歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

まんが戦国ブギウギ 武田・上杉家

武田勝頼 絶滅のカウントダウンは 高天神城の見殺しから始まる【戦国Boogie-woogie Vol.60】

更新日:

甲斐の武田家と言えば、騎馬軍団。
教科書では、長篠の戦いで織田・徳川連合軍にコテンパにされた不名誉なイメージもあるが、実際は「強兵」と恐れられた武田家の中枢を担っており、ゆえに同家の軍隊と言えば“騎馬”が真っ先に挙げられるだろう。
そんな武田家にも“水軍”が存在したのはご存知だろうか?
むろん諏訪湖に浮かべる船ではなく、駿河湾を活躍の場としたれっきとした水軍。実は武田家では、今川家衰退に乗じて侵攻した駿河で水軍を保持しており、同地方への侵攻によって関係が悪化した北条氏とドンパチを繰り返していたのだ。
その中心を担っていたのが、伊勢から迎え入れた向井氏と小浜氏、さらには旧今川家の伊丹・岡部氏であった(参考:城と戦国浪漫)。
しかし、必死になって広げたその版図は、逆に防衛戦線の間延び・弱体化を生み出し、いよいよ武田家はピンチに陥っていく――。

 

武田水軍! 北条氏とは意外とやりあってまして…

20150418アニィたかはしさん4コマ漫画1
◆静岡県内には当時、武田水軍の城として江尻城・袋城(静岡市清水区)や持舟城(静岡市駿河区)も存在していたそうです。
そんな水軍にうつつを抜かして現実を見てなかったのでしょうか。勝頼は致命的なミスをおかしてしまいます。それが高天神城の後詰放棄でした。徳川に攻められた同城の救援を見送ったのです。
味方の城は後詰めをするのが当然。そんな当たり前のルールを、勝頼はなぜ破ったのでしょうか。

 

スポンサーリンク

滅亡のカウントダウンが今まさに始まる

20150418アニィたかはしさん4コマ漫画2
◆高天神城は、長篠の戦いに次ぐターニングポイントだと目されております。このとき守っていたのは旧・今川家の岡部元信でしたが、そもそも高天神城は武田信玄が攻めても落とすことができず、勝頼が奮闘して奪ったのでした。
それを徳川家が攻めてきたのですから、絶対に死守せねばならない場所。しかし、あろうことか無視するように見殺しにしたのですから、武田家の権威が失墜するのは必至でした。
一説によると、織田信長はそれを見越して同城の降伏を許さなかったと言います。城兵は多くが餓死し、自暴自棄気味に討って出た軍勢もとことんクビを取られ――まさに信長の狙い通りの展開になったのでした。

 

引っ越している場合かよ…

20150418アニィたかはしさん4コマ漫画3
◆追い詰められたリーダーって、ときにワケがわからない行動をしてしまうものですが、武田勝頼さんの首都移転もまさしくそんなタイミングでしたね。
突然、新府城の築城を発令! その資金を国人などから徴収したのです。
配下の人々にしてみりゃ、コレはもうありえない話の連続。高天神城から続く理不尽にいよいよ不穏な話が動き始めます。

 

スポンサーリンク

木曽の裏切りは、岐阜ルート開通の狼煙

20150418アニィたかはしさん4コマ漫画4
◆木曽義昌は武田家版図の西域をになっており、ここが落ちると必然的に織田軍ルートの開放も意味しておりました。
それだけに絶対死守すべきポイントでもあり、事実、木曽義昌からは人質(子ども)も預かっていたのですが、これが後に……。
嗚呼、勝頼よ、君はドコへ行きたかったのだろうか。

 

漫画・アニィたかはし




スポンサーリンク


戦国ブギウギの新刊です!




1位 薩長同盟
倒幕のためじゃない!


2位 意外と優しい!? 織田信長さん


3位 甲斐源氏の重責とは?
武田信玄53年の生涯


4位 漫画『アンゴルモア』で
盛り上がる元寇のすべて!


5位 意外と知らない
源義経の生涯ストーリー


6位 史上最強の出世人だが
最期は切ない豊臣秀吉


7位 ゴツイケメンな幕臣
山岡鉄舟の信念


8位 藤原道長
出世の見込みなかった62年の生涯


9位 大政奉還から戊辰戦争
までのドタバタを分かりやすく!


10位 軍師の枠を超えていた!?
黒田官兵衛、真の実力


注目 金栗四三いだてんモデル
日本人初の五輪選手は驚きの成績!?


注目 まんぷくモデル
安藤百福50歳から再出発!



-まんが戦国ブギウギ, 武田・上杉家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.