歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

JR岡崎駅前の「松平元康像」(左右に「厭離穢土」「欣求浄土」)

徳川家

桶狭間の戦い【直後】の家康をディープに追う!大高城~岡崎城の撤退、その真実

投稿日:

戦国時代の東海地方を一変させてしまった桶狭間の戦い
織田信長と今川義元という二人の傑物の運命を左右したのであるから「日本全体を一変させてしまった」と考えてよいかもしれない。

なんせこの戦いには、後の天下人・徳川家康(当時は松平元康)も大きく関わっている。

義元が討たれた後の家康は、
・大高城を出て
・矢作川を渡り
・松平 氏の菩提寺「大樹寺」で
殉死しようとした。

が、このとき大樹寺の住職・登誉上人は、
「厭離穢土 欣求浄土」(この 戦乱の世を平和な世に変えるのがそなたの天命)
と諭し、自害を思いとどませたと通説では伝わる。

果たしてそれは本当か?
つまり史実はどうであったのか?

当地の伝承と古文書から探ってみた。

──永禄3年(1560年)5月19日
今川義元、桶狭間にて討死──

そのとき松平元康(後の徳川家康)は、今川方の大高城にいた。
慎重であった。

今川義元の訃報が次々と届いても「退却して、誤報であれば笑われる」と言い、伯父の水野信元が使者・浅井道忠を通して、「今川義元は討死し、駿河衆は退却している。岡崎城へ戻られよ」と忠告されても動かない。
「伯父は敵の織田方であるから策かもしれない」と考え、岡崎から書状が届いてようやくその重い腰を上げたという。

それは夜11時のことであった。
「大高城にいれば落ち武者狩りに遭わない。安心である」
「織田軍は全軍でも5000人に満たないから大高城を攻めてきても、城は落ちない」
そう考えて、慎重に行動したという説もある。

「大高城跡」案内板(名古屋市緑区大高町)

──その後、松平元康は
知立城へ向かった──

知立城(ちりゅうじょう)は、今川氏の尾張国攻略における拠点である。城主は、後に徳川家康の側室となった於万の方(結城秀康の生母)の父・永見貞英。

そこにいる限りは「逃げた」とはならず「兵を立て直して弔い合戦をするため一旦退いた」という理屈となって誰にも笑われない。

実際、その様子を聞いた織田信長は、
──信義厚く、末頼もしき大将なり
と絶賛したという。

しかし、いざ知立(愛知県知立市)へ行ってみると、駿河衆が集結していなかったばかりか、織田方の上田半六率いる2,000人の落ち武者狩りに出くわした。

このとき先導していた浅井道忠が、機転を利かす。

「我は水野信元が家臣・浅井道忠である。殿の命令で今川軍を追っている。道を開けられよ」

かくして事なきを得て安祥(愛知県安城市)へ入ると、そこで松平元康軍は解散。
残された主従は8騎とも、18騎とも伝わる。

後は矢作川を渡りさえすれば岡崎城である。

当時はまだ矢作橋は無い。
普段であれば、渡から六名へと舟で渡る岡崎城の南の「下の渡(しものわたし)」を使うが、ここでも落ち武者狩りの危険性は否めない。
仕方なく、北野から大門へと舟で渡る岡崎城北の「上の渡(かみのわたし)」を使うことにした。

「家康公御清水」(岡崎市北野町)

松平元康軍は「御清水」(地蔵堂前のステンレス槽)で馬を休ませ、「上の渡」へ行くと、あろうことか渡し舟が無い。
今川軍が先に渡河(とか)して、追手が川を渡れないよう、舟を戻させなかったのである。

梅雨で増水中の矢作川を舟なしで渡ることなんて出来ない。

「三鹿の渡し」の四代目「鹿ヶ松」と案内板

「鹿ヶ松」現地案内板

そのとき。
長瀬八幡宮の森から、3匹の白鹿が現れ、矢作川を渡った。

すかさず石川数正が、
「浅瀬を知る鹿に続け!」
と叫び、松平元康一行は、無事に矢作川を渡ったという。

以降、「上の渡」は「三鹿の渡」と呼ばれるようになり、浅瀬(渡河点)の目印に植えられた松は「鹿ヶ松」と呼ばれるようになった。

伊賀八幡宮由緒書

この白鹿は、
「伊賀八幡宮の神の使いである」
とか
「白鹿を見つけたのは石川数正か、それとも本多忠勝か?」
とも伝えられる。

しかし本多忠勝が、伊賀八幡宮の神の使いである白鹿が矢作川を渡るのを見たのは、後に水野信元軍の偵察に、刈谷へ行った帰りのことである。

北野郵便局の風景印「3匹の白鹿と鹿ヶ松」

「若き日の元康騎馬像」(岡崎公園)

白鹿の正体はなんだったのか?

