歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

書籍・映画

たまたま生き残ってる人類の皆様に『わけあって絶滅しました。』を強くオススメしたい!

投稿日:

子供のころ『生き物図鑑』や『古代いきもの百科』を眺めてワクワクしたあの感覚。
今も持ち続けてますか?

私にはありません。

織田信長西郷隆盛にドキドキすることはあっても、動物に何をwww』
なんて思っていた……自分を今は深く反省しております。

我々人類が誕生する、そのずーーーーーーーーっと前から地球には数え切れないほどの生物がいて、そして彼らの多くは
絶滅
してきました。

しかも、その理由がぶっ飛んでる!!!者もいる。

例えばカンブリア紀中期に生息していた【オパビニア】という海中生物。
何が原因で滅びたと思います?

たぶん誰もわからないでしょう。

だって……

画像クリックで拡大表示

デコりすぎて絶滅って、ウソでしょwwwwwwwwww
としか思えない。

しかし、話はかなりマジメで、彼の復元図が学会で発表されたとき、あまりに突拍子もない姿に会場が爆笑の渦に包まれたというのです。

そりゃあ、そうですよね。
目が5つもあって、顔の先端から洗濯機のホースみたいなのが出てて、さらにその先には気味悪いウニュウニュしたのが生えている。誰が見たって『ナンダコレ?』状態に陥ります。

でも、ある時代には確実に生きていた。そして今は滅んでしまっている。

もう一丁続けてみますか?

次は【ギガントピテクス】さんです。

えっ、知らない?

パンダに笹を横取りされてメシを食えなくなっちゃった、あのギガントピテクスさんを知らないと?

画像クリックで拡大表示

ご覧のとおり外見はゴリラ系で、実際、史上最大の霊長類だそうです。
私達の仲間ですよ。

身長は推定3mもあったそうで、こんな巨体な類人猿が滅びたのが不思議でなりません。

嗚呼、横にいるパンダの可愛い顔して、凶悪なことよ(´・ω・`)

そうだ。
類人猿と言えば、もっと我々に近かったネアンデルタール人が滅びた理由ってご存知です?

画像クリックで拡大表示

脳のサイズも大きく、筋力も強い――。
ネアンデルタール人は、我々よりずっと野生で生き延びる身体を有していました。

しかし、結局滅びてしまった。

人が生き残った一つに「共通の思想(神)を持てたこと」という説がありますが、逆にネアンデルタール人は「目の前の肉確保」に注力したため家族以外の仲間と集団行動が取れず、結果、数の力で滅んでしまったとのこと。

これって教訓的ですよね。
現代の我々だって、一人では生きていけない。
与えて、初めて、返ってくる(こともあれば、返ってこないこともある)。

深い!深いなぁ~。

こうした珍妙で、それでいて含蓄深いお話にふれることのできるのが、本書

わけあって絶滅しました。――世界一おもしろい絶滅したいきもの図鑑←Kindle版
わけあって絶滅しました。 世界一おもしろい絶滅したいきもの図鑑←書籍版

であります。

画像クリックでamazonへ

ここで本書が作られた経緯を、ダイヤモンド社担当編集の金井さんに尋ねてみましょう。

五十嵐「この企画を思いついたのは、やっぱり『ざんねんないきもの事典』がキッカケですか?」
※金井さんは、超ベストセラーとなった同書を世に送り出した人っす(すげー!)

金井「そうですね。その過程で私は自分の誤解に気づいたんです。生き物って、より優れたものに進化して生き残るワケじゃないって」

五十嵐「えっ、違うんですか?」

金井「もちろん、結果的にそうなっていたことはありますけど、むしろ偶然の要素の方が強い。たまたま、少し違った個体が現れ、それが環境に適応して、その子孫が残る、と」

五十嵐「ナルホド、偶然の要素が強いんですね。切磋琢磨してDNAを変化させていくのかと思ってました」

金井「だから人間が必ずしも優れている、とか言い切れないと思うんです。環境一つで、一気に変わりますし、実際、地球では何度もそういうことが起きてきた」

五十嵐「それが衝撃的で、今回の企画に繋がった、と……」

金井「えぇ。単純に、お子さんに見てもらいたかったのもありますね。『ざんねんないきもの事典』も同じスタンスだったんですが、今の世の中って、価値観がどんどん変わるじゃないですか。学歴とか大企業とか、そういう見方は薄まってきた。生き物の生存と絶滅も、まさに【無常】ということを示唆してくれてると思うんです」

五十嵐「全然考えたことなかったっす!!!」

いやぁ、参りました。

日夜、楽しむことだけ考えて生きてきた刹那主義の私は、このままでは確実に【絶滅】の方へと分類されるでしょう。

だって実際に、そういう先輩が1914年に滅んでいるんだもの。

ラストにお送りする絶滅動物はかなりの衝撃です。

ワライフクロウさん。
どうぞご覧ください。

画像クリックで拡大表示

笑い声のような鳴き声で、天敵も存在しないニュージーランドにて悠々と暮らしていたワライフクロウさん。

そこへ突如人間が現れ、彼らが持ち込んだイタチ等によって食べ物を奪われ、ついには自分たちも食べられ、人の上陸からわずか100年で滅んでしまいました。

にしても「笑いすぎて滅びる」って、どんなブラックジョークなのよ!
怖いわッ><;

本書は、ご覧のとおり子供も大人も楽しめるナイスな一冊です。

担当編集の金井さん、実は、以前本サイトでも紹介させていただいた『やばい日本史』を作った人でもあります。

そりゃあ面白くないワケないよね。
今回も、親子で楽しむのが良さそうです^^

Kindle版→わけあって絶滅しました。――世界一おもしろい絶滅したいきもの図鑑
書籍版→わけあって絶滅しました。 世界一おもしろい絶滅したいきもの図鑑




スポンサーリンク


文:五十嵐利休(編集人)

『東大教授がおしえる やばい日本史』を親子から受験生、OLさんにまでオススメしたい理由がここにある!

 

織田信長 武田信玄 真田幸村(信繁) 伊達政宗 徳川家康 豊臣秀吉 毛利元就 




×

-書籍・映画

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.