月山冨田城

毛利家

【戦国毛利覇者伝】第二次月山富田城の戦い――元就が尼子氏を破って覇者へ

投稿日:

永禄九年(1566年)11月28日、中国地方の雄・尼子家の本城だった月山富田城(がっさんとだじょう)が開城しました。

毛利元就の攻撃を受け、尼子義久が敗北した一戦ですね。
一般的には「第二次月山富田城の戦い」と呼ばれます。

毛利と言えば中国地方8カ国をも制した覇者として知られますよね。

いかにも大大名というイメージですが、実際のところ元就が家督を継いだときは安芸(広島県)の一国衆に過ぎず、以下の地図をご覧のとおり

元就が毛利を継ぐころの勢力図・安芸や備後には国人の諸勢力がいた(広島県HP参照)

出雲・伯耆・備中に大勢力を誇る尼子氏とは、比較にならない存在でした。

それがなぜ直接対決で勝利するまでになったのか?

順を追って見ていきましょう。

 

第一次月山富田城の戦いでは手痛い敗北

実は第二次月山富田城の戦い以前に、元就はこの城を攻めたことがありました。

まだ当時の主君である大内義隆が健在のころで、20年以上も前の話。
1542~1543年【第一次月山富田城の戦い】と言います。

そのころ毛利は大内の傘下だったので、元就も一部将として攻め手に加わっておりました。

しかし、月山富田城は別名「天空の城」と呼ばれたほどの難城で、しかも攻撃側で指揮を取るのが人望を失いつつあった大内義隆ではうまくいくはずがありません。

どうでもいいですが竹田城といい月山富田城といい、中国地方には一体いくつラピュタがあるんですかね。

月山富田城絵図/wikipediaより引用

ともかく、この戦いで大内軍はあえなく敗退。

退却時の尼子からの追撃は容赦なく、若かりし頃の元就(と言っても40代)もあわや討ち死にの場面へと追い込まれ、家臣が身代わりになってくれたおかげで助かったほどの激戦でした。

このとき元就を助けてくれた渡辺通(とおる)という人で、昔は元就ではなく弟の元綱を支持していた人です。

 

「大内についててもお先真っ暗じゃんね!」

あまりに手痛い大敗を食らった元就は、こう考えるようになります。

「大内についててもお先真っ暗じゃんね! ワシの代のうちに何とかしないとウチ滅びる」

そしてその先は謀略を巡らせ、毛利家が生き残る道という名の拡大路線を進みます。

実際、大内氏は、いとも容易く滅亡への道を転がり落ちていきました。

まずは陶晴賢によって大寧寺の変(1551年)を起こされて、当主だった大内義隆親子が敗死。
その陶晴賢も、毛利氏との直接対決【厳島の戦い(1555年)】に敗れて、間もなく大内氏自体が滅亡へと追いやられていきます。

大寧寺の変とは:1551年 陶晴賢が大内義隆を相手に下剋上

毛利は、中国地方でどんどんのし上がっていきました。

ここまでの流れを年表チャートで確認しておきますと……。

【毛利から見た中国地方制覇の年表】

①1542~1543年 第一次月山富田城の戦いで大内氏が尼子氏に敗北

②1551年 大寧寺の変が起き、大内氏では陶晴賢が台頭

③1555年 厳島の戦いで毛利が陶晴賢を自害させる

④1557年 大内氏を滅ぼし周防・長門をゲット

⑤1560年 名将として知られる尼子晴久
※1561年、1562年没の説もあり

⑥1566年 第二次月山富田城の戦い

厳島の戦いで毛利軍の奇襲作戦が炸裂! 陶晴賢が自害し元就の躍進始まる

戦 ...

続きを見る

 

石見銀山をめぐる争い

上記の通り、第一次月山富田城の戦いは、大内氏と尼子氏の対決に毛利も駆り出されていたというもの。
ゆえに第二次月山富田城の戦いとは大きく趣旨が違います。

1557年に大内家を滅ぼした毛利氏は、それまでの安芸や備後などの諸勢力に加え、周防・長門の旧大内支配下の二国を手中に治めるなどして、以前とは比にならないほど強大な存在になっており、リスクをとってでも尼子と対決する意義がありました。

なぜならそこには石見銀山があったからです。

掘れば掘るだけ国力となる銀の産出は、周辺地域の勢力にとって垂涎の存在。
当時、ここを制していたのは尼子氏であり、それがどうしても欲しい毛利は1559年から攻め込むようになり、両者は熾烈な争いを繰り広げておりました。

