歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

菊池容斎画の北条政子(江戸時代)/Wikipediaより引用

女性 書籍・映画

歴史観がガラリと変わる!?『女系図でみる驚きの日本史』(著:大塚ひかり)

更新日:

最近は歴史系の新書が、殊の外オモシロイです。

歴史本としては異例の大ヒットとなった『応仁の乱』をはじめ、毎月のように各社から出されていて、新しい価値観が提示されたり、意外な見方を教えられたりします。
ときには、今まで信じてきたことが根底から覆されてしまう――そんな衝撃的な本との出会いもあるでしょう。

女系図でみる驚きの日本史 (新潮新書)』もまさに、その一冊。

女系図で見れば、あの平家も滅びていない!
とまぁ、女性の「腹」を通じて受け継がれる血脈や、女性の立場を解説してくれる。

日本史の別の見方を読者に示す、大変興味深い一冊です。

 

女系図で見れば平家は滅亡どころか繁栄しまくり!

本書をパッと見て圧巻なのが、筆者が作成した女系でみる系図です。
この中には、院政期の男色関係が一目でわかる「究極の男色系図」も含まれています。

とにかく驚かされます。
まず平家の血筋は、現在の皇室まで続いておりまして。

源頼朝は女系でも血統が途切れているので、女系で辿ると実は源平の勝敗は逆転しているということになります。

 

スポンサーリンク

渡来人があふれていたかつての京都

記憶に新しいことかと思いますが、ある政党党首が外国人の血を引いていることからバッシングが巻き起こりました。
血の問題ではなく国籍の問題だとか、態度の問題だとか、いろいろ反論はあると思いますが、それはひとまず横に置きまして。

本書の第三講では、渡来人が数多くいた古代京都を取り扱っております。
当時はむしろ、中国大陸や朝鮮半島にルーツのあることを、アイデンティティとして大切にする人もいたことが語られます。

こういう記述を読むと「純粋な日本人」というのを考えてしまうかもしれません。

 

昔の女性の名前は何故わからない?

紫式部清少納言は、本名が不明です。

てっきり女性の地位が低いからでしょ……と考えていたのですが、それは武家の場合に当てはまるとしても、平安時代には必ずしもそう言い切れないとのこと。

むしろ「実名忌避」ではないか、というのです。

インターネットで知り合った人同士は、個人情報である本名でなくハンドルネームを使うようなもの、と説明されて納得しました。

このように、ものすごくわかりやすいたとえに落とし込むのも筆者の特徴で、読んでいてイメージしやすく助かります。

 

スポンサーリンク

「胤」より「腹」なのか

「ヨーロッパなんかと違って、日本では母親の身分は重視しなかったはず。腹は借り腹というくらいだし」
そんなイメージをぼんやりと持っていた私の頭を、ガツンと殴るのが第五講。

「光源氏はなぜ天皇になれなかったか」がテーマです。

自分のこうした考えを整理してみると、平安時代の話を江戸時代の徳川将軍家あたりで上書きしてしまったのだろうと思い当たりました。

ここで語られるのは、日本では母親の身分がかなり重視され、身分が低ければ出世にも響いたのです。
周囲の見る目も違ってきたわけです。

言われてみれば、光源氏の母は桐壺更衣という身分の低い女性であることは、『源氏物語』で再三言われて来ました。
母親の身分が低い女性を、男性が手ひどく扱う様も『源氏物語』では頻繁に出てきていました。

「劣り腹」という、身分の低い母親から生まれた人を蔑む、凄まじい言葉もあったわけです。

先日読んだ『観応の擾乱 - 室町幕府を二つに裂いた足利尊氏・直義兄弟の戦い』では、足利尊氏が我が子・直冬を疎んじた話が出てきましたが、母親の身分が低いことも関係があるのかもしれません。

 

もう日本史を今までのようには見れなくなる

第五講を読んでいると、人々の冷淡さにも驚かされます。
我が子だろうと、あるいは妻だろうと、生母の身分が低いだけで冷淡にあしらうというのは、何とも冷たいものだとつくづく感じました。

家族が愛し合うこそ伝統的な価値観だなどと言われますが、歴史を学ぶほど、案外そうでもないのではないか……と思わされます。

ここで疑問が湧いてくる方もいるでしょう。

「そうはいっても、徳川幕府は側室が母の将軍ばかりだ」
この点に関して、筆者は実に鋭い説を提示しています。
是非、本書を手に取って、お確かめください。

優れた新書を読んだ時の「ランチ一食分でこの知識を……」という感動。

本書を読み終えたあとは、もう日本史を今までとは同じ目線で見られなくなるはずです。

文:小檜山青




スポンサーリンク


【参考】
女系図でみる驚きの日本史 (新潮新書)

 

-女性, 書籍・映画

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.