長瀬八幡宮における神の使い3匹か。
あるいは伊賀八幡宮の神の使い1匹か。
したがって見つけたのは石川数正か、それとも本多忠勝か?

そんな考察以前に、貿易船が行き交う矢作川に浅瀬はないように思われる。
常識的に考えれば、浅瀬があれば、座礁は避けられない。

「德川家康渡船之所」碑(愛知県豊田市配津町)

実は、答えは次のような話ではなかろうか?

「上の渡」(三鹿の渡)の北に、配津八幡宮(廃絶社)があり、その境内に「德川家康渡船之所」碑がたっている。

碑文によれば、家康を助けたのは白鹿ではなく、配津村の半三郎という船人だ。
松平元康の主従8人を舟に乗せて対岸の仁木(岡崎市仁木町)へ運び、お礼に銀銭3文と長刀1振を頂いたという。
私は未見だが、そんな古文書が残されているらしい。

松平元康は慎重であった。
そして少数であった。
落ち武者狩りがいるであろう「上の渡」や「下の渡」を使うとは思えない。

矢作川を渡った松平元康は、岡崎城へ入る前に安祥松平氏の菩提寺である大樹寺に入った。

これは慎重さからくるものではなく、松平の歴代墓所で自殺(殉死)するためだったという。

以降の話は、後掲の『開山伝記并基立由緒之事』「十三世登誉天室」(大樹寺文書)と良信『浄宗護国篇』「参州大樹寺中興登誉天室大和尚伝」とでは内容が異なる。

大樹寺の松平歴代墓所

『開山伝記并基立由緒之事』によれば、松平元康主従8騎は、落ち武者狩りに追われて大樹寺に逃げ込み、松平歴代墓所で自害しようとした。
すると、登誉上人(当時の住職)が現れ、次のように声をかけた。

【原文】惣名将者可重命不可軽。寺内塔頭有一百軒。彼等為致後詰者奉身命拒戦
【訳】名将は命を粗末にしないものじゃ。大樹寺には塔頭が100あり、僧兵がそなたを守るので安心せよ。

松平元康は勇気を得て、落ち武者狩りと戦おうと、「門を開けろ」と勇み、閂(かんぬき)を2度も斬ったという(この閂は「関貫木神」あるいは「貫木神」として、大樹寺に祀られている)。

また、緊急事態の鐘を鳴らすと、馬に乗った武者30人、歩行の武者70人が集まった。
特に70人力の祖洞は、「厭欣の御旗」(「厭離穢土 欣求浄土」と書かれた旗)を持ち出して軍陣旗とし、閂(一説に錫杖)を振り回すと、落ち武者狩りの一団が怯み、その隙に僧兵たちが松平元康を岡崎城へ連れて行ったとある。

松平元康は、登誉上人に深く帰依し、続く1ヶ月の間で、5日と間を空けること無く、大樹寺に通った。

このとき登誉上人は、松平元康に、こう教えを説いた。

【原文】心無思惟無念無想而唯南無阿弥陀仏計可念(中略)他力護念之加勢仏智不思議智軍法天魔拱手所以無住勝負念矣。
【訳】無念無想で『南無阿弥陀仏』と唱えるのじゃ。さすれば、他力護念の加勢を得られ、仏智不思議の軍法を智って勝てる。

以降、松平元康は、戦いのときに暇があれば幾度も「南無阿弥陀仏」と書き、「念仏将軍」と呼ばれた。
この「陣中名号」の特徴は、最後に「南無阿弥陀家康」と書くことである。

