絵・くらたにゆきこ

宣教師・キリシタン

「ニッポン好き or 嫌い?」ザビエル以外にも多数いた戦国時代の宣教師たち

更新日:

1570年(元亀元年)10月2日は、イエズス会宣教師コスメ・デ・トーレスが日本で亡くなった日です。

日本の教科書ではまったくと言っていいほど出てきませんが、実はフランシスコ・ザビエルの同僚で、同時に日本へ来ていました。

途中でザビエルと別行動を取るようになり、平戸に滞在中、日本人に好感を抱き、やがて自らも日本式の生活を送るようになっています。
肉食をやめて日本食に切り替え、着物で生活していたそうなので、「元祖・日本びいきの外国人」といえるかもしれません。

こうした方針を「適応主義」と言い、そんな姿が日本人にも好ましく映ったからなのでしょうか、日本発のキリシタン大名・大村純忠(長崎・三城城主)に洗礼を授けたり、その縁で長崎港の開港にも尽力しています。

長崎開港が実現したのは彼の死後のことですが、ザビエルがやり残した「日本での布教」を成功させたという点は特筆すべきでしょう。

しかし、宣教師も人の子です。

トーレスのように日本を好む人ばかりではなく、むしろ嫌悪していた人もいます。
というわけで、他のイエズス会士たちについても、来日順にざっくりまとめてみました。

 

1552年 ルイス・デ・アルメイダ来日

たぶん最も聖職者らしい聖職者です。

当時の日本では新生児の死亡率が極めて高かったのですが、生き残っても子供を全て養育できる人は限られていたため、間引きされることもままありました。
アルメイダはこれに反対し、孤児院や病院を建て、以降宣教師というよりも慈善事業家として活動しています。

医術の腕も確かで、日本人にも信頼され、地方豪族の治療を任されたこともあるほどでした。
大分市には彼が患者を診ているところを再現した像や、彼の名をとった病院もあります。

ルイス・デ・アルメイダ/photo by OitaKiseichu wikipediaより引用

 

1570年 フランシスコ・カブラル来日

一言でまとめると「絵に描いたようななイヤなヤツ」です。

アジア人を蔑視していたため適応主義に反対し、さらに日本人との言語の壁を解消しようとしなかったため、一時布教が停滞するという誰得な事態を引き起こしています。

「日本人ほど傲慢で貪欲で不安定、かつ偽装的な国民はいない。悪徳に耽っており、しかもそのように育てられている」
「黒人と同じく低級な国民だ」
などなど、言いたい放題だったとか。
言葉が通じなくてよかったですね(#^ω^)

まあ、カブラルに限らず、ひたすら見下すことしかしない人は今でもたくさんいますが。

 

1572年 ガスパール・コエリョ来日

修道士の中でも、軍事的行動に積極的だった人です。

イエズス会は当初、本気で日本人を全員キリスト教に引きずりk……改宗させるつもりだったらしく、それができたら日本人を中国へ攻め込ませる予定だったとか。

人の考えをそんな簡単に変えられると思ってるところもアレですし、その上、他国にケンカ売らせるつもりだったなんて、ゲスいにも程がありますね。
さすが人種差別の全盛期時代、聖職者にあるまじき云々など誰も考えていません。

まぁ、同じ宗教の国でさえ金やモノのために攻め込んだりしてますしね。
宗教も人種も違うとなれば、そんな認識も理屈として成り立つのかもしれません。

非常に不愉快ですが、まぁ、それが中世と言えなくもない。

しかし、日本人を奴隷として海外へ売り飛ばしていたことがバレて、豊臣秀吉に怒られ、バテレン追放令の遠因になっています。

まぁ、戦国期であれば、人身売買をしていたのは外国人だけじゃなく、日本人も合戦時に敵国で人を分捕ってカネに替えるのは日常茶飯事でしたので。
だから外国人が悪いという理屈にはなりませんね。

 

1579年 アレッサンドロ・ヴァリニャーノ来日

カブラルのアレっぷりを報告され、イエズス会は方針改善を図りました。

当初は日本人側にも問題があるのではないかと考えていたようですが、九州でキリシタン大名や一般信徒に会って「もしかしてアイツのやり方がまずいんじゃね?」(※イメージです)と考え直し、カブラルをクビにしています。

その後、上記のコエリョがカブラルの後任になっているので、よかったのか悪かったのかビミョーなところですが。
程なくしてコエリョもクビ。

代わってやってきたのがアレッサンドロ・ヴァリニャーノです。

九州各地に神学校を作ったり、日本に活版印刷機を持ち込んで本を刷ってみせたりと、布教に伴う教育や文化の伝達を積極的に行っていたという面もありました。

アレッサンドロ・ヴァリニャーノ/wikipediaより引用

アマゾンプライムビデオで、同時代の宣教師たちが描かれているドラマ『MAGI-天正遣欧少年使節』でも登場する、気の好い宣教師ですね。

ご覧になられた方は覚えておられるでしょうか?

なかなか見ごたえのある作品ですので、よろしければお試しください。
プライムに登録していれば無料で楽しめます。

※アマゾンプライムビデオ『MAGI』(→amazon link

 

【高圧的に出る派】と【穏健派】

こんな感じで、同じイエズス会の中でも、
【高圧的に出る派】
【穏健派】
に分かれていたようです。

同じ目的ではるばる海を越えてきたのに、なぜ団結することができないのか……。

「日本人に布教しようとしたら逆に質問攻めにあった。答えられなかった。この国の人を改宗させるのは無理かもしれない」(超訳)なんて話もありますが、そもそもイエズス会士同士で仲が悪いから布教に失敗したんじゃないでしょうか(´・ω・`)

こんなに仲間割れしてたら、当時の日本人から見ても「アイツら信じてもいいことなさそうじゃね?」って思いそうです。

そして、後の歴史からすると、そのほうが日本にとっては良かった気がしますね。
この時点で日本が完全にキリスト教圏になっていたら、植民地戦争に巻き込まれた可能性もあってどうなっていたやら。

まぁ、特定の宗教や特定の国の人だからといって全員が善人とか悪人ということもないですし、個々の資質によるのでしょうけども。

実は他にも日本史に大きく関わった宣教師が何人かいるのですが、彼らについてはまた改めて取り上げたいと思います。

外国人宣教師から見た戦国時代のニッポン 良い国?悪い国?鴨ネギな国?

鎖 ...

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
コスメ・デ・トーレス/wikipedia
ルイス・デ・アルメイダ/wikipedia
フランシスコ・カブラル/wikipedia
アレッサンドロ・ヴァリニャーノ/wikipedia
ガスパール・コエリョ/wikipedia

 



-宣教師・キリシタン
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.