剣豪・武術・忍者・武器

塚原卜伝にまつわる伝説の数々!武蔵との対決は死後の話【戦国最強剣豪譚】

偉大な人物となると、箔をつけるために余計な尾ひれがつきがち。特に、一国の将軍や王、あるいは剣士・剣豪などのヒーロー的存在には、様々な伝説がついてまわるものです。

今回は、多くの武将と絡んでいた――とされる武芸者に注目。

元亀二年(1571年)2月11日は、剣豪の一人・塚原卜伝(つかはらぼくでん)が亡くなった日です。

いろいろな武将に剣を教えたとか。
勝負をしたとか。

様々な逸話がたくさんありますが、やはり、その全てが事実とは限らないようで。僭越ながら振り返ってみましょう。

 

兵法三大源流の一つ・神道流を学んだ塚原卜伝

卜伝は延徳元年(1489年)、現在の茨城県鹿島市で代々剣術の先生をやっていた家に生まれました。

父は卜部覚賢。
幼少の頃からこの父に武術を教えられ、鹿島上古流かしまじょうこりゅう鹿島中古流かしまちゅうこりゅうなど、この地に伝わる著名な剣術を修めていき、後に、塚原土佐守安幹つかはらとさのかみやすもとの養子となりました。

同じ鹿島氏族で、塚原安幹もまた著名な剣術家です。
天真正伝香取神道流てんしんしょうでんかとりしんとうりゅうの創始者である飯篠家直いいざさいえなおの高弟でもあり、この安幹の子になることで、卜伝は【兵法三大源流】の一つに数えられる【神道流(鹿島・香取)】を学ぶのです。

 

兵法三大源流

◆念流……南北朝時代の禅僧であり剣術家でもある念阿弥慈恩ねんあみじおんが始めた流派

富田長家
鐘捲自斎
伊藤一刀斎
山岡鉄舟

◆神道流……香取と鹿島で受け継がれてきた流派

塚原卜伝
根岸兎角
諸岡一羽
近藤勇(天然理心流

◆陰流……愛洲久忠あいすひさただが始めた流派

上泉信綱
柳生石舟斎
丸目長恵
疋田景兼

 

真剣勝負19回 戦場参加37回

卜伝は才能と良い環境に恵まれ、十代後半の頃には既に剣豪として知られていたようで、元服後に塚原新右衛門高幹を名乗り、武者修行の旅へ。
その中で戦に参加したこともあれば、行く先々で教えを請われたこともあり、当時にしてはかなり広い範囲で逸話を残しています。

例えば17才のときには京都清水寺で真剣勝負を行い、対戦相手の武士を倒しています。

詳細は不明ながら、戦場に出ている本物の武士ですから腕には当然自信があったのでしょう。それに勝つのですから、よほど卓越した技能・実力を有していないとそんな芸当はできないでしょう。

実際、この後も卜伝は放浪を続けて、恐ろしい戦績を残したとされます。

・真剣による勝負……19回
・戦場に参加……37回
・討った敵の数……212回

しかし……。

いかに伝説的剣豪と言えども、戦いの連続の日々にいつしか心労が重なり、二十代後半で地元の鹿島へ帰還。その頃にはメンタル的にはボロボロだったようで。

卜伝は再び地元で剣術の修業を始めました。

義父・安幹の薦めで鹿島城の宿老・松本政信に「一つの太刀」を教わり、年月をかけ、ついに自身の「一之太刀」を完成。鹿島新當流を始めるのでした。

その後、卜伝は二度の武者修行の旅へ出ております。
と言っても以前のように真剣勝負の場を求めてというより、教えを請われて剣術を伝えた――という捉え方のようで。多くの著名なお弟子さんたちがおります。

あわせて見てみましょう。

 

新選組の天然理心流も卜伝の一派になる!?

弟子たちは大きく二つのグループに分かれます。
といっても弟子同士の面識があったのはごく一部でしょう。

まず一つは、後に自らもまた剣術の流派を興した人々です。
例えば、戦国時代の剣豪・諸岡一羽もろおかいっぱが一羽流を興し、さらにその弟子がまた新たな流派を創設していったりしています。

卜伝が「剣聖」と呼ばれるのは、後世に語り伝えられた実力や人格などに加えて、「師匠の師匠の師匠(ry)なんだからエライ人に決まってんだろ!」といった遠い存在に対する尊崇の念からというのもあるんでしょうね。

塚原卜伝/photo by Saigen Jiro Wikipediaより引用

ちなみに、新撰組局長・近藤勇が会得したと言われている”天然理心流”も卜伝の流派・鹿島神道流や一羽流の流れを汲むとされています。

卜伝の孫弟子の孫弟子みたいな見方ができるかもしれません。ややこしいな。

 

将軍様や名門武家など名だたる武将たち

そして弟子グループのもう一つは、戦国武将たちです。

「剣豪将軍」こと足利義輝

足利義輝の壮絶過ぎる散り際!襲いかかる敵兵を次々に【戦国 剣豪将軍】

続きを見る

ミスターチートこと細川藤孝細川幽斎)。

細川藤孝(幽斎)は文武芸術に通じた光秀の盟友!かと思いきや本能寺後は……

続きを見る

家が滅びても妻LOVEで生き残った今川氏真

今川氏真とは?人質だった家康を頼り 親の仇・信長に蹴鞠を披露する不思議

続きを見る

はたまた北畠具教など、錚々たるメンバーが名を連ねています。

武家の名門ばかりですね。
どちらもはっきりした記録がなく「ホントに弟子?(´・ω・`)」という人もいるのですが、まあそれだけ尊敬されていたということですね。

足利義輝や北畠具教は上泉信綱から教わったかも――なんて話もあるので、贅沢やなぁと……。

個人的には、義輝がああいう死に方をしているので、これを聞いたお師匠様の卜伝が何を思ったかとかものすごく興味があります。小説とかでありそうですね。

また、剣の道を極めた人にはままあることですが、卜伝は「戦わずして勝つ」ことも重視していました。

「被害を最小限にして勝つ」ともいえますかね。
これを示す有名なエピソードとして、象徴的なものがあります。それは……。
※続きは次ページへ

次のページへ >



-剣豪・武術・忍者・武器
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.