(大化二年)3月22日、薄葬令が発布されました。
平たく言えば、葬儀やお墓の作り方を定めた法律です。現代では亡くなった方を埋葬するまでの手続きで色々な法律が関わってきますが、この時代はもう少しシンプルでした。
この状況で「薄」という字がつくと「薄情にしろってこと?(´・ω・`)」な気もしてしまいますけども、おそらく「ちょっと」とか「控えめに」という意味だと思われます。

というのも、当時は各地の有力者がこぞって大きなお墓を作り、「こんなデカイものを作れるウチはすごいんだぞ!」といったアピール合戦をするのが当たり前のようになっていました。
が、いつの時代も土木工事をするのはアピールしたい側ではなく、その周辺の民衆です。
彼らにももちろん仕事がありますから、そんな工事をしょっちゅうやらされていては負担が増すばかりですよね。
そこで、大化の改新に合わせてこの状況を打破しようということで、薄葬令が出されたのです。

もちろん、そんな慈善事業みたいな意味だけではありません。
権力のアピールができなくなるということは、それだけ朝廷の存在が際立ちますよね。つまり、薄葬令は民衆を救うだけでなく、中央集権化の一環でもあったのです。比重としてどっちが大きかったかは……まあ、それが政治ですから。

飛鳥の石舞台古墳。天皇ではなく蘇我馬子の墓とされています(Wikipediaより)

そのためか、薄葬令については「後からこの時代のこととして史書に書き加えられたものだ」とする意見もあるようです。
根拠は「同時代の天皇の中に、薄葬された人とされていない人がいる」からだそうですが、薄葬(夫の天武天皇との合葬)された天皇は持統天皇(=女帝)で、されていない天皇は男性なので、性別で扱いが変わっていてもおかしくはないですよね。
この時代、女性天皇は夫の天皇が亡くなった後、後継者が見つかるまでの中継ぎという立ち位置でしたし。それなら夫と同じ墓に葬られるのは自然なことのような気がします。
元から男性の天皇を誰かと同じお墓に入れるわけにもいきませんし。

天武・持統天皇合奏墓。墳丘部は小さくとも中は瑪瑙の石室や漆塗りのお棺など結構すごいんです(Wikipediaより)

大化の改新の実行犯いや実行した英雄の天智天皇(中大兄皇子)のお墓は長辺70メートルと巨大(Wikipediaより)

ついでに庶民の葬儀やお墓についても「好きなところにテキトーに埋葬しないように」などなどの規制がかけられました。
こうして日本では大規模な墳墓は廃れると同時に、葬儀のやり方に一定のガイドラインができたのです。
とはいえ、すぐに統一化されたわけではないですけどね。何せ「哀悼のためと称して髪を切ったりしてはならない」「宝物を一緒に埋葬してはならない」なんてことまで書いてあったので、「そこまでお上に指図されたくないわい」と思った人もたくさんいたでしょうし。
現代でいえば「故人の愛用品を棺に入れてはならない」って国に言われるようなものですから、ホント余計なお世話ですよね。

スポンサーリンク

火葬は珍しかった日本の葬儀の歴史

ついでに、日本での葬儀の歴史もさらっとお話しましょうか。
多分教科書の最初のほうで、縄文時代や弥生時代に土葬された人の写真を見たことがある方も多いと思いますが、元々日本ではあんな感じで土葬が主流でした。
近年、2世紀ごろに行われたらしき火葬の痕跡が見つかっているので、火葬自体は割と早くから存在していたようですけども。
その後仏教伝来に伴って僧侶を葬る際に火葬をすることが増え、薄葬令が出た頃はちょうど過渡期にあたります。

平安時代あたりには僧侶だけでなく貴族の間でも火葬が主流になっていましたが、一般民衆はまだ土葬が主流でした。これはただ単に燃料=薪を用意する費用や、きちんとお骨にするための技術が広まっていなかったからです。
そのため明治時代あたりまで、火葬はある程度の身分やお金がある人たちがやるものでした。

が、明治に入って「火葬とかやられるとニオイがきつくて迷惑なんですけど」という意見が火葬場周辺から上がります。そりゃそうだ。
しかしこれに対する政府の反応が「火葬は禁止! これからは皆土葬にしろ!」という法律を出しただけだったので、当然の事ながら土葬用の墓地が足りなくなりました。アホか。
さらに、便乗した葬儀業者がこの機会に荒稼ぎしようと値上げをしまくります。世知辛いというか罰当たりというか……。

流石にこれをほうっておくわけには行かず、政府は火葬禁止を取りやめて「衛生的にはやっぱ火葬のほうがいいよね!」という方針に切り替えました。
そして火葬場を整備した結果、日本ではほとんどの場合火葬が行われることになったのです。
とはいえ、伝統的に土葬の習慣が根強い地域も残っており、宗教上の理由などで土葬を望む場合はそういった地域の施設にお願いすれば可能だとか。希望がある場合は早めに手を売っておいたほうがいいかもしれませんね。

ちなみに日本ではほぼ火葬か土葬かの二択ですが、世界には他の葬り方もいくつかあります。
有名なのは自然風化に任せる風葬や、鳥にお願いする鳥葬でしょうか。
どちらも歴史と伝統ある葬儀のやり方ですが、多分一般の日本人が見るにはかなりキツイので画像は差し控えさせていただきます。ちなみにウィキペディア先生でも出てきますので、お調べになりたい方はご注意ください。
最近は散骨や宇宙葬など、葬儀やお墓のあり方も多様化していますけども、法律と近隣の方のご迷惑にならないようご注意くださいね。「ネット墓」はそういう意味では一番いいのかもしれません。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:http://ja.wikipedia.org/wiki/薄葬令

 




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-飛鳥・奈良・平安時代, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.