悲劇の殺生関白・豊臣秀次 なぜ天下人・秀吉の甥は無残に処刑されてしまったのか

 

世の中にはさまざまな「理不尽」が存在し、その中には「社会ってそういうもんだよな」で割り切れるものと割り切れないものがありますよね。
我が身のことならもちろん、他人のことでも「ソレちょっとひどくね?」と思うことも珍しくなく、本日は貧乏くじを引き続けた上に最悪の結末を迎えさせられた、とある悲劇的な人物のお話です。

文禄四年(1595年)7月15日は、豊臣秀次が切腹した日です。

秀吉の後継者になるはずだった人であり、当時秀吉の血縁者の男性で唯一成人していた人でもあり。なのにナゼ、こんな憂き目に遭ってしまったのでしょうか。

その直接的な原因が未だハッキリせず、新説なども提唱されたりしておりますが、彼の生涯を辿ることでヒントが見えてくるかもしれません。ここは通説に従いつつ、疑問も交えつつ、その歴史を振り返ってみましょう。

※なお、秀次はアッチコッチへ養子に出されて名前がしょっちゅう変わっておりますので、記事内では「秀次」で統一させていただきます。

【TOP画像】豊臣秀次/wikipediaより引用

 

小牧・長久手の戦いで森長可と池田恒興を喪ってしまう

秀次は永禄十一年(1568年)に、秀吉の同母姉・ともの長男として生まれました。

同世代の戦国武将としては真田幸村(異説もあり)・伊達政宗・立花宗茂・黒田長政などがいます。戦国時代の人物としては若い世代ですね。

当時(も)秀吉には男の子がおらず、秀次は物心つくかどうかといった歳の頃から、実子の代わりとして利用されました。
敵方の大名・宮部家を安心させるための人質だったり、三好家を調略するための養子入りだったり……。この人の最期を知っていると、もうこの時点から哀れに思えてきます。
養子先で田中吉政(関が原の後に三成を捕まえた人)と出会ったのは幸運のうちに入れていいんですかね。

ちなみに、三好家の人々がすったもんだで出て行ってしまったため、残った秀次が三好家を率いることになるというアベコベな事態も起きました。
さすがにこのときは「ダメだこの家……俺がなんとかしないと……」と思ったことでしょう。

14歳のときには、池田恒興の娘と婚約し、あの森長可と義兄弟の仲になります。
この縁で、小牧・長久手の戦いでは一軍の将となって、舅と義兄が討ち取られるという大失態を犯し、秀吉にこっぴどく怒られます。
この頃から秀次を跡継ぎにする案もあったようなのですが、「このままヘマし続けたら手討ちな^^」(超訳)とまで言われてしまいました。

ただし、この時点での秀吉は「ちょっと釘を差した」くらいの感覚だったようです。

イラスト・富永商太

イラスト・富永商太

 

八幡山城を本拠とし43万石の大名に 内政では手腕を発揮?

四国征伐後には、近江周辺で43万石を与えられ、八幡山城(現・滋賀県近江八幡市)を本拠とし、秀次は立派な大名になりました。
まだ実務経験がないこともあり、縄張りなどは秀吉がほとんど指図していますけれども。

ただし内政の才はあったようで、吉政らに補佐されながら頑張っていた記録がちょくちょく残っています。まぁ、このときまだ17歳ですし、由緒正しい大名家に生まれて教育を受けたというわけでもないのですから、及第点というところでしょう。
秀吉からすれば、物足りなかったかもしれませんが。

18歳になると、豊臣姓や正式な官位をもらい、名実ともに政権の中枢として嘱望されている雰囲気が出てきます。
九州征伐の際は前田利家と共に京都留守居を任されました。内政の経験を積むという意味もあったんでしょうかね。

小田原征伐(秀次22歳)では、秀吉の弟・秀長が病気になっていたため、副将を務めました。「家康のもとで」という条件はありましたが、家老の一人を失いつつも、小田原城の支城の一つ・山中城を落としています。
小田原征伐後は上方に戻らず、そのまま奥州平定に向かいました。葛西・大崎一揆や駒姫所望はこの頃のことです。駒姫は9歳でした。いくら結婚が早い時代とはいえ……ねぇ?

