施薬院全宗/wikipediaより引用

豊臣家

秀吉に信頼された施薬院全宗―政宗たちの取次役もこなしていた【戦国医師譚】

慶長四年(1599年)12月10日は、医師の施薬院全宗が亡くなった日です。

いかにもお医者さんっぽい名字ですが、これは彼が働いていた場所をそのまま取ったものなので、まぁ、当たり前ですね。

読みは「せやくいん」「やくいん」の両方あり、施設としては前者、名字としては後者で書いてあることが多いようです。

しかし彼は、最初から医師だったわけではありません。
人生の折り返し地点を過ぎてから、中年の星こと伊能忠敬と同じくらいの大転進をしています。

来日外国人も驚嘆!伊能忠敬が56歳から徒歩で作った大日本沿海輿地全図は神

続きを見る

その生涯を見て参りましょう。

 

信長の比叡山攻めに影響された、かな?

全宗は平安時代のとある名医の末裔として生まれました。
当時、名医と名高かった丹波雅忠(たんばのまさただ)の17世の孫とも伝わります。

丹波雅忠/wikipediaより引用

ですので最初から医学と無縁だったわけではないですが、全宗の時代には代々僧侶の家柄になっていたので、彼も一度仏門に入っていました。

確かに「全宗」だけ見ると何となくお坊さんっぽいですよね。
お坊さんなのに「代々」というと妙な気がしますけども、室町時代あたりから僧侶の妻帯は珍しくなかったそうで、いいのか悪いのか……。

僧侶になった後は、しばらく比叡山にいました。
戦国時代でこの場所といえば当然、織田信長による比叡山焼き討ちですね。

比叡山焼き討ち(司令官は光秀)の死者は意外と少ない?虐殺&大炎上は誇張か

続きを見る

焼き討ちそのものの真相が不明なことも多いので、全宗がこの件をどのように感じたのかはわかりません。

しかし、焼き討ちの後彼が還俗し、当時名医と名高かった曲直瀬道三(まなせどうさん)という人物に弟子入りして医学の道に入ったことは確かです。

曲直瀬道三(戦国No.1名医)の患者が凄い! 信長、元就、正親町天皇など

続きを見る

さらに本能寺の変後、秀吉に庇護されるようになってからは比叡山の復興にも尽力しています。
戦国のビッグネーム&イベントと割と関連していた方なんですね。

 

秀吉のメセナ活動で薬草園の復興

その後、秀吉と知り合う機会を得た全宗は、そのまま豊臣秀吉の配下として働き始めます。

仕事ぶりを気に入った秀吉は、彼に重要な仕事を二つ与えました。

一つは、全宗の名字にもなった「施薬院」という施設の復興。
これは戦国時代からさらに昔、奈良時代の光明皇后(奈良の大仏を作った聖武天皇の皇后)が作らせた慈善施設の名前で、これまた世の乱れによりすっかり廃れてしまっていました。

西暦三ケタの時代に支配者層が慈善事業をしていたということは特筆すべきことだと思うんですが、世知辛いですね。

これを再建すべく、秀吉が「コイツにココ任せたいので、官位と昇殿のお許しをください」と朝廷にお願いし、「おk」との沙汰があったので全宗はこの大仕事に取り掛かったのです。

全宗自身の能力に加え、彼のご先祖様が元々施薬院のお偉いさんだったからという理由も大きかったようですね。
ホントいつご先祖様のご利益があるかわかりませんわー。

 

政宗の文通相手(取り次ぎ)

もう一つは、各所の大名の取次ぎ役でした。
もしかすると、こちらの方面で全宗の名を聞いたことがある方が多いかもしれません。

伊達家や佐竹家など、主に東国の大名が秀吉に交渉事をする際に全宗が窓口になっています。
彼らから「秀吉さんにこれこれお願いしたいんで口利きよろしく!」(超訳)な感じの手紙が来たり、秀吉に会うときの取次ぎなどをしていました。

こちらの役目に関するエピソードで有名なのは、やはりというか何というか伊達政宗とのやり取りです。

伊達政宗70年の生涯まとめ 数々の伝説ってどこまで本当なの?【逸話正誤表付】

続きを見る

小田原への遅参といい、秀次切腹事件の巻き添えといい。
政宗は奥州からはるばる関東や京へ弁明に行くことが度々ありました。

そういうときは全宗のような窓口役にまず「この件について直接お話したいことがあるので来ました」と言って、秀吉へ取り次いでもらう必要がありました。

どんどん耄碌もうろくしていく秀吉とはいえ、天下人ですから当然あれこれ仕事があって忙しい。
しかも(#^ω^)になるような案件であれば「直接説明しに来ました!」と言っていきなり来られでもしたら余計怒りが爆発してしまうわけで。

なので秀吉の機嫌と都合が両方折り合うようなタイミングで、話を持ちかけるのが取次役の仕事でした。

政宗の場合、ヘタすれば自ら火に油を注ぎそうな弁解をするので、全宗が肝をつぶすこともままあったようです。

その割に秀吉より一回り年上なのに二年長生きしていますから、全宗もなかなか頑健というか、御仏のご加護というか。

享年74(1522-1599)。

 

江戸時代には代々施薬院の仕事を受け継いだ

実子が早く亡くなってしまったため、全宗の血筋は残っていません。

しかし、養子になった人が代々施薬院の仕事(施薬院使)を受け継ぎ、施設と共に江戸時代を生き抜きました。

秀隆・宗伯・宗雅・宗園・安宗・宗策・宗寅・宗真・宗維・宗隆・宗顕と続いております。

明治時代に別の人が施薬院の再興をしているので、一度廃れているっぽいのですが……そもそも施設の名前=固有名詞でもないため詳細は不明です(´・ω・`)
今は東大寺がこの名前のついた慈善団体を作っているので、寺子屋のように一般名詞化しているようです。

でも、こういう「はるか昔に端を欲するものが現代にもある」と見ると胸アツですね。全宗GJ。

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
施薬院全宗/wikipedia

 



-豊臣家
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.