愛姫(伊達政宗正室)

絵・小久ヒロ

伊達家

愛姫(政宗の正妻)が背負った名門の重責!坂上田村麻呂の家を……

こちらは3ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
愛姫
をクリックお願いします。

 

老齢の域に入りかけた41才で出産

念願かなって、最初に子供を授かったのは26歳のこと。当時の初産としてはかなり遅めです。

このとき生まれたのが、後に松平忠輝の正室となる五郎八姫でした。

「いろはひめ」と読み、家康に嫌われていた松平忠輝に嫁いだだけに、将軍家とは思えぬ苦労をさせられています。

昭和まで許されなかった家康六男・松平忠輝の不憫な人生は政宗のせい?

続きを見る

愛姫はその後、数年おきに懐妊し、三男一女に恵まれました。

残念ながら、幼いうちに亡くなった子もいますが、それは当時の状況では仕方のないことでもあります。

江戸時代以前の乳幼児死亡率は異常~将軍大名家でも数多の子が亡くなった

続きを見る

政宗の次に伊達家を継ぐ嫡男は、愛姫から生まれた伊達忠宗でした。

伊達忠宗(政宗の嫡男)はデキる息子~仙台藩二代目の知られざる功績とは

続きを見る

そして一番下の子供を授かったとき、愛姫はなんと41歳。

現代でも高齢出産に入りますが、そもそも当時の感覚では老人に入りかけの年齢です。

田村家の養子に入って家を継ぐはずだった彼女の次男以下の二人が夭折してしまったため、その願望は叶えることができません。

最後に、政宗死後のエピソードに注目してみますと……。

 

夫の月命日に旅立ちたい

政宗は亡くなる直前、愛姫の見舞いや世話を拒んだとされます。

「こんなみっともない姿を、正室に見せてたまるか!」という気概からのことで、最期まで愛姫と会わぬまま政宗は息を引き取りました。

しかし、愛姫はそれを恨みはしなかったと思われます。

理由は二つ。

後に「夫のありのままの姿を残したい」と、片目の政宗像を作らせていること。

瑞巌寺にある伊達政宗の甲冑像。眼帯の着用はなく、右目は閉じるような佇まいとなっている/瑞巌寺公式サイトより引用

そして、政宗の死から17年経った愛姫自身の死に際には「せめて、夫の月命日(24日)に旅立ちたい」と命を永らえさせ、見事その通りになったことです。

承応2年(1653年)1月24日のこと。享年86。

最後に会えなかったことを恨んでいたとしたら、17年も経ってなお「夫の月命日に」なんて考えないですよね。

夫が亡くなるまでだけではなく、自分がこの世を去るその時まで、彼女は政宗のことを本当に愛していたのでしょう。

また、田村家に対する思いも残っていたようで、自身の息子を養子入りさせることは叶いませんでしたが、息子の二代目藩主・伊達忠宗にその任を引き継ぎます。

忠宗は三男を田村宗良として田村家の再興を果たすのでした。

みんなが読んでる関連記事

伊達政宗
伊達政宗のド派手な逸話はどこまでマジ? 史実で振り返る生涯70年が面白い!

続きを見る

伊達稙宗(政宗の曾祖父)がカオス過ぎ!天文の乱を機に東北も戦国大混乱へ

続きを見る

伊達秀宗(政宗の長男)の切なくてイイ話~斬られた重臣のことはさておき

続きを見る

豊臣秀吉
豊臣秀吉 数々の伝説はドコまで本当か? 62年の生涯まとめ【年表付き】

続きを見る

秀吉の正妻ねね(寧々・北政所・高台院)は賢夫人 女癖悪い夫をどう操作した?

続きを見る

昭和まで許されなかった家康六男・松平忠輝の不憫な人生は政宗のせい?

続きを見る

江戸時代以前の乳幼児死亡率は異常~将軍大名家でも数多の子が亡くなった

続きを見る

伊達忠宗(政宗の嫡男)はデキる息子~仙台藩二代目の知られざる功績とは

続きを見る

義姫(政宗の母で義光の妹)は有能なネゴシエーター! 毒殺などあるわけない

続きを見る

片倉景綱(政宗の参謀・小十郎)は冷徹苛烈な武将? 59年の生涯まとめ

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
井伊直虎と戦国の女傑たち~70人の数奇な人生~』(→amazon
愛姫/Wikipedia
福島県三春町
瑞巌寺

TOPページへ

 

-伊達家
-,

© 2021 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)