織田家

織田彦五郎(織田信友)――信長&信光に追い込まれた尾張守護代の末路とは

「尾張の戦国大名」といえば、やはり織田信長――。

と言いたいところですが、最近は大河ドラマ『麒麟がくる』の影響で、高橋克典さん演ずる織田信秀に注目が集まっておりますね。

当然ながらこの二人はいきなり歴史上に現れたわけではなく、連綿と続く尾張織田氏の系譜に位置づけられます。

今回、注目したいのは、その尾張織田氏の一人・織田彦五郎(織田信友)

大河ドラマ『麒麟がくる』にも登場するため、彼もまた知名度が上がると予想されますが、では、この方は一体何をされたのか? と問われたら即答できる方も少ないでしょう。

本日は予習を兼ねて、織田彦五郎(織田信友)の生涯を見てみます。

 

内乱に明け暮れた尾張の斯波氏と織田氏

織田彦五郎(織田信友)を知るためには「信長以前の尾張」を把握しておくことが早道。少しばかりお付き合いください。

尾張の地で織田氏が頭角を現すのは、15世紀のはじめごろでした。

織田常松という守護代が登場し、主君であり守護でもある足利一門の名家・斯波氏を補佐。ところが、室町幕府の衰退によって応仁の乱(応仁・文明の乱)が起こり、斯波氏も二つに分裂してしまいます。

織田氏もこれに呼応する形で分裂し、「織田大和守家」と「織田伊勢守家」が誕生しました。

両家の対立を制したのは大和守家で、彼らが守護代を任されるようになります。

ところが、です。
程なくして、斯波氏と織田大和守家の間で戦が勃発。争いの原因は遠江への遠征をめぐる意見の対立であり、結果、大和守家の当主・織田達定おだみちさだは討たれ、織田達勝おだみちかつが跡を継ぎます。

達勝は、今回の主人公・織田彦五郎(織田信友)の前当主にあたります。

達勝は、長きにわたって守護代の座に就いておりましたが、この期間に同家の勢力は徐々に低下。代わりに台頭してきたのが、大和守家の家臣筋であったはずの織田弾正忠だんじょうのちゅう家でした。

戦国ファンにはお馴染み、織田信長の一族ですね。

彼らは土地の横領や津島商人の支配をもって力を伸ばし、信長の父・織田信秀の代には大和守家をしのぐ力を得ていました。

そして天文元年(1532年)。
信秀と達勝の間で戦が勃発するのですが、間もなく両者は講和に至り、信秀はあくまで主君である達勝の顔を立てながら国内の政務を担当しました。そのため、両者の関係は比較的良好であったと思われます。

しかし、すでに経済力や軍事力では信秀が圧倒しており、主筋である織田大和守家としては、家臣筋の信秀が国外に進出し、勢力を強めるのをただ眺めているほかありませんでした。当然、これを良く思わない連中が出てきます……。

 

今川や美濃を相手に疲弊する信秀

達勝と信秀の関係が変化したのは、天文17年(1548年)頃のことでした。

織田達勝が城主であった清須城。その家臣たちである「清須衆」が、信秀の留守を襲撃したのです。

清州城

達勝と信秀は、天文年間を通じて友好的な関係を築いてきました。それがにわかに崩壊し始めます。

家臣が暴走した理由は定かではありませんが、達勝の年齢も影響しているでしょう。生年は不明ながら、天文17年時点では相当な高齢だと思われ、城内で息巻く家臣らを統制できなかった可能性が考えられます。

また、信秀の勢いが鈍っていたことも影響しているでしょう。

信秀は今川氏との【第二次小豆坂の戦い】で敗北したばかりか、それ以前にも美濃の斎藤道三相手に苦戦を重ねており、非常に苦難な時期を迎えていたのです。

 

織田信友(織田彦五郎)をかつぐ清須衆にチャンス!

家勢の落ちた織田信秀を、ここぞとばかりに攻撃を開始したのは「おとな衆」でした。

清州城にいた坂井大膳・坂井甚介・河尻与一といった老臣たちのことで、争いの結果、両者は翌年に和睦を結びますが、信秀と清須衆の対立が根本から解消されるには至りません。

では、再び対決したのか?
というとそうではなく、天文19年(1549年)以降、達勝の名前が文書から消えていくのです。

おそらくや、苛烈な業務に耐えられなくなっていたのでしょう。天文22年(1552年)までの間に、織田大和守家の中で守護代の交代があったと考えられます。

このタイミングで織田彦五郎(織田信友)が守護代を継承したのかどうか。その点は不明ながら、彼が後に後継の守護代となったことは間違いありません。

ただし、もはや彦五郎には清須城内での実権は無きに等しく、政治を動かしていた中心的存在は、先に挙げた「おとな衆」たちです。

信秀も、結局、往年の勢力を盛り返すことができないまま、天文21年(1551年)に病没。

跡を継いだのはご存知織田信長ですが、こんな状況ですから尾張の主導権を狙う勢力も少なくありません。清須城主・織田彦五郎をかつぐ清須衆にとっても千載一遇の好機でした。

 

信長との直接対決はじまるが……

織田彦五郎(織田信友)と清須衆らは、案の定、織田信長に敵対する構えを見せました。

彼らはまず、信長の弟である織田信勝をかつぎ出し、逆転を狙います。

天文21年(1551年)には清須衆が信長を攻め【萱津の戦い】が勃発。

しかし、この戦いで清須勢力は大将・坂井甚介らを討ち取られる大敗を喫し、かえって信長および弾正忠家の力を国内外に知らしめる結果を招いてしまいます。

信長は叔父の織田信光や、義父の斎藤道三との関係を強化。さらに、清須衆対策として守護の斯波義統に接近し、着々と地盤を固めていきました。

「このままではいつか確実に負けてしまう……どうしたらいい……」

清須衆は焦ったのでしょう。

彼らは「守護の斯波義統を殺害する」という危険な賭けに出ます。信長と義統が接近すれば脅威になると考え、事前に命を奪うという一手に出たのですね。しかし……。
※続きは次ページへ

次のページへ >



-織田家
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.