北条氏綱/wikipediaより引用

北条家

鶴岡八幡宮の戦い 北条vs里見は大軍なのにしょっぱい展開【戦国北条五代】

更新日:

江戸が大都市になったのは、徳川家康が関東に移封されてから。

むろん、それ以前からも諸勢力は存在していて、例えば江戸城を最初に築いた太田道灌などは戦国ファンの皆様にはお馴染みの存在でしょう。

しかし、この辺の話が日本史の授業で取り上げられることはほぼありません。
難関私大の問題にも出なさそうです。

なぜなら、あまりに複雑だから。

応仁の乱】に先駆けて、
鎌倉公方(足利一門の関東担当者)
vs
関東管領上杉家(足利本家の部下)
の争いが続いたことがまず一つ。

そして、それぞれの勢力に地方国衆が味方についたり離れたり、同じ一族でも協力したり仲違いしたり。

とにかく落ち着かなかったばかりか「公方」にしても、本拠地を変えたり、新しいのがやってきたり。

そのため、一つ取り上げるだけでも延々と用語と血縁関係の説明をしなくてはならない有様です。
こんな感じで。

立河原の戦い~戦国初期の上杉・足利・今川・北条が大乱闘スマッシュ!

徳 ...

続きを見る

 

グダグダの隙をつき関東の雄・北条氏が台頭

群雄割拠といえばカッコイイですが。
それよりも「グダグダ」という表現が似合う気がしてならない関東のドタバタの中で台頭してきたのが北条氏後北条氏)です。

新興勢力だった彼等のシマは、今川家の静岡から飛び出すようにして現在の神奈川県へ。
関東一帯を支配下に収めるには、いささか南西の位置にありました。

後に北条早雲と呼ばれる家祖から始まったこの後北条氏。
関東のあっちこっちの大名・国衆たちと争います。

そんな戦の一つが、大永六年(1526年)11月12日に起きた、鎌倉・鶴岡八幡宮の戦いでした。

このときの後北条氏・当主は北条氏綱
お相手は千葉の大名・里見氏(里見義豊さとみよしとよ)でした。

本拠地が千葉県ですから、房総半島から三浦半島までご苦労なことですが、船を使えばすぐですしね。
例えば横須賀市から富津市あたりなど直線距離で数キロ程度しかありません。

実際、里見軍が千葉から鎌倉へ攻め込んだときは数百隻の大船団だったそうですから、まさに命運をかけた戦いだったでしょう。

これでド派手な海戦もセットで行われ、どっちかの敵将が劇的に戦死してていたら、さらにロマンが増して全国的に知られる合戦になっていたかもしれませんね。

まぁ、それは【厳島の戦い】で十分ですね。

厳島の戦いで毛利軍の奇襲作戦が炸裂! 陶晴賢が自害し元就の躍進始まる

戦 ...

続きを見る

ともかく三浦半島に上陸した里見軍は鎌倉へ向かい、北条家も迎え撃ち、現在の鎌倉市内が主な戦場になりました。

 

「やばい!コッチが悪者にされちゃう!」

鎌倉といえば?
真っ先に大仏が思い出され、次に鶴岡八幡宮が頭に浮かんでくるでしょう。

このときもそうでした。
戦乱の中で、里見軍は鶴岡八幡宮に乱入するわ、宝物を奪うわ、建物を壊す&燃やすわで、何をしに来たのかわからなくなるような有様だったといいます。

本当は、もう少し北にある北条家の拠点・玉縄城を、上杉朝興の軍とともに挟み撃ちにする予定だったそうです。
上杉朝興は、娘が武田信玄の最初の夫人だったことで知られますね(ただし、子を出産と同時に死亡)。

ともかく鶴岡八幡宮に構ってるヒマはなかったのです。
そして……里見軍自身もそう思い直したのでしょうか。

鶴岡八幡宮に戦火が燃え移るのを見た里見軍は、「やっべ、あそこ燃やしたらこっちが悪者にされる!」と、急遽兵を引いて玉縄城へ向かうのでした。

なぜ乱入した時点で気づかない?

まぁ、こういうときって大将が止めようとしても兵はすぐに止まれませんから、ある程度放置して、適当なタイミングで引き上げさせるつもりだったのかもしれません。
足軽の多くは、こうした【分捕り】目的で来ていたりしますしね。

そこに火の手が見えたので、慌てて予定を早めた可能性もありそうです。

元をたどれば源義朝に行き着く里見氏。
ご先祖様ゆかりの神社を焼いてしまったことが相当打撃になったらしく、その後も大した戦果を挙げずにさっさと引き上げてしまっています。

数百隻も動員したのによぉ(´・ω・`)

 

鶴岡八幡宮は避けられない

そもそもなぜ、鎌倉を通ったのでしょう?

鎌倉から上陸して玉縄城を目指そうとすれば、どう考えたって鶴岡八幡宮は避けることができません。

地図を見ていただくのが一番わかりやすいのですが、鶴岡八幡宮から玉縄城までは、現在の道路で6km程度しか離れていないのです。

※赤い拠点が鶴岡八幡宮で、黄色の拠点が玉縄城(両者は直線距離で4km程度でしょうか)

まあ、数百隻の大船団だっただけに、船着き場の確保が最も大変だったのでしょうね。

江の島辺りでも良さそうな気がしますが、西へ行けば行くほど北条勢力圏の色は濃くなっていきますし、北条氏としても、そういった海域には見張りを置くなどの警戒はしていたはずです。

 

「鶴岡八幡宮再建しようぜ!」

八幡原(川中島のハイライトになったといわれている所)にしても、八幡神に縁のあるところは戦が絶えません。

武家の神様なので当たり前といえば当たり前なのですけれども、にしても、鶴岡八幡宮は貧乏くじ引き過ぎな気がします。

源実朝の暗殺事件。
関東大震災での社殿倒壊。
近年ではシンボルだった大銀杏が倒れてしまったり、度々災難の舞台になってきました。

一方で、それでも生き永らえているというのも凄まじい話ですよね。

後に、北条氏が主導して「鶴岡八幡宮再建しようぜ!」と言い始めたとき、里見氏も協力せざるを得なくなってます。

盗んだバイクで走りだした翌朝にバイクを返しにいくような恥ずかしさがありますな。

なお、北条氏綱の父にして、後北条氏の礎を関東に築いたのは、かの北条早雲です(北条氏を名乗ったのは氏綱から)。
伊勢宗瑞という室町幕府のエリート武士というのが今の見方で、浪人から成り上がったとかそういうワケではなさそうです。

よろしければ北条早雲の記事も併せてご覧ください。

北条早雲(伊勢宗瑞)64年の生涯をスッキリ解説!幕府のエリートが大名になる

相 ...

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
鶴岡八幡宮の戦い/wikipedia

 



-北条家
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.