日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

漫画ウソホント 歴史漫画ウソホント 中国

羌瘣(キョウカイ)は実在する美強の女剣士だった? 漫画『キングダム』への疑問

更新日:

美強の女剣士は実在していた!しかも出世は信より早い

キングダムの魅力は、ド派手な活躍で出世していく「信」ばかりではない。
とりわけ、美しくて強い女剣士・羌瘣(キョウカイ)は飛信隊の副将を務め、大事な場面で必ず活躍という、物語に欠かせないキャラクターだ。

彼女もまた実在した人物なのか。それとも創作なのか。
史料※1文末に掲載に目を向けてみよう。

始皇帝が秦王に即位してから)18年、大軍で趙を攻めた。王翦は上地方面の将軍となり、井?(のちに漢の名将・韓信が背水の陣で趙の陳余を破ったことで有名)の街を降伏させた。端和は河内方面の将軍となり、羌?が趙を攻めた。端和は邯鄲城(趙国の首都)を包囲した。
翌19年、王翦と羌瘣(キョウカイ)は趙の東陽地方を平定し、趙王を捕えた。
――『史記』秦始皇本紀

これがビックリ、きちんと『史記』にも登場する実在の人物なのだ。

信が燕の討伐で史書に登場するよりも少しだけ早く登場するので、実は李信よりも出世が早かったかもしれない。

 

スポンサーリンク

河了貂はおそらく架空 もう一人の副将・渕さんも同じだろう

ちなみに、この記事に登場する「端和」とは、作中では山界の女王として描かれているあの「楊端和」である。
二人とも李信と同じく、王翦の補佐として趙・代(趙の隣にあった小国)の平定に活躍。もしかしたらこれからのエピソードで、楊端和と羌瘣(キョウカイ)の最強女将コンビが見られるかもしれない。

ただし、彼女たちが「女性であった」という記述は史書にはない。女性の将軍であれば珍しいので、もしそうであればそのように書くはず。実際には男性だった可能性が高いのではなかろうか。

一方、飛信隊の娘軍師「河了貂」は残念ながら、それらしき資料が見当たらない。飛信隊のもう一人の副将・渕さんやその他大勢と同じく、架空の人物のようだ。

意外なのは、信の兄貴分的な存在である「壁」であろう。彼は実在の人物のようで、始皇8年の記事にその名前が見える。しかし、これを人名ではなく単に「かべ」のことだとする解釈もあるので、本当に存在したかどうかは微妙なところ。
確かにちょっと紛らわしい名前ではある。東の壁を守る壁さんとか……。

 

スポンサーリンク

昭王の六将はすべて史書に名を残す

「羌瘣(キョウカイ)」や「楊端和」が登場する『史記』秦始皇本紀を眺めると、そのほかにも『キングダム』で馴染み深い人物に何人か会える。

たとえば、始皇元年には「呂不韋」を宰相にしたほか、「蒙驁(モウゴウ)」「王騎」「麃公(ヒョウコウ)」などを将軍として取り立てたことが記されている。

「蒙驁(モウゴウ)」は「蒙武」の父、「蒙恬」の祖父で、作中では“白老”と尊称されていた将軍である。政が秦王に即位したことで離反した晋陽を攻撃・平定して、政を盛り立てている。

「王騎」は“昭王六将”として活躍した、あの「王騎」様であろう。“六将”や“趙三大天”は『キングダム』の創作で、当時そのような呼称はなかったようだが、昭王の六将に数えられる「白起」「王齕(オウコツ)」「胡傷」「司馬錯」「摎」「王騎」はすべて史書に名前が見える。

 

趙の捕虜40万人を生き埋めにした秦将・白起

「白起」については、多くの将軍の中でも非常に優秀かつ冷酷な人物として有名であった。
趙三大天の「廉頗(れんぱ)」と対峙した“長平の戦い”では、小競り合いで廉頗から勝利をもぎ取っている。

