古田織部(古田重然)/wikipediaより引用

織田家

漫画『へうげもの』主人公・古田織部(重然)って実際どんな人だったの?

更新日:

◆人物概略・古田織部ふるたおりべ古田重然ふるたしげなり

1543年、美濃の国衆・古田重正(重定)の子として生まれる。

織田信長に仕え、荒木村重の謀反に際しては、その配下の中川清秀を織田方に引き戻すなどの功績があるが、本人は武人というより茶人として有名で、千利休の高弟7名を示す「利休七哲」に数えられた。

利休七哲……蒲生氏郷、細川忠興、古田重然、芝山宗綱、瀬田正忠、高山長房、牧村利貞
利休十哲……上記メンバーに織田有楽斎、千道安、荒木村重が加わる

信長の死後は秀吉に仕え、九州遠征や小田原征伐などにも参加。
関ヶ原では東軍に与するものの、江戸幕府に対する反抗的な姿勢から大坂の陣を境に改易に処される。

豊臣方へ通じているとの嫌疑もあって切腹を命じられた。

享年73。
慶長二十年(1615年)6月11日のことでした。

 

40歳ごろに茶会へ初参加の遅咲き茶人!?

古田織部(重然)は1543年、美濃の武家に生まれました。

父・重正のお兄さん(重然にとっては伯父さん)が美濃山口城の主だったので、それなりに身分のある家だったのですね。
重正は茶人としても有名な人だったようで、重然もその薫陶を受けて育った……と言いたいところですが、この辺は諸説入り乱れています。

理由は、重然が茶会に参加した最初の記録。
天正十一年(1583年)で40歳頃だったのです。
若い頃から茶道に親しんでいたのなら、もっと早くからそれらしき記録があるはずですよね。

むろん、記録が散逸した可能性もなくはないですし、「茶会なんてしょっちゅうやってるんだからいちいち記録しなくておk」と思っていたかもしれませんが、この辺は新たな史料が見つからない限り微妙なところでしょう。

そんなわけで、何歳ごろに茶道と出会ったのかは不明ながら、織田家に仕え始めた時期はわかっています。

信長が美濃に入ったあたり=永禄九年(1567年)ぐらいのことで、それから二年後には信長の家臣・中川清秀の妹を正室にもらっています。
比較的早くから織田家に腰を据えるつもりでいたのでしょう。

 

利休に心酔し、追放時には見送りに出向くほど

当初は少禄だったからか。
信長との逸話はほとんどありません。
ただ織田家の中では、代官や説得の使者を務めたり、要所要所の戦に出陣しているので、信頼は上々だったと思われます。

義兄である清秀が荒木村重に従って信長と敵対したときにも、使者に立って清秀を帰参させています。
日頃から義兄弟仲がいいほうだったんでしょうね。

そのためか、賤ヶ岳の戦いで清秀が討ち死にした後、その長男である秀政の後見役を引き受けています。

秀政はこのとき15歳でしたから、義理とはいえ叔父がついていてくれたのは心強かったのではないでしょうか。
秀吉が紀州や四国を攻めたときにも一緒に行っていたそうですし。

そして、この間に千利休と出会い、深く感銘を受けて後に「利休七哲」の一人とされるほどの見識を身につけるようになっていきました。

戦国絵師・長谷川等伯が描いた千利休/wikipediaより引用

利休と秀吉の仲がこじれて、利休がまず追放になったとき、見送りに行ったのは古田織部(重然)と細川忠興だけだったそうです。

「七哲のあと五人はどうした?」
とツッコミたくなってきますが、そもそもこれはずっと後につけられた呼称なので仕方ありません。

ちなみに「七哲」筆頭とされる蒲生氏郷は、見送りに行かなかったのを悔やみ、利休の息子を一時期かくまっています。
たぶん他の人も後悔してたでしょうね。

 

氏郷の茶道を絶賛し、重然の美的センスを褒めていた

利休は、氏郷のことを茶道の弟子として絶賛し、古田織部(重然)については美的センスを褒めていました。

織部が花を入れる籠を直に置いているのを見て、利休が「これいいね! 皆、籠を薄板の上に置くけど、何かしっくりこなかったんだ……私も今度からこうするよ!」(超訳)と言ったという話があります。

