絵・小久ヒロ

明智家

明智光秀の妻・明智煕子(妻木煕子)のナゾ多き生涯~糟糠の妻は如何に生きた?

大河ドラマ『麒麟がくる』で木村文乃さんが演じる明智光秀の妻――明智煕子(ひろこ)。

旧姓・妻木煕子ですが、残されている史料が極めて少なく、その実像はほとんどわかっておりません。

理由は切ないものです。

夫・光秀が世紀の謀反人である敗者となってしまったため、明智家そのものに関する史料が残されなかったからです。

明智光秀55年の生涯まとめ! なぜ織田家の出世頭は本能寺に襲いかかったか

続きを見る

一応、明智家の事績を記した史料としては、江戸時代中期に成立した『明智軍記』という軍記物が存在します。が、創作や誤りを多分に含んだ内容であり、全面的に信頼できる史料とは言い難い。

さらに、もともと史料が少ない明智家の中でも、こと煕子に関する記載はさらに限られたものになってきます。

そうした状況を踏まえながら明智煕子の生涯を振り返ってみましょう。

 

妻木煕子は信長と同い年?

煕子が生まれたのは享禄3年(1530年)説と天文3年(1534年)説があります。

・西教寺に残されている『過去帳』→1530年
・『明智軍記』→1534年

このため、おおよそ1530年代の前半に誕生したと考えられています。1534年ですと織田信長と同年となりますね。

出自は妻木氏が定説です。
同家は、明智家と同様に美濃国守護を務めた土岐氏にルーツを持つ一族であり、彼女の父親については二人の人物が候補として挙がっています。

・妻木範煕
・妻木広忠

この二人は【同一人物説】も存在しているほどですから、父の素性も明らかではありません。

彼女の名前は「妻木煕子」または「明智煕子」として知られていますが、この表記は煕子の生前に用いられていたものではありません。

そもそも戦国期において、現代流に「名字+名前」で人物名を表現するスタイルは男性に限られたものであり、当時の女性は「〇〇殿」「〇〇の方」「〇〇姫」といった名称がつけられていました。

そのため、上記の名が一般に知られるようになったのは近代以降のことで、特に煕子の娘として知られる「細川ガラシャ」が有名になるにつれて定着した俗称であると考えられています。

細川ガラシャ(明智光秀の娘・玉子)の壮絶生涯38年~最期は炎に包まれて

続きを見る

「細川ガラシャ」という名前も当然ながら当時に用いられたものではなく、「たま(玉・珠)」または「たまこ(玉子・珠子)」と表記されていました。

では、当時の煕子はどのように呼称されていたのか?

その答えを知るには、本来、史料上の記載をあたるのが一番ですが、そもそも史料上に煕子の名を記載したものが少なく、彼女の名については確定するに至らないのが実情です。

なお、煕子という名が定着する前は「お牧の方」あるいは「伏屋姫」という名で知られていたという指摘もあります。

ただしこれは、光秀の母や別の女性を示す名という説のほうが有力で、煕子を表したものではないでしょう。

 

光秀との結婚時期も不明

煕子が光秀といつ結婚したのかは定かではありません。

しかし、戦国期の慣例に照らし合わせれば、10代のうちには夫婦の関係にあったと推測できます。
1540〜1550年辺りになりましょうか。

夫・光秀の生年については

・永正13年(1516年)生まれ
・享禄元年(1528年)生まれ
・天文9年(1540年)生まれ

※1528年生まれだと本能寺の変時点で55歳

という主に3つの説があり、仮に1528年を採用しますと、2人の年齢差は2〜6歳程度となり、両人共に10代から20代前半で結ばれたと考えられるでしょう。

仮に年齢一桁など異例の年齢で婚姻していれば、何かしらの逸話が残されていてもおかしくはありません。

そうでないということは常識的に収まっていたと考えられます。

 

天然痘に罹り煕子の顔に痕が残ってしまった!?

伝説によれば、煕子は美しい女性であったにも関わらず、婚姻前に疱瘡(天然痘)を疾患。顔に痕が残ってしまったとされています。

戦国期において疱瘡は一般的な病気であり、かの伊達政宗も疱瘡によって視力を失いました。

こうして顔に痕が残った煕子と光秀の婚姻は前途が危ぶまれましたが、光秀は彼女の痕を意に介さず妻にしたと伝わります。煕子の出自は光秀にとって同郷の与力筋にあたる妻木家であったため、外見だけでなく内面的な魅力を光秀が大いに理解していた可能性はあるでしょう。

また、光秀が攻められた際に身重であった煕子を背負って越前へと逃げ延びたという逸話や、諸国を放浪する光秀を支えるべく自身の髪を売って夫を経済的に支えていたという逸話も残されています。

このような伝説や逸話から、光秀と煕子の関係は概ね良好であったと解釈されることが多いです。

なお、結婚後は、光秀と共に行動をしていたと考えられますから、その動きをざっと追っていきますと……。

明智光秀の名前が世に出るのは、足利義昭を奉じて京都に上洛した1568年。このとき光秀は義昭の家臣であり、細川藤孝細川幽斎)と共に織田信長と知り合う機会を得て、その後、義昭と信長の取次役をこなしていくうちに織田家になびいていくようになりました。

細川藤孝(幽斎)は文武芸術に通じた光秀の盟友!しかし本能寺後は……

続きを見る

織田信長49年の生涯まとめ!生誕から本能寺の謎まで史実解説【年表付】

続きを見る

そして1571年比叡山延暦寺の焼き討ちで大活躍した光秀は、近江坂本に信長から領地を与えられます。当然、煕子も共に移り住んだことでしょう。

では光秀は、いつから正式に織田家の家臣となったのか?

