日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

意外と優しい!? 織田信長さん

フランス その日、歴史が動いた

ナポレオンが目をつけ仏人が工事を進めたスエズ運河 日本も意外なカタチで……

更新日:

 

デカイ事業って、何かとロマンがありますよね。
特に男性の場合、「これを成功させて一山当ててやるぜ!」といった夢を抱くことも多いのではないでしょうか。
しかし、これが国家レベルで行うものとなると、夢なんぞよりアレコレと打算が大きくなります。今回はそんな感じの、とあるデカイ公共事業のお話。

1869年(明治二年)11月17日、エジプトのスエズ運河が開通しました。サウジアラビアとアフリカの間にある紅海と、地中海を繋ぐ有名な運河ですね。実は途中で湖を通ったりもします。

あまりイメージが湧かないかもしれませんが、運河とは「陸地を掘り広げて、船舶の通行や灌漑などに便宜を図る水路」のこと。
日本では道頓堀(大坂)や貞山堀(宮城)などが有名でしょうか。どちらも江戸時代初期に作られたものでかなり歴史のある印象ですが、スエズ運河はもっと古い時代に原型がありまして。紀元前の頃からエジプトの王様たちは「このあたりに船が通れれば、いろいろ便利なのになぁ……」と思っていたらしく、いろいろな試みをしています。
残念ながら、紅海の海岸線の変化によって頓挫したり、その後のアレコレで痕跡が失われたりして、長い歴史の中で埋もれてしまいました。

それを調査させたのが、あのナポレオンなのです。

 

エジプト遠征時に「昔やってたんなら今もできるだろ」

ロゼッタストーンの発見で有名なエジプト遠征時に、ナポレオンは地形などの調査も進めておりました。運河を作ることができれば軍事的にも経済的にもメリットが大きいですから、「昔やってたんなら今もできるだろ。どの辺だったか調べてこい」ってなもんです。

そして、「だいたいこのあたりに、このくらいの規模の運河が作られただろう」という目星がつきました。
となると帝国主義真っ盛りの時代のこと、他の国も同じところに目をつけ始めます。このときはイギリスが「フランスがこの辺で運河を作ろうとしてるらしい。乗り遅れるな!」ということで、ナポレオン騒動が終わった後に調査を始めました。
ただしこのときは「紅海と地中海で水面の高さが違うから、閘門(こうもん)を作る必要がある。対費用効果が見込めるかアヤシイ」という結論が出されて頓挫しています。

閘門(こうもん)とは、運河の内外で水位差がある場合に作られる設備のことです。これによって水位差を調整し、船が安全に航行できるようにします。
地面を掘り抜くだけでも結構なコストがかかりますから、閘門を作ればなおのこと費用がかさみます。遠く離れた異国の地、しかもあっちこっちで戦費が膨大になっている当時では、「じゃあ作ろう」とはいいにくい数字になるわけです。

そんな感じでイギリスは一度引っ込みます。

 

スポンサーリンク

1858年にフランス人がスエズ運河会社を設立

それから数十年後、あらためて調査に取り組むと、実は「地中海と紅海に水面差はない」ことがわかり、再び運河建設の計画が立てられます。一体何だったんだ……。

さらに、建設予定のルートで試しに馬車による輸送をしてみたところ、ヨーロッパ~インド間の郵便にかかる時間が半分以下になりました。馬車よりも輸送量で優る船の通行が可能になれば、その経済的恩恵は計り知れません。
なんせ飛行機がない時代のことなので、他にヨーロッパとアフリカを結ぶ海路というと、喜望峰(アフリカ最南端)経由しかありませんので、そりゃ短縮したいわけですよね。

かくしてこの地の運河事業に目をつけ始めたのがフランスやオーストリア。
フェルディナン・ド・レセップスというフランス人の事業家・外交官が中心となり、1858年にスエズ運河会社を作って建設に乗り出します。

常時3万人もの人が工事に携わり、完成までに150万人ほどが働いたとされる大事業でした。
だいたいピラミッドを作るのと同じくらいの人数かと思われます。ピラミッドのほうは何人くらいで作っていたのか、さまざまな説がありますけれども……まあ、だいたいのイメージということで。

しかし、ピラミッドとスエズ運河の工事では、全く違う点がありました。労働者の待遇です。

 



スポンサーリンク

スポンサーリンク

続きは次ページへ

 

次のページへ >

お好きな大河ドラマ作品を選べる!





意外と優しい!? 織田信長さん


毛利元就はナゼ一代で中国地方の覇者となれた?


井伊直虎の生涯46年をスッキリ解説!



武将ジャパン・TOPページへ戻る



スポンサーリンク

-フランス, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.