愛姫(伊達政宗正室)

絵・小久ヒロ

伊達家

愛姫(政宗の正妻)が背負った名門の重責!坂上田村麻呂の家を……

承応二年(1653年)1月24日は、伊達政宗の正室・愛姫(めごひめ)が亡くなった日です。

あまりの可愛らしさから、東北の方言で「可愛い」をさす「めんこい姫」と呼ばれていたのが、いつしか縮まって「めごひめ」となったとか。

「よしひめ」と読む説もありますが、どんだけ可愛かったんでしょうね。

ところがどっこい、彼女には可愛いだけじゃない逸話がたくさんあります。

 

娘の嫁ぎ先で運命は激変!? 父・清顕の苦悩たるや……

愛姫の実家は、現在の福島県三春の大名・田村家でした。

東北と「田村」でピンと来た方もいらっしゃるかもしれません。

史上二人目の征夷大将軍・坂上田村麻呂の子孫といわれている家柄です(最初の征夷大将軍は紀古佐美・きのこさみ)。

子孫というのが本当かどうかはタイムマシンを使ってDNA鑑定でもしないとわかりませんが、この誇りが田村家と愛姫を大きく支えることになります。

とはいえ、誇りだけでも家がもたないのが戦国時代。

愛姫の父・田村清顕(きよあき)は子供に恵まれず、愛姫の嫁ぎ先一つで家の命運が決まってしまう窮地に陥っていました。

その苦悩たるや凡人には計り知れず、清顕の嘆きぶりは、大河ドラマ『独眼竜政宗』の原作である山岡荘八『伊達政宗』(→amazon)で詳しく描かれています。

あくまでフィクションではありますが、ものすごく簡略化していうと「何でお前はもうちょっと悪賢く生まれてきてくれなかったの(`;ω;´)」みたいな感じです。

 

政宗祖父の妹が愛姫の祖母って……

清顕苦悩の末に、愛姫の嫁ぎ先に選ばれたのが、伊達家の伊達政宗でした。

伊達政宗
伊達政宗 史実の人物像に迫る!ド派手な逸話も検証する生涯70年まとめ

続きを見る

伊達家は奥州探題を務める東北随一の名門で、政宗の曽祖父・伊達稙宗のときにも勢力を拡大。

あっちこっちと血縁を結んだり、息子(伊達晴宗)と揉めたりで結果的にトラブルを拡散させ、東北の戦乱に拍車をかけるような展開になっていました。

伊達稙宗と天文の乱
伊達稙宗(政宗の曾祖父)がカオス!天文の乱を誘発し東北エリアを戦乱へ

続きを見る

なんせ稙宗の娘が田村隆顕(愛姫の祖父)に嫁いでいるため、そもそも政宗と愛姫も血縁があったりします。

政宗のお祖父ちゃん・伊達晴宗の妹が、愛姫の祖母にあたるんですね。

一応、簡単に系図を示しておきますと……。

◆伊達家の流れ

伊達稙宗

伊達晴宗→妹が田村隆顕と結婚

伊達輝宗

伊達政宗

◆田村家の流れ

田村隆顕→晴宗妹と結婚

田村清顕

愛姫→伊達政宗と結婚

とにかく当時の東北は婚姻関係が複雑過ぎるためこの辺で話を先へ進めますと……。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-伊達家
-,