 

ワシのように女遊びや鷹狩り、茶の湯にうつつを抜かしてはいかん

一方、中央では織田信雄が改易され、その分の領地は秀次に与えられました。そして、秀長と、秀吉の長男・鶴松が相次いで亡くなると、いよいよ秀次が豊臣家の後継者と目されるようになって参ります。

ただし、この頃はまだ若い秀次に対して秀吉にはかなりの懸念があったらしく、訓戒状を書いていたりします。

「ワシのように女遊びや鷹狩り、茶の湯にうつつを抜かしてはいかんぞ」(超訳)

秀吉も自分の悪癖ぶりは自覚していたようですね。オッサンオバチャンって、なんで自分には甘いのに他人にはとことん厳しくできるんでしょうか。

かくして秀吉の(表向きの)引退に伴い、秀次は関白に就任。まだ20代半ばの若さでありながら、聚楽第で秀吉の決めた法度などに準じて、政務を執っていたといわれています。

秀吉が唐入り(朝鮮出兵)に専念する一方で、秀次は真面目に国政を行いました。秀次にとっては祖母にあたる大政所(なか)の葬儀の実務を行ったのも、実は秀次です。喪主は秀吉ですが。

しかし、です。少しずつ秀吉の後継者としての経験を積みはじめたところで、彼の将来に突如暗雲がたちこめます。

淀殿が秀頼を産んだのです。

 

秀頼が生まれて二年もしないうちに、突然「秀次謀反」

秀吉は当時、朝鮮出兵の最善基地・名護屋におりましたが、10日で大坂まで帰ってくるほどの喜びよう。この時点で、秀次は猛烈に嫌な予感がしていたに違いありません。

秀次はぜんそく持ちで、秀頼誕生と秀吉の動向から発作が頻発するようになり、熱海まで湯治に行ったこともあるほどです。

ドラマ真田丸でもそれを彷彿とさせるシーンがありましたね。この時点では淀殿に見舞状を書くなど、表面上は友好を保とうとしていたのですが……自分だってぜんそくなのに健気すぎる(´;ω;`)ブワッ

秀吉には、当初、秀頼と秀次の娘を婚約させ、秀次→秀頼の順で継承させようという考えもあったようです。

しかし、秀頼が生まれて二年もしないうちに、突然「秀次謀反」を言い立てられてしまいます。

一度、詰問の使者が来たときには誓紙を出して済ませたものの、それでは納得できない秀吉。二度目の使者は伏見城への出頭を命じるもので、秀次はすぐに向かいましたが、対面を許されないという理不尽に遭っています。

しかもそのまま「頭を丸めて高野山へGO!」(超訳)と門前払いされてしまいました。

この時点で秀次は頭を丸め、大人しく高野山へ向かっています。既に覚悟を決めていたのでしょうか。
それから半月後、福島正則らが秀吉の「死を命じる」という意向を伝えに来ました。高野山まで従ってきた小姓たちも切腹の上、秀次の介錯で死んでいき、最後に秀次も腹を切ったとされています。

秀次の戒名は、高野山では「善正寺殿高岸道意大居士」、菩提寺の瑞泉寺では「瑞泉寺殿高厳一峯道意」というそうで。どちらも真面目さが伝わってくるような文字を選んでいますし、僧侶から見ても不条理な経緯だったんでしょうね……。

 

秀次だけでなく妻子たちも全員処刑

遺体は高野山奥の院・光台院に葬られ、正則は秀吉のもとに首だけ持ち帰りました。
秀次の家臣については、別の大名に預けられたり、斬首されたり、切腹させられたりと色々ですが、田中吉政のように助かった人もいます。フシギダナー。

本来ならここで終わるはずですが、この後秀次の妻妾、及び子息たちにさらなる悲劇が襲いかかるのは皆さんご存じの通りです。彼女らの処刑の際、切られてから半月以上経った秀次の首も据えられていたとか。ひどい以外に言葉が出ません。

特に側室入りを控えて京都の屋敷で待っていた駒姫(最上義光の娘)などは、秀次に会ったことすらないのにその対象となったのですから、言葉が詰まるばかりです(詳細はコチラ→戦国一悲運の美女・駒姫 顔すら見たことない夫・豊臣秀次の連座で処刑される)。

その後、聚楽第や八幡山城など、秀次が住んでいた場所は徹底的に破壊されました。聚楽第が秀吉の造った建造物として有名なのに、まったく遺構が残っていないのはこのためです。

ちなみにこれは、文禄の役と慶長の役の間の出来事で、まだ帰ってきていない大名もたくさんいました。
秀次切腹の前に、諸大名には秀頼へ忠誠を誓うよう誓紙も書かせているので、どうあがいても秀次を後継者にするつもりがなかったということになります。

