絵・富永商太

蘆名家

政宗が絶対に焼いてはイケない寺焼いた【会津恵日寺焼き討ち事件】

戦国大名といえば、戦乱ドタバタの中で寺社を焼いてしまう&宗教と対立する――そんなイメージがあるものです。

織田信長比叡山しかり(※誇張があるようです)。

比叡山焼き討ち(司令官は光秀)の死者は意外と少ない?虐殺&大炎上は誇張か

続きを見る

松永久秀の大仏殿しかり(※完全に冤罪です)。

松永久秀は爆死ではない!信長を二度裏切るが実は忠義の智将【年表付】

続きを見る

一向一揆の討伐しかり(※長島や三河が有名ですね)。

三河一向一揆(戦国時代)で一体何が起きたのか 鉄の結束・徳川家臣団が分裂?

続きを見る

長島一向一揆で信長が宗徒2万人を虐殺! 徹底的に潰したのは何故か?

続きを見る

そういったイメージが一般的にはあまり無い伊達政宗にも、同様の歴史がありました。

ただし、政宗の場合は、他の武将と違って、本人が調子に乗っていたきらいがあり、

『嗚呼、なんてコトしてくれてんだよ……』

と目を覆いたくなるような顛末になってしまいます。

【摺上原の戦い】で蘆名を相手に大勝すると、

名門・蘆名家の滅亡!会津が輝宗&政宗親子の手に落ちるとき【東北戦国譚】

続きを見る

その勢いで会津の恵日寺(えにちじ)という寺を焼いてしまったのです。

なぜ、この寺を焼いてはいけなかったか?

ちょっと歴史を遡って振り返ってみましょう。

※文中の記事リンクは文末にもございます

 

最澄 vs 徳一の「三一権実諍論」

空海と最澄といえば、日本史の授業でもおなじみの存在ですよね。

そんな彼らに対抗した、平安初期仏教・第三の男をご存知ですか?

その名は“徳一(とくいつ)”。

9世紀初頭、名だたる僧侶たちと熱い論争を繰り広げていた法相宗の高僧です。

まんが日本史ブギウギ33話 空海と最澄の帰国 法相宗のサウザー&ユダが

続きを見る

当時、奈良の法相宗は、唐帰りの最澄がもたらした天台教学に完全に駆逐されました。

「法相宗はじめ南都仏教は旧仏教で時代遅れ、もうおしまいになるよ♪」

なんて言われて黙ってられんわ!

と、奈良の僧侶たちが望みを託したのが、東大寺や興福寺で修行を積んだ徳一でした。

最澄vs徳一の『三一権実諍論』

と言います。

知名度から言って、最澄が一蹴したように思われますか?

いえいえ。
この論争、実に数年、一説によれば12年も続いているのです。

論旨を短くまとめると、こんなところ。

最澄:人は誰でも仏になれます。

徳一:いや、資質があるでしょ。そんなに簡単に仏になれるなら、苦しい修行は無意味じゃありませんか。

かくしてお互いが書物に記して議論を行っていたのですが、問題は、二人の距離。

実はこの徳一、会津の恵日寺におりました。

ご存知、最澄は比叡山での修行をもとに延暦寺を開いた僧侶ですから、普段は近江にいる。

それでも互いに譲れない性格であったようで、激しく宗論が交わされたんですね。

 

空海は華麗にスルー

では、最澄よりも柔軟な空海の場合はどうだったか?

徳一が議論をふっかけて『真言宗未決文』を送ると、これをおだてつつ無視するという高度な戦術を取るのです。

弘法大師空海の生涯と功績がわかる~日本密教の祖にして至高の文化人だった

続きを見る

さすが天才児。

「すごいっ、徳一菩薩!」

そうおだてつつ、論争を受けて立たずにスルーするんですね。

この論争ですが、いずれも徳一が敗北しています。

彼が論理破綻していたから敗ればのではありません。

・弟子がいない

・彼の思想の後継者がおらず、著作も散逸してしまった

・恵日寺が地方の一寺院であるため、どうしても知名度や力で劣る

彼が奈良にいれば周囲のバックアップも強力ですし、そう簡単に負けることもなかったでしょう。

と、ここで疑問が湧いてきませんか?

「なぜ徳一は、都から遠く離れた会津に恵日寺を建立したの?」

答えは【被災地復興】です。

 

磐梯山の水蒸気爆発で被災した

ときは807年(大同2年)。

徳一は会津で布教をしておりました。

その理由は806年の【磐梯山噴火】です。

磐梯山

磐梯山は水蒸気爆発による噴火を起こしました。

山体崩落を伴い、大規模な被害を与えたのです。

1979年にも水蒸気爆発を起こしていた御嶽山 2014年の悲劇は避けられた?

続きを見る

同山では、1888年の噴火が有名ですが、それまでの記録が少ないだけで、807年にもおそるべき被害があった爪痕が残されています。

磐梯山近辺には、大きな岩が多数残されているのです。

◆磐梯山ジオパーク(→link

そんな被災地に、仏教の教えで安寧をもたらしたいと考えたのが徳一でした。

僧侶だけに当たり前だと指摘されるかもしれませんが、頭脳明晰な高僧であれば京周辺での活動も可能だったはず。

そうではなく被災地を選んだ徳一、まさに人格者と言っていいでしょう。

彼が開いた恵日寺は、会津地方において僧や修験者が信仰を守る、そんな場所となっていたのです。

そう。
そんな大事なお寺を、前述の通り伊達政宗は焼き払ってしまったんですね……。

伊達政宗70年の生涯まとめ 数々の伝説ってどこまで本当なの?【逸話正誤表付】

続きを見る

恵日寺の歴史は、なかなか波乱万丈です。

天正17年(1589年)「摺上原の戦い」に勝利した伊達勢が会津へ侵入。近くにあった恵日寺も炎上する。金堂を残して全焼失

寛永3年(1626年)金堂焼失。再建されたものの、かつての勢いはない

明治2年(1869年)廃仏毀釈によって廃寺

政宗に焼かれただけでなく、明治時代にも廃寺とされていたのでした(1904年に復興)。

ともかく被災者救済という寺の成り立ちを考えれば、勢いで焼いてはいけない寺だった――という主張もご理解できるでしょう。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-蘆名家
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.