明確な記載はないものの1571〜1573年だと想定されます。

当初は蜜月だった義昭と信長の仲が徐々に嫌悪ムードとなり、この71〜73年頃には義昭が全国の諸将へ向けて「織田信長を討て!」という命令を出しているのです。

足利義昭61年の生涯をスッキリ解説!バカ殿?それとも実は頭脳派?

続きを見る

そして1573年に織田vs足利の【槇島城の戦い】があり、信長は京都から義昭を追い出しました(室町幕府の滅亡)。

槇島城の戦いで室町幕府滅亡! 意外と緻密だった将軍の戦略【信長vs義昭】

続きを見る

以前から光秀が信長の下で働いていたのは間違いなさそうですが、この戦いが足利→織田へと移った決定的な出来事と言えるでしょう。

ちなみに、1568年以前の光秀は、斎藤道三の側にいたとも伝えられます。道三が長良川の戦い(1556年)で息子の斎藤義龍に敗北すると、光秀も斎藤家から越前へ逃れることになり、そこで藤孝と親しくなったといいます。

マトメますと……。

【光秀と煕子の動き】

1540〜1550年辺りに結婚

1556年以前 美濃(斎藤家に仕える)

1556年以降 美濃を追われて越前・朝倉氏の世話になる

1568年 足利義昭を奉じて上洛

1571年 近江坂本城に移り住む

1576年に煕子の死亡説(1579年に生存の記述もあり)

1582年本能寺の変

 

兼見卿記に興味深い記述あり……

煕子を深く愛していた光秀は側室をもうけなかったとも伝わります。

そのため、光秀の人物像は「愛妻家」として語られることも多く、裏切り者として描かれがちな光秀の美徳として、創作などではしばしばこの設定が用いられました。

しかし、注目しなければならないのは、上記のエピソードはどれも「軍記物」や「二次史料」が出典であり、創作の可能性が高いという点です。

そもそも出自や呼称さえハッキリしていない煕子。逸話だけが独り歩きしているのもいくらか不自然ではあります。

さらに、上記のような「一途な愛」を貫いたとされる光秀の女性関係ですが、それを否定する可能性を示す史料もあります。

当時の公卿・吉田兼見が記した一次史料『兼見卿記』に注目です。

吉田兼見/wikipediaより引用

同日記の記載によれば、天正4年(1576年)に、光秀は大坂を攻めている陣中で発病。筆者の吉田兼見は神職にもついていたので、彼が病気治癒の祈祷を担当しました。

病はかなり重度とされていましたが、祈祷の甲斐あってか、無事快方に向かいます。そしてその同年には煕子も病に倒れたと伝わります。

吉田兼見の『兼見卿記』には何が書かれてる?本能寺の真相を光秀に聞いた祠官!?

続きを見る

このエピソードは一般的に光秀の愛妻家ぶりを裏付けるものとして、好意的な文脈で採用されることが多いです。

ただ、他の史料とこの記載に関連する内容を突き合わせていくと、興味深い内容が浮かんできます。

実は明智光秀には、2人以上の妻や側室がいたのではないか?
ということです。

 

病気の記録はあるのに、その直後の死を無視する?

先ほども紹介した西教寺の『過去帳』に次のような記載があります。

【天正4年(1576年)11月7日に明智光秀室(妻)死去】

この表記が、引っ掛かります。

『兼見卿記』では同年10月24日の時点で病気が快方に向かっていることが述べられており、両史料が正しければ、

・煕子は10月に病気が治った(兼見卿記)
・しかし11月に病状が急変して死亡した(過去帳)

となるでしょう。

しかし、吉田兼見の兼見卿記では、
【10月の時点で煕子の病状を詳細に書き残しておきながら、11月の死については一切触れてない】
のです。

不自然ではありませんか?

しかも『明智軍記』によれば
【天正7年(1579年)当時煕子は45歳だった】
という記述もある。

・1576年死亡→西教寺過去帳
・1579年生存→明智軍記によればこのとき45歳

何か色々とバラバラで頭が混乱してきそうです。

確かに『明智軍記』は史料的価値が乏しく無視することも可能です。病状が急変して亡くなってしまうことも当時では珍しいことではないでしょう。

しかし、です。
それぞれの表記が、もしも、2人以上の別の女性を指し示していたら? 当然ながら、光秀に側室がいた可能性も出てくるのではないでしょうか。
※続きは次ページへ

次のページへ >



-明智家
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.