一般人にはわかるようなわからないような話ですが、お茶を習うとこの意味が飲み込めますかね。

古田織部(重然)はそのセンスを活かして各分野の職人を指導し「織部好み」という流派ができました。
「織部焼」がその代表例でしょう。

また、利休という人は厳格な精神を持っている一方で、「一風変わったものを好む」という独自の価値観がありました。

例えば、忠興への形見として残したものの中に「ゆがみ」という名の茶杓があります。
名前の通り意図的に歪ませた形の茶杓なのですが、おそらくは「曲がったものは良くないとされるが、それはそれで美しさがある」という意図も含まれていたのでしょう。

一方、古田織部(重然)へは「なみだ」という名前のまっすぐな茶杓を残しています。

「君の創意工夫やひねくれ具合は素晴らしいが、たまには涙をこぼすくらいの素直さ、まっすぐな気持ちを忘れるな」
という教えだったのかもしれません。

身長約180cmだったといわれる利休にそんなことを言われたら、別の意味で涙が出てきそうですけどね。
まぁ、この二人は利休に心酔していましたので、やはりいいほうの意味で泣けたことでしょう。

 

息子たちが大坂方の間者と疑われ……

その後、古田織部(重然)は九州攻めや小田原攻めにも参加します。

朝鮮の役では半島へは渡海せず、名護屋城(現・佐賀県唐津市)で豊臣秀吉の警護役を務めました。

利休を見送ったことへのお咎めはなかったようです。
が、秀吉の心中はどうだったでしょうね。

古田織部(重然)も秀吉には表立って逆らおうとはしていなかったようなので、プラマイゼロということだったんでしょうか。

時代を一気に進めて関が原の戦いでは、時勢を読んで東軍についております。

重然はこの頃までに、茶を通じて朝廷や寺社、商人などありとあらゆる人々と繋がっていたので、その辺からも情報を得ていたのでしょう。
なんせ関が原の後には秀忠の指南役に選ばれているくらいです。

しかし、その地位も大坂夏の陣、つまり慶長二十年(1615年)までのことでした。

古田織部(重然)の息子と家老が、大坂方の間者と疑われてしまったのです。
なんでも「京に火を放ってそのどさくさに紛れて家康と秀忠をピーしよう」という計画だったとか。

幕末のアレコレといい、どいつもこいつも京都燃やそうとしすぎ(´・ω・`)

京都の人がよそ者に冷たいという俗説って、ひょっとしてこういうのから来てるんじゃないでしょうか。
そりゃ、よそ者が来るたびに戦火に巻き込まれてたら、たまったもんじゃないですよね。

 

重然の心は今も生きている 千葉で無形文化財に指定

何はともあれ、この嫌疑の責任を取って重然は切腹を命じられ、大人しく腹を切りました。
息子たちも父に従い、家老をはじめとした関係者と思しき人間は処刑されています。

重然は一言も反論しなかったそうです。
理由はわかりません。濡れ衣だと言っても聞いてもらえないと判断したのか、本当に計画に加担していたから言い逃れのしようがなかったのか……。

これ以前にも幕府の意向に逆らうような言動が多かったようなので、どちらもありえそうなのがまた判断に悩むところです。

こうして大名・茶人としての古田家は途絶えてしまいましたが、茶道の教えは現在まで続いていますので、その精神だけは残っています。

「式正織部流茶道」といい、16代目の方が千葉県市川市国府台にお住まいだった縁で、同地の「織部桔梗会」という会が継承しているようです。
千葉県の無形文化財にも指定されていますね。

御家は断絶しながら、こうして名を残し、更には漫画『へうげもの』でも注目され、今頃は天国で「はにゃあ」となっているかもしれません。

Amazon Kindle版でコミックも一気読みできますので、興味を持たれた方はコチラから入るのも良いかもしれませんね。

『Kindle版『へうげもの』全25巻セット』(→amazon link

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
『戦国武将合戦事典』(→amazon link
古田重然/Wikipedia
千利休ファンクラブ(→link
式正織部流茶道(しきせいおりべりゅうさどう)/千葉県

 



-織田家
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.