日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

まんが日本史ブギウギ 飛鳥・奈良・平安時代

ヌカタンはオレのもん!額田王を巡って中大兄皇子vs大海人皇子で一悶着からの~白村江!

更新日:

 

いつの世も男女の仲ほど不思議なものはなかりけり。
くっついたかと思ったら離れ、離れた後にまたくっつくかと思ったら今度は別のところへ行ったり。
まこと一筋縄ではいかないだけに周囲の人々は面白おかしく囃し立てるものでありますが、本日は、その最たる、そして最古の恋物語をご覧いただきましょう。
中大兄皇子と大海人皇子、そして額田王をめぐる、今も謎多き古代のトレンディドラマでござります♪
学習マンガ日本史ブギウギ20161126-1

普段は威張っていても、弟相手にこの調子。あぁ、乙巳の変(からの大化の改新)で豪腕を奮った、あの中大兄皇子さんはドコへ行ったのよ><;

詳細はコチラへ→◆乙巳の変(大化の改新)で成敗されたのは蘇我入鹿だけじゃない! 中大兄皇子&中臣鎌足って苛烈やわぁ~

 

学習マンガ日本史ブギウギ20161126-2

天武天皇(大海人皇子)の妻である額田王が絶世の美女で、中大兄皇子が横恋慕した――という説は信憑性が薄いながら、奈良時代を代表する2人の天皇が絡んでいるだけに、未だ人気のある恋物語ですよね。確たる証拠がないまま人々のワイドショー的な興味から噂が独り歩きしていったような感も受けますが、まぁ、それも一つの見方があるってことで。ともあれ私も一度言ってみたい。

「ヌカタン♪」

 

学習マンガ日本史ブギウギ20161126-3

天智天皇(中大兄皇子)や天武天皇(大海人皇子)の母である斉明天皇。彼女の時代に、日本が朝鮮半島の拠点としていた百済が唐&新羅の連合軍に滅ぼされてしまいます。ここが落ちれば、今度は日本が攻められるかもしれない状況で、女性ながらに現地入りする予定でしたが、その前に九州で崩御されてしまうのでした……。

 

学習マンガ日本史ブギウギ20161126-4

滅亡した百済の遺民と共に日本は唐・新羅連合軍とついに衝突! そして大敗を喫するのでした。

それが663年白村江の戦い。

不思議なのは、なぜそんな大国に向かっていったのか――ってことじゃありません? この後、日本は遣唐使を送るなどして唐から様々な文物を輸入いたします。一体当時のチカラ関係はどうなっていたのか? と思ったら、日本国内でも親百済派と親新羅(唐)派で争いがあったようですね。中大兄皇子は百済派でしたので、結果的にこうなってしまったという……

 

著者:アニィたかはし

スポンサーリンク

武将ジャパンで新感覚の戦国武将を描いた『戦国ブギウギ』を連載。
従来の歴史マンガでは見られない角度やキャラ設定で、日本史の中に斬新すぎる空気を送り続けている。間もなく爆発予感の描き手である(編集部評)

 

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-まんが日本史ブギウギ, 飛鳥・奈良・平安時代

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.