九戸政実

二戸駅の構内に展示されている九戸政実さんのイケメンパネルと地元の祭りに出陣する山車

戦国諸家

秀吉に弓を引いた最後の戦国武将・九戸政実!6万の大軍相手に5千で粘る

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
九戸政実
をクリックお願いします。

 

東北地方最古の石垣

九戸城へ足を運んだときの写真がこちらです。

九戸城・本丸の野面積の石垣

“東北地方最古の石垣”とされていますが、実は「九戸政実の乱」後に秀吉配下の蒲生氏郷が築いたもの。

「この城で、天下の秀吉軍と戦ったのか……」

現地に行って覚えるこの感動が歴史の醍醐味の一つですよね。

九戸政実さんは、もともと南部家の分家筋で、本家に劣らないほどの勢力を持った九戸家のご当主でした。

反乱のキッカケとなったのは南部家の御家騒動です。

南部本家のご当主・南部晴政(『信長の野望』だと統率が高いので比較的使いやすい!)が1581年(天正10年)に病死。

その跡を継いだ子の南部晴継も、わずか13歳で同年に死去してしまいます。

そして始まった後継者争いに、九戸政実さんも参戦するのです。

南部本家の居城「三戸城」跡に建つ模擬天守(三戸城温故館)

後継者候補となったのは、当人ではなく、南部晴政の娘を娶っていた弟の九戸実親でした。

結局、この後継者争いに敗れて、当主は南部信直に決定。

九戸政実さんは南部本家との対立を強めていくのです。

そしてついに挙兵に至るのです!

九戸政実さんの運命や如何に!?

蒲生氏郷は信長の娘・冬姫を娶り豊臣政権へ【織田軍随一の若手エリート】

続きを見る

 

九戸政実軍、強し!しかし……

弟が後継者争いに敗れ、天正19年(1591年)に挙兵した九戸政実さん。

これに対して、鎮圧を目論む南部信直。

しかし、九戸政実さんが率いる九戸軍は強い強い! 降伏どころか、南部本家を押し返す勢いでした。

ところが、ここでラスボスが登場します。

そうです、豊臣秀吉です。

秀吉は、1585年(天正13年)に【惣無事令】を出したとされています。

大名同士の私闘を禁止するもので、簡単に言うと「俺(秀吉)の許可なく戦うな!」ということです。

はじめに出されたのは九州で、これに従わなかった薩摩(鹿児島県)の島津家は征伐を受けて、領地を大幅に減らされています。

島津義久
島津義久(四兄弟の長男)が九州統一に迫る! 戦い続けた79年の生涯

続きを見る

1587年(天正15年)には関東と東北にも出され、これに従わなかった相模(神奈川県)の北条家は滅亡に追い込まれています。

そして、この天下人秀吉ルールの最後のターゲットとなったのが、九戸政実さんでした。

秀吉のルールに従い、その配下となっていた南部信直は、絶頂期を迎えていた秀吉に援軍を依頼。

秀吉はすぐに出陣を決め、総大将に豊臣秀次(関白を継いだ秀吉の甥)を据えて、九戸城に大軍を送り込みました。

豊臣秀次
豊臣秀次(秀吉の甥)はなぜ自害へ追い込まれ殺生関白と呼ばれたのか?

続きを見る

その数、なんと約65,000!

それに対して、九戸政実軍は約5,000……。

誰がどう見ても圧倒的不利な状況――。

にも関わらず、九戸政実さんは善戦を繰り広げ、秀吉軍が九戸城に攻め入ることを阻んだのです。お見事!

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-戦国諸家
-