吉岡妙林尼

絵・小久ヒロ

大友家

最強島津軍をボコボコにした吉岡妙林尼! 九州女丈夫の謀略がスゲェ

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
吉岡妙林尼
をクリックお願いします。

 

十六度にわたる攻撃を受けても大丈夫

男手の少ない城だと侮ったのでしょう。彼らは力攻めに攻めようとしました。

そして、城方のしかけた落とし穴や、通ると音が鳴る「鳴子」という仕掛けに翻弄されます。

同時に鉄砲を撃ちかけられ、一筋縄ではいきません。

それでもやはり島津軍は城方をナメていたのでしょう。攻撃を十六回仕掛けても、城はびくともしなかったといいます。カーチャンすごすぎ。

ただし、このときやってきていたのは島津軍の本隊ではなく、いわば別働隊でした。

そのため本隊から「早く合流しろ(#^ω^)」というお達しも来ており、島津軍はますます焦ります。

このままでは消耗する一方……と考えた島津方のお偉いさんは、「そうだ、和睦しよう」と決意しました。

 

和気あいあいとした飲み会で島津は(・∀・)ニヤニヤ

一方、妙林尼以下の鶴崎城内でも、そろそろ食料が尽きそうでした。

和睦を申し出たほうがいいのでは……と考え始めた頃です。そこに攻めてきた島津のほうから「和睦してください」という連絡が来たので、願ったり叶ったりというタイミング。

内容は「城を渡す代わりに全員の命を助ける」というもので、まぁよくあるものです。一番公平ともいえますね。

さらに妙林尼たちは島津軍を手厚く酒食でもてなし、両軍わきあいあいとした宴になったとか。

陣羽織を着て長刀をぶん回していた女丈夫の妙林尼が一転、美しく着飾っていたため、薩摩の将たちも完全に気を許すようになります。

現代人の感覚からすると違和感ありそうですが、当時、特に島津家には「戦の間は敵だが、それ以外は別」といった風土があったようで。

前述の戸次川の戦いでも、”長宗我部信親(豊臣方)の戦死を聞いて島津のお偉いさんが涙した”という話があります。

「いやいや殺したのアンタらやろ」とツッコミたくなるところですが、こういうのはまさに戦国の気風であり、薩摩隼人ですねー。

しかしクライマックスはここからです。

それは天正15年(1587年)3月のことでした。

豊臣秀吉が九州征伐に立ち上がり、軍を興すという一報が届けられます。

豊臣秀吉
豊臣秀吉 数々の伝説はドコまで本当か? 62年の生涯まとめ【年表付き】

続きを見る

ここで妙林尼はもう一度、島津の将相手に宴を開き「私はもう島津の人間です。大友には帰れません。皆と一緒に薩摩へ連れて行ってもらえませんか」と言い出しました。

いろいろフラグの予感がしますよね……(゚A゚;)ゴクリ。

しかし島津軍では都合のいいようしか感じ取れなかったようで、申し出をあっさり受けてしまうのです。

やっぱり女性だと思ってナメていたのでしょう。

そしてしこたま酒を飲んだ島津軍は、翌日二日酔いを残したまま出立しました。それが罠とも知らず……。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-大友家
-,