日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

意外と優しい!? 織田信長さん

その日、歴史が動いた 江戸時代

徳川一門ではないのに松平な信平 京都の高級公家が突然江戸へ出て、そして大名という破天荒な生き様

更新日:

 

人生、一度や二度は思い切った行動に出なければならないことがありますよね。
進学先や就職先を決めるときだったり、転職の決断であったり、はたまたプロポーズをするときだったり。

歴史上の人物にもそういう瞬間はたくさんあったでしょうが、中には「そこでそれですか!?」と思うような行動をした人もいます。本日はその一例として、江戸時代のとある人をご紹介しましょう。

元禄二年(1689年)7月28日は、松平信平が亡くなった日です。

「松平」とくれば徳川家の親戚に与えられる名字ですから、当然徳川の血を引く人だと思いますよね? しかし、彼がこの姓を名乗るまでには、一風変わった経緯があったのです。

 

公家の中でも最高クラス・鷹司家の庶子

信平は、寛永十三年(1636年)に公家の中でも最高クラスの名家・鷹司家の当主・信房の庶子として生まれました。元々は武士ではなくて公家の生まれなのです。
しかし、庶子の上に兄もいたため、信平は他の公家へ養子に行くか、お寺に入るしか選択肢がない……はずでした。

何の理由でか、信平はどちらの道も断固拒否。15歳になると、従者を一人だけ連れて家を出て行ってしまったのです。なんという度胸。

これだけならただの向こう見ずなお坊ちゃまの暴発ですが、彼にはアテがありました。
ときの将軍は三代・家光。その正室が信平の姉・孝子だったのです。つまり、姉の嫁ぎ先を頼りに京都からはるばる江戸へ下っていったということになります。

孝子は慶長七年(1602年)生まれで、11歳のときに江戸へ下っているので、信平とは会ったこともありません。よくそれで頼ろうと思ったものです。
そもそも、よく無事にたどり着けたものですよね。よほどその従者が腕の立つ人だったんでしょうか。

ちなみに父・鷹司信房は永禄八年(1565年)生まれなので、孝子は37歳、信平は71歳(!)のときの子供です。生涯現役すぎ。

武勇伝大好物!な徳川家光さん/Wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

上野や上総に7,000石の領地を与えられ

これにはさすがの家光も面食らったでしょう。

しかし、元から武辺話など思い切ったものが好きな家光です。信平を旗本として取り立てて、暮らしと身分が立つようにしてやりました。家光は結婚当初から孝子を嫌っていましたが、その弟は別だったようです。
信平もあえて姉に会おうとしなかったのか、会っても特に何もなかったのか、姉弟のエピソードは見当たりませんでした。

家光が亡くなって家綱に代替わりした頃、信平は紀州藩主徳川頼宣の娘・松姫を正室にもらいました。
その翌年、御三家の縁戚になったということで松平姓を許され、従四位下・左近衛少将に任官されています。父の見舞いのために上洛したこともあるようですが、さぞかしトーチャンはびっくりしたでしょうね。

姉・孝子の死に際しては、上野(現・群馬県)や上総(現・千葉県)などに、家綱から合わせて7000石の領地を与えられました。
「なぜに身内が亡くなって加増?」という気もしますが、これは家光・孝子・家綱の複雑なようなそうでないような関係から来ているかもしれません。

というのも、家光は生涯孝子を正室扱いせず、家綱を養子縁組させなかったのです。通常であれば、側室が産んだ子は正室と養子縁組をさせることで身分を整えるのが常識でした。
そこまで家光が孝子を嫌っていたということになるので、何とも寂しい話ではあります。

 

いつしか「鷹司松平家」と呼ばれるように

そのため、家綱は孝子を正式に「母」扱いできなかったのです。孝子の存命中はあれこれ気を使っていたようですが、亡くなったときに喪に服すことができませんでした。
その代わりに、弟の信平を厚遇したのではないか……という気がします。

といっても定府=江戸にずっといていい、という身分にしてもらえたため、領地に赴くことはなく、その後は江戸で穏やかに暮らしていたようですので、信平からすれば「何もしてないのに給料上がった。ラッキーw」みたいな感じだったかもしれませんが。
まあ、家綱が優しい人だということがわかるイイ話ということで。

その後、「鷹司松平家」と呼ばれるようになった信平の家は、孫の代に加増を受けて大名となりました。途中で紀州徳川家から養子を迎えたこともありましたが、その後信平の子孫と交互に藩主をやったり、信平の子孫と紀州系の人が結婚したりしているので、最終的には血筋は変わっていません。
明治に入る直前に徳川家と決別するため「吉井」と姓を改め、その後も存続しています。
戊辰戦争の際、武家では最後まで去就を迷った家も少なくありませんでしたが、この辺は藩祖譲りの思い切りというところですかね。

しかし、お寺はともかく、他の家に養子へ行くより江戸に行くほうがマシに思う理由って、一体なにがあったんですかね。
どうせなら、その辺を書き残しておいてほしかったものです。
実は、信平以外にも公家から武家への転身をした人はいるのですが、それ以上にエキセントリックな行動をした人もいたりして。
特に江戸時代となると、幕府の顔色や習慣・世間の目でがんじがらめだった武家と比べて、一部の公家のほうが自由に動いている感すらあります。

具体的な例は、また日を改めてご紹介しますね。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

スポンサーリンク

参考:松平信平/Wikipedia 鷹司松平家/Wikipedia

 



意外と優しい!? 織田信長さん


毛利元就はナゼ一代で中国地方の覇者となれた?


井伊直虎の生涯46年をスッキリ解説!



武将ジャパン・TOPページへ戻る



スポンサーリンク

-その日、歴史が動いた, 江戸時代

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.