マニラでの高山右近/Wikipediaより引用

宣教師・キリシタン

高山右近が村重→信長→秀吉を渡りマニラで没するまで【戦国追放劇】

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
【高山右近】
をクリックお願いします。

 

信長は右近の意思を汲み取り喜ぶと、そのとき着ていた服や馬、そして改めて高槻城主の地位をやっています。

手こずらせた割には人的被害がなかったのがよかったのでしょう。

「お古なんて嬉しくないんでは?」と思われた方もいらっしゃるでしょうが、当時エライ人が着ていた服をもらうというのは名誉なことでした。

旧暦11月=だいたい新暦12月のことですから、「それだけじゃ寒いだろ、とりあえずこれでも着とけ(´・ω・`)つ」というちょっとした優しさもあったかもしれませんね。

 

高槻周辺の寺社は衰退との記録残る

村重も、右近の予測通り人質を殺すことはせず、高山家は穏便に済ませてもらうことができました。

その後、黒田官兵衛を有岡城内に幽閉し、籠城で粘った挙げ句、ついに諦めた村重が一人で城から逃亡。
村重の一族や妻子は、信長の指示によってかなり残酷な殺され方をしてしまいます。

この一件から豊臣秀吉が台頭してくるまで、右近が大きな動きをした記録はあまりありません。

ただ、トーチャンと同じようにキリスト教以外には厳しかったらしく、高槻周辺では「高山右近の時代に衰退しました」とする寺社の記録も多いそうです。
右近は多くの大名がキリシタンになるきっかけになるくらい影響力を持っていたので、民衆がそれにならった結果、寺社が廃れたのかもしれませんが。

九州のキリシタン大名として有名な大友宗麟については「寺社を徹底的に破壊しました」という記録が一致しているので、右近のほうがまだ優しかった可能性は高そうです。
何事もやりすぎはいかんぜよ。

 

領地も財産も全て投げ出して信仰の許可を!

人付き合いのよさで知られていた右近は、キリシタン以外にも細川忠興や前田利家とも親交がありました。

忠興の妻・細川ガラシャ(旧・明智玉子)は右近の話を夫から聞いてキリシタンになったという説もあるくらいですので、興味のない人でも耳を傾けたくなるような話し方ができる人だったのでしょう。

細川ガラシャ(明智光秀の娘・玉子)の壮絶生涯38年~最期は炎に包まれて

続きを見る

しかし、時代は少しずつキリシタンに厳しい方向へ進んでいきます。
特に秀吉がバテレン追放令を発布すると、キリシタン大名の中には棄教を選ぶ人も出始めました。

右近はそうしませんでした。

「それなら領地も財産も全て差し出しますので、信仰を守ることをお許しください」

そう願い出たので、秀吉も世間もビックリ仰天。
思い切りの良さでこの願いは聞き届けられます。

そしてその後は小西行長や前田利家など、親交のあった人物に庇護されて過ごします。

小西行長が秀吉にウソをつきながら出世できたのはなぜ?【豊臣戦国譚】

続きを見る

 

国外追放→フィリピン・マニラで歓迎される

表向きは追放の身ではありながら、実際は、前田家で密かに所領をもらったり仕事をしていたようです。
この時期が右近の人生で一番穏やかな頃だったかもしれません。

大名ではなくなっていたので、関が原の戦いに参加することもなく、右近は加賀で江戸時代を迎えます。

すると……ここでまたキリシタンゆえの苦難が彼を襲いました。
家康が国外追放を決めたからです。当時の航海技術を考えれば、死刑にも等しかったでしょう。

右近はこれにも大人しく従い、フィリピン・マニラに渡ることとなります。

フィリピンは当時スペインの支配下でカトリックになっていましたので、現地からは熱烈な歓迎を受けました。
が、既に60歳を超えていた右近には長旅と南国の気候が毒となり、マニラに来た翌年息を引き取っています。

不思議なことに、右近の家族については後々帰国が許され、現在も石川県・福井県・大分県の三ヶ所に直系のご子孫がいらっしゃるとか。
ということは、家康はキリシタンとしての右近よりも、その人望を恐れて追放したのかもしれませんねえ。

異国の地とはいえ、同時代の他のキリシタンたちに比べれば、穏やかな最期だったのではないでしょうか。

没後400年を経てローマ教皇庁から「福者」にも認定されてます。
キリスト教が主体になるので難しそうですが、彼を主役にしたドラマや映画が作られたら結構面白いかもしれません。

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
『戦国時代人物事典(学習研究社)』(→amazon
『戦国武将合戦事典(吉川弘文館)』(→amazon
高山右近/Wikipedia

 



-宣教師・キリシタン
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.