大樹寺本堂

一方、護国思想の『浄宗護国篇』では、別の話になっている。

松平元康が従者18人を連れて、落ち武者狩りに追われて大樹寺に逃げ込み、松平歴代墓所で自害しようとすると、登誉上人(当時の住職)が現れた。

【原文】檀越之有難者係我法門之厄也。我雖沙門頗解兵策能捨身命爲擁護則敵不足懼矣。即遣使近村招募兵士得緇素五百人。乃、設方略防守寺門。又、以白布遽裁爲旗大書之曰、「厭離穢土欣求淨土乃自揭旗規度軍營處所其指揮籌策殆如宿」
【訳】檀越(だんえつ。ここでは大樹寺の大檀那である松平氏)の危機は、大樹寺の危機であると言い、近隣に使いをやり、緇素(しそ・出家と在家)500人を集めて寺を守らせ、白い布に「厭離穢土 欣求淨土」と書いて旗として掲げた。

それから、問答が続く。

登誉上人「元康公は若い時から戦場に赴いているが、その心が分からない。殺戮のためか?」

松平元康「それが武人の常であるから何の疑問も持ってはいない」

登誉上人「何のために殺戮するのか?」

松平元康「武を振るい、城を抜き、国を奪うためである。大志ある者は、さらに天下を狙う」

登誉上人「天下を取ってどうするのか?」

松平元康「家門を興隆し、父母を光顕し、その名を後世に残すのである」

「天下の天下を盗むのは泥棒である。『六韜』に「天下は一人の天下にあらず、天下は天下の天下なり」(天下は天下人一人の専有物ではなく、天下の人々の共有物である)とある)という話となり、「厭離穢土 欣求浄土」の話になった。

「厭離穢土 欣求浄土」とは一体何なのか?

【原文】厭離穢土者謂凡一切法以愛速壞以捨永存故取厭捨穢国能致太平使羣生得永存之義也。欣求淨土者謂隨其心淨即佛土淨故取欣求淨心此土先淨紛然亂邦變作淸世之義也。

「厭離穢土 欣求浄土」の定義は、
「汚れたこの世を嫌って離れ、浄土を欣求(心から喜んで願い求めること)すること」ではなく、「紛然たる乱邦(らんぽう・秩序の乱れた国)を清世(せいせい・太平の世)に作り変えること」
という護国思想に基づいて変えられている。

「厭離穢土」「欣求浄土」は、源信『往生要集』の小タイトルである。
意味はそれぞれ次の通り。

「厭離穢土(おんりえど/えんりえど)」→「この娑婆世界は穢(けが)れた国土として、厭(いと)い離れる」
「欣求浄土(ごんぐじょうど)」→「阿弥陀仏の極楽世界は清浄な国土であるから、そこへの往生を切望する」

後に「三河一向一揆」が起きた時のことだ。

その争いは、浄土思想のぶつかり合いとなり、一向宗(浄土真宗)側も、家康(浄土宗)側も、旗に「六字名号」の
「南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)」(私は阿弥陀仏に帰依いたします)
と書き、敵味方の区別がつかなかった。

そこで徳川家康は、旗に
「厭離穢土 欣求浄土」(この世界は汚れているから、(戦って)死んで極楽に生きましょう)
と書いたという。

一向宗が使った旗「進者往生極楽 退者無間地獄」 (「進まば往生極楽、退かば無間地獄」戦って死ねば極楽へ行けるが、逃げたら無間地獄行き(だから戦って死にましょう))と同義だ。

この大樹寺の寺宝「厭欣の御旗」は、信長の父・織田信秀が攻めてきた時に、大樹寺開山・勢誉上人が兵を鼓舞するために作った旗だとされる。
掲げれば無敵であるので、徳川家康は、ここぞという時に借りて使ったというが、現在、大樹寺にはない。

『旧考余録』では日光東照宮にあると記し、『机の塵』では本多正純と共に日光東照宮の作事奉行を務めた藤堂高虎の藤堂家にあるとする。

「桶狭間の戦い」における織田信長の戦法は「ヒット・アンド・アウェイ」である。

今川義元の本陣をピンポイントで攻め、その首をとると、馬の首に掛けて清洲への帰路を急いだ。
日暮れ前には清洲に戻り、翌日は首検分を行ったという。

──上総介信長は御馬の先に今川義元の頸をもたせられ、御急ぎなさるる程に日の内に清洲へ御出であつて、翌日、頸御実検候ひし也。頸数三千余りあり。(太田牛一『信長公記』)

