日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

意外と優しい!? 織田信長さん

女性 その日、歴史が動いた 明治・大正・昭和時代

昭憲皇太后が通る 日本女性の服装を和から洋へチェンジさせた深窓の姫君

更新日:

最近は「ボトムアップな組織がイイ」といわれることもありますが、日本の場合「トップダウン」、つまり上から下へ指示や改革が伝わるほうが向いているような気がします。トップダウン=お偉いさんの言いなりというわけでもないですし。

その代表格が明治維新でしょう。

皆さんご存知の通り、ときの政府は明治天皇に西洋の様々な文物を取り入れていただくことによって、一般人にも同じように広めていっております。

とかく「人と変わったこと」が異端扱いされやすい国民性ですし、「お手本」という言葉があることを考えると、「エラい人がやっているから、真似していいんだ」という流れのほうが受け入れやすいのではないでしょうか。
近年でも、某県の知事が育休を取ったところ、県民の男性で育休を取る人が増えた……なんて話を小耳に挟みました。

明治二十年(1887年)1月17日に、昭憲皇太后が洋装に関するお召書を出したのも、そんな心理的効果を狙ったのではないかと思います。

昭憲皇太后(1872年撮影)/Wikipediaより引用

 

和服は女子の活動を著しく制限し、不便である

明治時代になって、男性は洋服を着る機会が一気に増えました。しかし、女性はというと、まだまだ和装で過ごす人のほうが多かったのです。

これは、明治時代まで女性が立ち働くということがあまりなく、さらに洋服が高価だったためでしょう。
しかし、需要が上がらなければ国内で作ろうという業者も出てきませんし、より一層普及が遅れてしまいます。
そこで女性の見本ということで、昭憲皇太后は積極的に洋服を着ていました。宮中の式典でも、一定以上の身分の女官の正装を洋服にしています。

それでも一般の人々にはなかなか洋服が広まらなかったので、この日に「お召書」という形で、改めて洋服を推奨したのです。

その理由の第一は、「和服は女子の活動を著しく制限し、不便である」というものでした。
昭憲皇太后自身、維新まではまさに“深窓の姫君”といった生活です。東京へ来て、あちこちに行啓(皇后や皇太子などのお出かけ)をするようになり、和装の不便さを実感したのでしょう。
女子教育も本格的に始まり、「これからは女性も積極的に外に出て活動するべき」と考えたであろうことは想像に難くありません。

和装の昭憲皇太后/Wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

肌の白さは七難隠す……運動なんてもってのほか

ちなみに、当時の女学校は文字通り「箸より重いものは持ったことがない」お嬢さまたちばかりでしたので、外出はともかく「外に出て運動する」という概念がありませんでした。体育の授業や運動会が始まったときも、戸惑う人が多かったといいます。
新聞でも「最近のお嬢さまは縄跳びなんぞをなさるんだってよw 白い足が拝み放題だなwww」(超訳)なんて書き方をされていたことがあるくらいです。
いつの時代も、たいへんなへんたいがいるものですね。

まぁ、まだ運動着などがなかった時代なので、女袴(行灯袴)=ロングスカートのようなものを着たまま飛んだりはねたり走ったりすれば、足が見えるのは当たり前のことなのですが。
親のほうでも「外で運動などして、日焼けしたら嫁の貰い手がなくなってしまう」という懸念を持っていたために、女性の活動範囲の拡大はなかなか進みませんでした。
古くから「色の白いは七難隠す」という言葉がある通り、肌の白さこそ美人の条件の一つだったからです。

これは私的な想像ですが、恐らく貞明皇后(大正天皇の皇后)が入内するまでは、こういった考えのほうが強かったでしょうね。
貞明皇后は小さい頃、田舎の農家に預けられて育っており、「九条の黒姫様」というあだ名がついたほどでしたから、このあたりでやっと「身分が高くても、日焼けを気にするより、外で遊んで体を丈夫にするほうがいい」という考えが定着したのではないでしょうか。
いろいろな伝染病も流行りましたし、健康への関心が高くなったという面もあるでしょう。

 

白木屋デパートの火災で和装の女性店員に起きた悲劇

こうして女性にも洋装が少しずつ広まり、和装はいわゆる「晴れ着」としての役割になっていったわけですが、それでも全ての女性が洋服を常用していたわけではありません。
関東大震災では、和装だったために逃げ遅れた女性も多かったといわれています。

また、昭和七年(1932年)に起きた白木屋デパート火災での悲劇もそれを示しています。有名な話なので、ご存知の方も多いでしょう。
「白木屋で大きな火災が起き、高層階の女性店員が和装で下着をつけていなかったため、恥ずかしくて飛び降りることができずに亡くなってしまった」というものです。

この話自体は、諸々の点を考えて否定する向きのほうが強いのですが、これが都市伝説以上の信憑性を持って語られるようになったのは、おそらく当時「和装の店員」が珍しくなかったからなのでしょう。

月曜日の憂鬱を運んでくる某国民的アニメでも、主人公のお母さんは基本的に和装ですよね。あれは元々連載していた時期(大体1946年~1974年ごろ)が舞台で、アニメのほうも現在に近くしているらしいですが。

和装はもちろん素晴らしいですし、もう少し着る機会が増えてもいいかなと思いますけれど、人混みの中では危ないこともあります。
ワタクシも以前トーハクに行った際、背後にいた和服の女性に気づかず、足を踏んでしまったことがあります。もちろんきちんと謝ったのですが、ムッとした顔でそのまま立ち去ってしまわれまして……(´・ω・`)
上野周辺ではたびたび和装の方を拝見しますけども、そんなこともあるので、お互い気をつけたいですね。上野以外でも、人が多いとき・場所では。

もしかすると、昭憲皇太后もそんなトラブルをうまくオブラートに包んで「和服は女子の活動を制限する」という言い回しをしたのかもしれませんね。

長月 七紀・記



スポンサーリンク

スポンサーリンク

参考:今日は何の日?徒然日記 昭憲皇太后/Wikipedia 洋服/Wikipedia 白木屋 (デパート)/Wikipedia

 

 

 

お好きな大河ドラマ作品を選べる!





意外と優しい!? 織田信長さん


毛利元就はナゼ一代で中国地方の覇者となれた?


井伊直虎の生涯46年をスッキリ解説!



武将ジャパン・TOPページへ戻る



スポンサーリンク

-女性, その日、歴史が動いた, 明治・大正・昭和時代

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.