兵の強さで秦に分があると判断した廉頗は2年に及ぶ持久戦で白起を追い詰めるが、当時の秦の宰相・范雎が施した離間の策が原因で趙王に疎まれ、総司令官を解任。
代わりに派遣された趙括は名将趙奢の子で、自他ともに認める兵法の大家だったが、白起はこれを「机上の秀才に過ぎない」と見抜いて罠にはめ、散々に破り、敗死に追い込む。

この戦いで白起は40万人の捕虜を得るが、「捕虜に飯を食わせていては補給が続かないから」という理由で穴埋め、つまり大量虐殺してしまった。
のちに白起は范雎に疎まれて自害に追い込まれ、そのとき呟いたという。

「私は死ぬべきなのだ。長平の戦いにおいて捕虜40万余りを生き埋めにした。天に対し罪を犯したのだ」

 

王齕(オウコツ)については王騎と同一人物説も根強し

また、六将のなかでは「司馬錯」も重要な人物である。

彼は恵文王・武王・昭襄王(昭王)の3代に仕えた将軍で、蜀(今の四川省)の征服に貢献した。秦は蜀を併呑したことで豊かな後背地を得ることになり、天下統一レースで頭一つ抜きんでた存在になる。

しかも司馬錯は『史記』を書いた司馬遷の先祖に当たるというのだから、優秀な一族であったのだろう。

「王齕(オウコツ)」「胡傷」「摎」「王騎」について、残念ながら史書はあまり多くを語ってはいない(「王齕(オウコツ)」に至っては「王騎」と同じ人物を指すという説も根強い)。

しかし、いずれも秦の天下統一に貢献した武将であることは間違いないであろう。

王騎の副官として出てくる「騰」は首都の周辺地域を管轄する“内史”という職にあり、始皇17年に韓を攻め、韓王・安を捕えたことが記述されている。きっと刀をファルファル言わせながら絡めとったのであろう。

そのほかにも、函谷関で韓将・成恢と死闘を繰り広げた「張唐」なども実在。六将「王齕(オウコツ)」とともに趙や魏を攻撃したことなどが『史記』秦本紀で確認できる。

【漫画キングダムへの疑問シリーズ5本はコチラ】
漫画『キングダム』への疑問vol.1 秦王・政は王族の人間なのにマジで人質生活を送っていたの?
漫画『キングダム』への疑問vol.2 主人公の”信”は実在する? 大将軍になれた?
漫画『キングダム』への疑問vol.3 美強の女剣士・羌瘣(キョウカイ)は実在するのか?
漫画『キングダム』への疑問vol.4 趙の旧三大天「廉頗・藺相如・趙奢」の伝説に迫る
漫画『キングダム』への疑問vol.5 趙の新三大天「李牧」と「龐煖(ホウケン)」 龐煖、実は文化系ってマジか!?

【関連記事】
秦の始皇帝、その激動すぎる人生マトメ! 呂不韋を退け、不老不死に走り、死後にあっさり国滅ぶ
中国史に必ず登場する「宦官」の恐ろしき実態 特に明王朝の腐敗っぷりがヤバイ……
どうして漢王朝は前漢と後漢に分かれているの? 光武帝(劉秀)、後漢を樹立する
司馬遷は子供を残さず歴史書「史記」を残す 中国の大歴史家、その生涯

文・やなぎ ひでとし(33歳、独身♂)

1980年、大阪府大阪市で爆誕。中学・高校時代は伊賀、大学時代は京都で過ごしたため、あちこちの言葉が混じった怪しい関西弁を操る。
現在は東京・千葉を経て、愛媛・松山に在住。普段はWindowsソフトウェアを専門とするフリーライターと、舞鶴鎮守府サーバーの提督(大将)の二足わらじ。
中国史(とくに春秋戦国時代など)が割りと好物で、好きな人物は漢の光武帝、尊敬するのは管仲・晏嬰。コーエイの『三国志』シリーズではもっぱら馬騰で遊んでいる。日本の武将では武田信玄が好き。

スポンサーリンク

※1 十八年,大興兵攻趙,王翦將上地,下井?,端和將河?,羌?伐趙,端和圍邯鄲城。十九年,王翦、羌?盡定取趙地東陽,得趙王。

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-漫画ウソホント, 歴史漫画ウソホント, 中国

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.