日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

漫画ウソホント 歴史漫画ウソホント 中国

漫画『キングダム』への疑問vol.2 主人公の”信”は実在する? 大将軍になれた?

更新日:

 

六将級の実力を持つとされる王翦の属将として

『キングダム』の登場人物において、秦の始皇帝などは世界史の教科書にも載っている有名人だが、問題なのは肝心の主人公・信である。

果たして彼は実在の武将なのか? 存在していたならば、一体どのような人物だったのか?

結論から言うと、「信」は実在の可能性が高い。

『史記』の白起・王翦列伝や刺客列伝には、始皇帝の天下統一事業で活躍した秦将に「李信」という人物がいたことが記されているのだ。

たとえば、刺客列伝にはこのように書かれている。原文は文末に掲載※1しておくとして、簡単な訳だけ記すと……。

(燕の太子・丹が荊軻という者に命じて秦王を暗殺しようとして失敗したので)秦王は激怒した。趙で大軍を編成し、王翦に命じて燕を討伐させた。十月、王翦軍は燕の首都・薊の城を抜いた。燕王・喜と太子・丹は精兵とともに東へ脱出し、遼東(半島)に勢力を保った。

秦の将軍・李信はこれを激しく追撃した。そこで代(北方の小国)王・嘉は燕王・喜にこのような手紙を送った。

「秦がこれほどまでに燕を激しく追い立てるのは、太子・丹がいるからです。あなたが太子を殺し、秦王に献上すれば、秦王は必ずや兵を解いてくれるでしょう。そうすればあなたの国も一息つけるはずです」

李信が太子・丹を執拗に追い回したので、丹は衍水(河の名前)に隠れていたが、燕王は使いをやって丹を斬らせ、その首を秦に献上しようとした。

しかし、秦は燕を攻めるのをやめず、5年後、秦は燕を滅ぼし、燕王・喜を捕虜にした。

『史記』 刺客列伝

この記事に出てくる「王翦」という将軍は、『キングダム』の中で“六将級の実力を持つ”とされているあの「王翦」である。

この前の部分でも出てきており、太子・丹が荊軻に始皇帝の暗殺を依頼するシーンで、燕の窮状を説明するのに「王翦が数十万の兵を率いて漳(しょう・さんずいに章)・鄴(ぎょう・業におおざと)に布陣しているし、李信は太原・雲中に進出している(地名はすべて趙の街)」と述べている。

なるほど、当時の李信は王翦の属将として、主に趙・燕との戦いで活躍していたようである。

スポンサーリンク

大言壮語を吐き、二十万の軍団を率いて敗北

しかし、信が史書に表立って登場するのは(もう一つの有名なエピソードを除くと)この燕を滅ぼしたくだりだけで、それ以外の事績はほとんどわかっていない。

結局、信は『史記』に列伝を立てられるほどの“大将軍”にはなれなかったのだろう。

ただ、それなりに活躍はしており、秦王に重用されたのも間違いない様子。というのも、王翦との絡みでもう一つ有名なエピソードがあるのだ。

今度は『史記』白起・王翦列伝※2文末へを引いてみよう。

秦の始皇帝はすでに三晋(韓・魏・趙、この三国は春秋の晋から別れた)を滅ぼし、燕王を追いやり、荊(楚の別称)の軍をしばしば破っていた。
秦の将軍・李信は年が若く血気盛んで、数千の兵をもって燕の太子・丹を捕えるという功績を立てており、始皇帝はこれを評価していた。そこで、始皇帝は李信に問うた。

「荊を攻め取りたいのだが、将軍なら兵がいくらいればイケるか?」
「二十万もいれば余裕ッス」

始皇帝は老練な王翦にも同じことを聞いた。王翦は答えた。

「六十万いないと無理」
「王翦も老いたものだなぁ、少しビビり過ぎだ。それに引き換え李信の頼もしいことといったら!」

李信の言葉が気に入った始皇帝は、李信と蒙恬(あの「蒙驁」の孫、「蒙武」の息子の「蒙恬」である)に兵二十万を与えて荊を討伐させた。王翦は自分の意見が聞き入れられなかったので、病気を理由に自領である頻陽へ引っ込み、隠遁してしまった。
一方、李信は平輿の街を攻め、蒙恬は寝の街を攻め、ともに荊の軍を大破した。李信はその調子で?・郢(ともに楚の旧都)に攻め入ってこれを破り、西へ西へと兵を進め、蒙恬と城父の街で合流した。
しかし、荊軍はこれを三日三晩、宿もとらずにじっと追跡していたため、李信の軍は大敗し、敗走した――。

