歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

まんが戦国ブギウギ 豊臣家 黒田家

撤退開始、文禄の役! 加藤清正は去就が問われ、長政と又兵衛は紛糾す 【戦国boogie-woogie128】

更新日:

明の征服を意図して朝鮮に出兵した秀吉の文禄の役。
破竹の勢いで半島を占拠しながら、戦線が伸びきって補給がおぼつかなくなり、間もなくやってきた明軍に押され気味となって戦線は膠着へ。
立花宗茂らの活躍により碧蹄館の戦いでは戦果をあげるものの決定打とはならず、次第に諸将の間に不満は募っていく。
とりわけ加藤清正と小西行長の軋轢は悪化していくばかりであった――。

熊本城を築き、最期はナゾの死を遂げた加藤清正とは? 秀吉子飼い大名の中で圧倒的人気の理由

 

【毎週・月曜日連載】 過去の連載全話を最初から読む

悪いのは全部清正さんであります!

%e6%88%a6%e5%9b%bd%e3%83%96%e3%82%ae%e3%82%a6%e3%82%ae20160909-1

◆行長・三成の作戦が悪いのか。歩調を合わせなかった清正が悪いのか。

孤軍奮闘とも言うべき戦いで俄然張り切っていた清正さんですが、行長・三成によって悪者にされてしまい、間もなく秀吉から帰還命令がくだされてしまいます。

一番悪いのは、自ら現地入りもせず(というか家康に止められたから?)、情勢を読みきれなかった秀吉さんでしょうか。

豊臣政権瓦解の音が聞こえ始めて参ります……。

 

スポンサーリンク

長政と又兵衛の豪腕対決!

%e6%88%a6%e5%9b%bd%e3%83%96%e3%82%ae%e3%82%a6%e3%82%ae20160909-2

母里太兵衛と並び、黒田家の勇将として知られた後藤又兵衛

後に長政と揉めて家を追い出されるハメとなります。その理由は色々と語られておりますが、いい意味で戦バカであった又兵衛の性格が、これまた強気な長政とぶつかったから――というのが根底にあるんではないでしょうか。

3者ともに関ヶ原では東軍につきますが、後に大坂の陣で又兵衛が豊臣方として大活躍。大坂城五人衆として現代にまで名を残すことになりました。

 

茶々懐妊! 跡継ぎが出来たということが重要なんだ!

%e6%88%a6%e5%9b%bd%e3%83%96%e3%82%ae%e3%82%a6%e3%82%ae20160909-3

◆茶々長男の鶴松(捨)が死に、大いに悲嘆に暮れていた秀吉。

正室・側室幾人もの女性に一切子供ができず、唯一子を産んでいた茶々が奇跡的に2人目の子を妊娠し、歓喜に湧きました。

誰が父親かって?

だからそんなもん関係ないんですってば(´・ω・`)

 

スポンサーリンク

殿! ただいま戻ったでがす! って、あれ?

%e6%88%a6%e5%9b%bd%e3%83%96%e3%82%ae%e3%82%a6%e3%82%ae20160909-4

◆行長や三成に対してハラワタ煮えくり返る思いで帰国した清正さんは、何を思ったんでしょうね。

弁明の機会を――!

いや、そもそもなぜ自分が弁明などせねばならんのか。悪いのはウソをつきまくりのヤツらではないか。

という主張も肝心の秀吉がいなければ拍子抜け。非常に大事なことなのに、ウヤムヤにされてしまうことって、今も昔もあったんでしょうね~。

世の中、やっぱり不条理だと思います。

 

(来週へ続く)

漫画・アニィたかはし
【毎週・月曜日連載】 ほかの連載全話を最初から読む

 

【関連記事】秀吉の朝鮮出兵で作られた肥前名護屋城!
大坂城の次に巨大な城が博多ではなくこの地に選ばれた理由は?

名護屋城-4

福岡ではなく、その西にある肥前がポイントに

 




スポンサーリンク


戦国ブギウギの書籍版です!




1位 薩長同盟
倒幕のためじゃない!


2位 意外と優しい!? 織田信長さん


3位 甲斐源氏の重責とは?
武田信玄53年の生涯


4位 漫画『アンゴルモア』で
盛り上がる元寇のすべて!


5位 意外と知らない
源義経の生涯ストーリー


6位 史上最強の出世人だが
最期は切ない豊臣秀吉


7位 ゴツイケメンな幕臣
山岡鉄舟の信念


8位 藤原道長
出世の見込みなかった62年の生涯


9位 大政奉還から戊辰戦争
までのドタバタを分かりやすく!


10位 軍師の枠を超えていた!?
黒田官兵衛、真の実力


注目 金栗四三いだてんモデル
日本人初の五輪選手は驚きの成績!?


注目 まんぷくモデル
安藤百福50歳から再出発!



-まんが戦国ブギウギ, 豊臣家, 黒田家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.