日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

まんが日本史ブギウギ

【日本史マンガ】平城天皇わずか3年で弟の嵯峨天皇へ譲位 そして2人の対立が

更新日:

藤原薬子の魅力にどっぷり漬かり、父・桓武天皇の怒りを買った安殿親王(あてのみこ)。
806年に父が崩御すると同時に平城天皇として即位します。

平安京へ遷都するなど、精力的な政治を推し進めた桓武時代と比べ、平城天皇の治世は、現代での注目度はさほど高くありませんが、実は色々と画策した人であり。
それが長じて奈良~平安の男女スキャンダルとして知られる「薬子の変」へと進んでしまうのです。

今回は事件が起きるまで。
そこでは一体何がうごめいていたのか、見てみましょう。

日本史ブギウギ、第36話、スタート!

◆桓武天皇には弟・早良親王(この霊の正体・詳細は前回をご参照ください)がおりました。

皇太子として、皇位を継承する予定もあったこの親王は、藤原種継暗殺事件に関与したとして疑われ、間もなく死んでしまいます。
ハンガーストライキを敢行しながらの、なかなか壮絶な死でした。

その後、安殿親王自身も病気にかかるほか、疫病が流行ったり、災害に見舞われるなど、早良親王の祟りはまことしやかに信じられ、何度か鎮魂の儀式も行われるほどでした。

藤原薬子にしてみても、彼女の父が藤原種継でしたので、色々と思うところもあったでしょう。

【日本史マンガ】奈良~平安時代の恋愛スキャンダル第二弾!? 藤原薬子、現る

 

◆すったもんだがありながら、せっかく即位した平城天皇も、わずか3年で嵯峨天皇にその座を譲り、自身は平城上皇となって平城京に引っ込んでしいます。

早良親王らの祟りを畏れたんですね。

 

◆平城天皇は息子の高岳親王を皇太子として、嵯峨天皇に攘夷します。

平城天皇の実弟(同母弟)。
つまり高岳親王は嵯峨天皇にとって甥にあたるわけですね。

彼も後に薬子の変で皇太子を廃されるのですが、後に弘法大師の十大弟子の一人となり高野山で阿闍梨になるという運命を辿ります。
そればかりか彼は60歳にしてインドを目指すという、とてつもない偉業に挑戦までしているのです。

意外なところで繋がる。それが歴史なんですのぅ

そして高岳親王は、60歳にして天竺(インド)目指し、唐へ渡った

 

◆桓武天皇の時代に、地方行政(国司)を監査するために勘解由使(かげゆし)が設置されました。
大学受験でも覚えるところの、割とメジャーな役職ですかね。

これを廃止し、観察使を置いたのが平城天皇です。
コチラはほとんど試験で出ませんので、ご存じの方も少ないでしょうか。

即位した嵯峨天皇は、これを廃止します。

そして両者の対立は後へ戻れない深みへとハマっていくのでした。

※次週へ続く

【過去作品はコチラから→日本史ブギウギ

著者:アニィたかはし

スポンサーリンク

武将ジャパンで新感覚の戦国武将を描いた『戦国ブギウギ』を連載。
従来の歴史マンガでは見られない角度やキャラ設定で、日本史の中に斬新すぎる空気を送り続けている。間もなく爆発予感の描き手である(編集部評)

 

 





1位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


2位 わろてんか主人公
吉本せい波乱の一生


3位 西郷隆盛49年の生涯!


4位 史実の真田幸村とは?


5位 最上義光 名将の証明


6位 ホントは熱い!徳川家康


7位 意外と優しい!? 織田信長さん


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?


注目 わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日の感想レビュー

-まんが日本史ブギウギ

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.