地図で、その位置を確認しておきましょう。

・黄色の拠点が毛利の吉田郡山城

・赤色の拠点が尼子の月山富田城

・紫色の拠点が石見銀山

金のなる木である石見銀山を巡った争いは、当初、尼子氏の防御が成功していました。

しかし名将で知られる尼子晴久が1560年に月山富田城で病没し、まだ数え16歳の尼子義久(1545年生まれ)に家督が譲られると、にわかに流れは毛利氏有利なほうへと変わっていきます。

度重なる毛利からの攻撃・調略に負け、尼子氏傘下の家臣・国衆らが次々と毛利に降っていき、永禄5年(1562年)には尼子の重臣・本城常光が寝返り。
その直後、命綱でもあった石見銀山が毛利の手中に落ちます。

勢いに乗った毛利軍は、永禄6年(1563年)、月山富田城へ攻め込みます。

「これにて勝負あり!」

と思いきや、このとき尼子の若い主君を助けたのが、
「我に七難八苦を与えたまえ」
という名文句でお馴染みの山中鹿之介です(詳細は以下の記事へ)。

山中鹿之介(山中幸盛)の忠義に惚れてまうやろ!七難八苦に立ち向かった生涯

天 ...

続きを見る

忠臣・鹿之介らの踏ん張りもあり、1563年の月山富田城攻めには耐え抜くのです。
しかし、これで諦める毛利ではありませんでした。

 

第二次月山富田城の戦い 1stラウンド

月山富田城の周辺支城も陥落させ、再び本拠地へ毛利軍が迫ったのは永禄8年(1565年)4月のこと。
ここからいわゆる【第二次月山富田城の戦い】が始まったとされますね。

この戦いで毛利軍は、月山富田城に三つある出入り口のそれぞれを毛利元就、吉川元春小早川隆景が担当して攻撃しました。

三本の矢の逸話でお馴染み元就二男の元春と、三男の隆景ですね。
残念ながら長男の毛利隆元は1563年に亡くなっています(その子供・毛利輝元が後に毛利家当主となる)。

いわば毛利家の中心武将が揃った攻撃ですが、尼子家も地の利と忠実な家臣のおかげでしぶとく持ちこたえます。

なんせ第一次月山富田城の戦いのときは、大内氏が約三倍もの兵力を持っていながら敗れたほどですから、この城の堅牢さは並大抵のものではありません。

南東以外の三方は断崖絶壁。
さらに南東方向も出入り口に門&壕つきで、地形や外側の構造だけでも城方が圧倒的に有利でした。

やはり力攻めでは無理と判断した元就は、4月下旬に一度兵を退いて体制を整えます。
この辺さすが謀将ですね。無理はしません。

 

第二次月山富田城の戦い 2ndラウンド

再び攻め始めたのは9月。
梅雨や台風シーズンを避けたのでしょう。新暦ですと10月ですから、稲の狩り入れが終わるかどうかといったタイミングでもあります。

状況を見て一番効果的な攻め方といえば、もちろん兵糧攻めです。
険しい地形であるということは、それだけ兵糧の調達(運び入れ)も難しくなりますから、これは見事に功を奏しました。

この頃には非情も止むなしと考えたか、空腹に耐えかねた将士が降参してきても元就は一切認めず処刑しています。ひゃーーーー!

とはいえ厳密に全員殺したワケではなく、ある時期から降参を認めていたようです。

尼子側も、いよいよ追い詰められたのか。
主君の尼子義久が、大塚与三右衛門という家臣の讒言によって、宇山久兼とその嫡子・弥四郎を殺してしまうという愚行に走ってしまいます。

宇山久兼は、尼子晴久の代から仕えてきた歴戦の重臣で、御家老衆でもありました。

飯も食えない。
重臣は誤って殺される。

こんな状況では将も兵も士気はダダ下がりとなるほかなく、事ここに至って尼子義久も降伏を決意します。それが11月21日のこと。

そして11月28日に義久その他尼子家の中心人物が出頭・幽閉されることになり、第二次月山冨田城の戦いは終わりました。

開城したときには、当初1万人ほどいた兵が300程度になっていたといいます。
よくぞ持ちこたえたと見るべきかもしれません。

こうして毛利元就は名実共に中国地方を統一し、中国地方8ヶ国(安芸、備後、周防、長門、石見、出雲、伯耆、隠岐)+1ヶ国(伊予)を手中にします。

その手腕、あるいは一族の凄さを知りたい方は以下の記事も併せてご覧ください。

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
『山陰・山陽の戦国史 (地域から見た戦国150年 7)』(→amazon
『戦国時代人物事典(学習研究社)』(→amazon
『戦国武将合戦事典(吉川弘文館)』(→amazon
『戦国人名辞典(吉川弘文館)』(→amazon
月山富田城の戦い/wikipedia

 



-毛利家
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.