「穏やかで禁欲的な若者」という評価もあった

ただでさえ秀吉には親族が少ないのに、秀頼が成人するまでの間の豊臣政権を守ってくれるはずだった秀次を自ら殺してしまったことで、耄碌ぶりを証明したも同然ではないでしょうか。

一応「秀次が諸々の残虐な行為をした」という話は複数伝わっていて、殺生関白なんてアダ名も残されているのですが、あまりにもバリエーションがありすぎる記録で、逆に現実味がないような気がします。どれも、秀吉がブチギレるほどのものとも思えませんし……。

また、ルイス・フロイスを始め、宣教師たちからは「穏やかで禁欲的な若者」と評されているのが気にかかるところです。女好きだったのは間違いありませんが、当時の身分ある者なら、より多くの子供を求めて複数の妻を持つことは珍しくないですし。

多少マシ(?)な理由としては、「秀次に複数の息子がいたので、秀吉が亡くなった後秀頼に継がせず、自分の息子に継がせるおそれがあった」とかでしょうか。
もう少し秀吉を弁護するとしたら、「秀次がとんでもないサイコパスだったので、目が黒いうちに始末した」くらいですかね……。もちろん、その可能性もゼロではないのですけども。

個人的に、秀次事件は本能寺の変の次くらいに謎だと思うのですが、いつか真相がわかる日が来るんですかね。

長月 七紀・記

参考:豊臣秀次/wikipedia

 


やっぱり天才!?
織田信長【入門編】
桶狭間から本能寺までの49年を最新解説!





関連記事

コメント

    • 匿名
    • 2016年 8月 03日

    秀次が生きていれば、単純に秀次 VS 秀頼の構図になっていたと思われます。(というか、その構図になるように家康が煽る。)

    そして、どっちかに肩入れした家康が漁夫の利を得る・・・・・・。家康は、秀吉の簒奪劇をそのまま真似るだけです。

    • 匿名
    • 2016年 7月 20日

    @匿名
    秀頼の処置次第ですね。
    豊臣家嫡流の大義名分が秀頼にあるわけですからここを上手く押さえておかないと、家康に持って行かれてしまいます。
    信雄や信孝が、織田家嫡流の秀信を押さえた秀吉にボコボコにされてしまったようにね。

    • 匿名
    • 2016年 7月 17日

    秀次が後継者となってたら、家康が政権簒奪に走ったとしても懇意の仲であった伊達や婚姻の縁になった最上、そして幼少の秀頼の保護の名目で家康側に付いた福島等は間違いなく西側に付いてただろうなぁ。

    • 匿名
    • 2016年 7月 15日

    @匿名
    別にあり得ないことはないでしょ。根拠は?

    当時の常識では、兄弟や親戚が一番危険なんですよ。
    応仁の乱の原因も、家督争いですからね。
    そういう意味で秀吉は名門武士よりも武家の基本をちゃんとわかってる。
    強いて言うと子供が少ないし病弱なところですかね。でも某三代将軍と違って、健全な趣味の持ち主だったわけだから悪いことは何もしてないんですよね。

    • 匿名
    • 2016年 7月 15日

    本当に謎ですね。
    今の常識でいえば捨も拾も秀吉の子ではありえないですが、昔の事だから本気で奇跡が起きたとでも思って舞い上がりすぎたんでしょうか。
    農民上がりでいかにお家を続けるかっていう武士の大事なところに欠けてたんでしょうか。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本史受験の参考書!

「日本史オモシロ参考書vol.1」
著:長月七紀

井伊直弼って本当は悪い人じゃない!?
織田信長の前にも幾度か攻め込まれている、暴れん坊の比叡山延暦寺。

などなど日本史受験と関係のある人物・事柄のトホホな話を一冊の参考書としてマトメてみました!

価格250円※Kindle読み放題対応

書籍情報『戦国診察室』

アマゾンの戦国本ランキングで1位(一時)になった書籍『戦国診察室 お館様も忍びの衆も歴女医が診てあげる♪』
戦国診察室帯アリ450
税込価格1,728円(現在アマゾンでは各小売店様のプレミア価格で発売されてます)

配信先

武将ジャパンでは下記サイトへの記事配信を行っております。

日刊SPA!

シミルボン

facebook

本郷和人歴史キュレーション

東大の歴史研究第一人者、本郷和人教授が登場! 最先端の歴史を堪能しましょう

hongokazutoeye

コミック版『戦国ブギウギ』

当サイトで連載中の『戦国boogie-woogie』(アニィたかはし)がコミックで販売されます!!! 戦国ブギウギ表紙イメージB
ページ上部へ戻る