今川義元を討ったとはいえ、生き残った今川軍の兵は、織田軍の兵の数倍である。
桶狭間周辺における織田方の砦は攻め落とされていたので、落ち武者狩りと遭遇したら危険だ。そもそも翌日の清洲での首検分に間に合うよう、急がなければならない。

松平元康の首が欲しくても、矢作川を渡られた時点で諦めると思うので、この「大樹寺の陣」(「東照公大樹寺御陣」とも)が起きたとは考えにくい。

余談ではあるが、このとき松平元康は、大樹寺に学びに来ていた、聡明で達筆な少年に惚れ込み、小姓とした。
彼こそ、後の徳川四天王・榊原康政である。

大久保忠教『三河物語』→「大高之城を引迫かせられ給ひて、岡崎には未駿河衆が持て居たれ共、早渡して退きたがり申せ共、氏真にしつけのために、御辞退有て請取せられ給はずして、すぐに大樹寺へ御越有て御座候えば、駿河衆、岡崎の城を明て退きければ、其時、「捨城ならば拾はん」と仰有て、城へ移らせ給ふ。」

【訳】大高城を出て、岡崎城に行くと、駿河衆はまだ(駿河国に逃げ帰らずに)岡崎城におり、松平元康に岡崎城をすぐに渡して、早く駿河国へ逃げ帰りたかったていたが、松平元康は、今川氏真に憚って辞退し、大樹寺に入ると、駿河衆が逃げ出して空になったので、松平元康は、「捨てられた城であれば(拾っても誰も文句は言わないであろうから)拾おう」と言って岡崎城に入った。

やはり松平元康は慎重であった。

大樹寺に留まり、すぐには岡崎城へ入らない。
城代から使者が来て「我々は駿河国へ退くので、代わりに岡崎城へ入るように」と告げられたが、「城主・今川義元(本当に亡くなったのであれば今川氏真)の許可がないので、入城すれば文句を言われる」と伝えて辞退。

すると5月23日に駿河衆が岡崎城から出ていったので、
──捨城ならば拾はん。
と入城したのだという。

岡崎城に入るのに慎重だったのは「今川氏から離れて自立した」と氏真に思われたくなかったからだろう。
自立と思われたら、駿府の妻子や人質(重臣たちの妻子)が即座に処刑される可能性もあった。

※岡崎城に入った後、松平元康は、織田信長や水野信元と戦っている。これは境界(領地)争いであろうが、今川氏真には、今川氏のための戦いに映ったようである。しかし、「桶狭間の戦い」の翌・永禄4年(1561年)、自立がばれると、今川氏真は吉田城代・小原鎮実に命じて、龍拈寺(愛知県豊橋市新吉町)の門前で、人質(一説に13人)の公開処刑(串刺し刑)を執行させた。

駿河衆が岡崎城から出ていくのに数日かかったのは、駿府のからの命令を待っていたため。

指揮官である城代はいなかった。
当時は山田新右衛門(越後守)とされる。

新しくなった山田越後守の墓(静岡県焼津市越後島字殿屋敷)

駿河国越後島に「越後島殿屋敷跡」(静岡県焼津市越後島)があり、「山田越後守の墓」がある。
同所の山田家には、山田越後守は、「桶狭間の戦い」の時の岡崎城代で、「今川義元討死」の報告を受け、桶狭間へ行って殉死したと伝えられているとのことである。

しかし、『信長公記』では自害ではなく、討死としている。

「山田新右衛門という者、本国駿河の者なり。義元別して御目を懸けられ候。討死の由承り候て、馬を乗り帰し、討死。」
【訳】山田新右衛門の本国は駿河国である。今川義元が特に目をかけていた人物で、「義元討死」の報を聞くと、馬に乗って引き返し、討死した。

また謎が増えた……。

著者:戦国未来




スポンサーリンク


戦国史と古代史に興味を持ち、お城や神社巡りを趣味とする浜松在住の歴史研究家。
モットーは「本を読むだけじゃ物足りない。現地へ行きたい」行動派。本サイトで「おんな城主 直虎 人物事典」を連載していた。

自らも電子書籍を発行しており、代表作は『遠江井伊氏』『井伊直虎入門』『井伊直虎の十大秘密』の“直虎三部作”など。
公式サイトは「Sengoku Mirai’s 直虎の城」
https://naotora.amebaownd.com/
Sengoku Mirai s 直虎の城

 

 



-徳川家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.