武田・上杉家 まんが戦国ブギウギ

まんが戦国ブギウギ62話 織田vs武田の激戦地・高遠城に暴れん坊が登場!

長篠の戦いで惨敗を喫した武田家。

長篠の戦いで信長の戦術眼が鬼当たり!真の勝因は土木工事? 信長公記121話

続きを見る

その後、徳川家や北条家と小競り合いを繰り返し、多大なる出費が必要となった。

これに対し、勝頼が取った政策は増税と拠点の移動である。

漫画『センゴク』の宮下氏は、同作品の中で勝頼の新府城築城を【農から商への政策転換】のシンボルとし、真田昌幸と共に推進したと描いていたが、その狙いはさておき、これが領内の人臣には大きな負担となり、離反が進んでしまった。そして…。

真っ先に動いたのが、木曽義昌だった。

美濃との国境沿い――対織田家の戦略として最も重要な拠点であった者の裏切りにより、勝頼はいよいよ窮地へ立たされていく――。

 

お好きな項目に飛べる目次

お好きな項目に飛べる目次

真理姫

◆木曽義昌の反乱にブチ切れた勝頼は、義昌の生母と側室、その子供を殺します。妹である真理姫は兄の元へ戻りませんでした。

木曽義昌~武田を裏切り最後は海辺で生涯終える!?【戦国表裏比興譚】

続きを見る

勝頼さん、以前、鳥居強右衛門を串刺しにしたときも大失敗していたし、どうも非情に働いた場面がマイナスに働いてしまうケースが多いような気がします。
まぁ、結果論なんでしょうけど……。

強右衛門のお話はコチラへ。

鳥居強右衛門(徳川方の足軽)が長篠城で見せたド根性が凄まじい!

続きを見る

 

信忠軍団

◆武田家に攻め込むための甲州征伐軍は、織田信忠を大将に、先鋒が森長可や団忠正、本隊が河尻秀隆や水野忠重たち。

織田信忠(奇妙丸)信長の長男は家督を譲られるも光秀に命を狙われて

続きを見る

お目付け役に滝川一益と、織田家のそうそうたるメンバーであったのは、なんだかんだいって武田家を警戒していたからなんでしょうね。

滝川一益こそ信長家臣で最強のオールラウンダー!62年の波乱万丈な生涯まとめ

続きを見る

しかし、いざ織田信忠が攻め入ると、武田方の多くは戦わずして次々に撤退、降参を繰り返し、信忠は凄まじい勢いで侵攻していきます。

人心は、すでに勝頼から離れていたのでした。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-武田・上杉家, まんが戦国ブギウギ

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.