このように大言壮語を吐いたにもかかわらず結局負けてしまい、最後は始皇帝が王翦に頭を下げて出馬を請うという…。まさに、若さと無謀さを前面に押し出した「信」を思わせるエピソードが残っている。

自らにプレッシャーをかけて、高いハードルを設定し、それを乗り越えて成長していく姿は、本作の大きな醍醐味でもあり、作者の原氏もこうしたエピソードから人物像を膨らませていったのかもしれない。
【漫画キングダムへの疑問シリーズ5本はコチラ】
漫画『キングダム』への疑問vol.1 秦王・政は王族の人間なのにマジで人質生活を送っていたの?
漫画『キングダム』への疑問vol.2 主人公の”信”は実在する? 大将軍になれた?
漫画『キングダム』への疑問vol.3 美強の女剣士・羌瘣(キョウカイ)は実在するのか?
漫画『キングダム』への疑問vol.4 趙の旧三大天「廉頗・藺相如・趙奢」の伝説に迫る
漫画『キングダム』への疑問vol.5 趙の新三大天「李牧」と「龐煖(ホウケン)」 龐煖、実は文化系ってマジか!?
文・やなぎ ひでとし(33歳、独身♂)

1980年、大阪府大阪市で爆誕。中学・高校時代は伊賀、大学時代は京都で過ごしたため、あちこちの言葉が混じった怪しい関西弁を操る。
現在は東京・千葉を経て、愛媛・松山に在住。普段はWindowsソフトウェアを専門とするフリーライターと、舞鶴鎮守府サーバーの提督(大将)の二足わらじ。
中国史(とくに春秋戦国時代など)が割りと好物で、好きな人物は漢の光武帝、尊敬するのは管仲・晏嬰。コーエイの『三国志』シリーズではもっぱら馬騰で遊んでいる。日本の武将では武田信玄が好き。

※1 於是秦王大怒,益發兵詣趙,詔王翦軍以伐燕。十月而拔薊城。燕王喜、太子丹等盡率其精兵東保於遼東。秦將李信追?燕王急,代王嘉乃遺燕王喜書曰:「秦所以尤追燕急者,以太子丹故也。今王誠殺丹獻之秦王,秦王必解,而社稷幸得血食。」其後李信追丹,丹匿衍水中,燕王乃使使斬太子丹,欲獻之秦。秦復進兵攻之。後五年,秦卒滅燕,虜燕王喜。

スポンサーリンク

※2 秦始皇既滅三晉,走燕王,而數破荊師。秦將李信者,年少壯勇,嘗以兵數千逐燕太子丹至於衍水中,卒破得丹,始皇以為賢勇。於是始皇問李信:「吾欲攻取荊,於將軍度用幾何人而足?」李信曰:「不過用二十萬人。」始皇問王翦,王翦曰:「非六十萬人不可。」始皇曰:「王將軍老矣,何怯也!李將軍果勢壯勇,其言是也。」遂使李信及蒙恬將二十萬南伐荊。王翦言不用,因謝病,歸老於頻陽。李信攻平與,蒙恬攻寢,大破荊軍。信又攻?郢,破之,於是引兵而西,與蒙恬會城父。荊人因隨之,三日三夜不頓舍,大破李信軍,入兩壁,殺七都尉,秦軍走。

 





1位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


2位 わろてんか主人公
吉本せい波乱の一生


3位 西郷隆盛49年の生涯!


4位 史実の真田幸村とは?


5位 最上義光 名将の証明


6位 ホントは熱い!徳川家康


7位 意外と優しい!? 織田信長さん


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?


注目 わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日の感想レビュー

-漫画ウソホント, 歴史漫画ウソホント, 中国

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.