歴史ドラマ映画レビュー

『バーフバリ 王の凱旋』歴史ファンを唸らせたインド世界観が再び大爆発!

バーフバリ!

バーフバリ!

バーフバリ!

バーフバリ伝説誕生
『バーフバリ 伝説誕生』で歴史ワクワクの原点回帰!踊って何が悪い?

続きを見る

と、あの作品の続編にして完結編となる『バーフバリ 王の凱旋』。

ナゼ、忠実なるカッタパッパがバーフバリを手に掛けたのか?

そもそもバーフバリはナゼ王位を追われたのか?

デーヴァセーナが幽閉されている理由は?

シヴァガミが赤ん坊を抱えていた理由は?

謎が全て明かされる!

基本DATAinfo
タイトル『バーフバリ 王の凱旋』
原題Baahubali: The Conclusion
制作年2017年
制作国インド
舞台古代インド南部、マヒシュマティ
時代紀元前6世紀頃から紀元前5世紀頃
主な出演者プラバース、ラーナー・ダッグバーティ、アヌシュカ・シェッティ、タマンナー
史実再現度史実を基にした叙事詩的映画、マヒシュマティは「十六大国」のひとつで仏典やジャイナ経聖典に記述がある
特徴英雄に不可能はない

※Amazonプライムでしたら400円でスグにご覧になれます(→amazon

 

 実写版無双のような世界観、何らブレず

あらためて思うんです。

いやぁ、前作ってすごかったですよね……。

どうしてシヴァガミが赤ん坊を抱えていたのかもわからないし、アヴァンティカが助けたいデーヴァセーナが監禁されていたかもわからない。

それでもなんか楽しい、すごい、先が見たい。

で、やっと見たわけですが……。

のっけから暴れ像を制圧しつつ、像を踏んづけて弓矢を射るバーフバリ(父)。

そうなんです、本作はバーフバリの父・アマンドラから物語が始まるのです。

ともかく何もかもが大げさというのは、前作と同じ。

物理法則は通じないし、主人公の射る矢は必ず当たるし、これはもう死ぬんじゃないかと思うほど刀で切られても、割と平気だったりします。

ナゼ主人公周辺人物は強いのか?

彼らに比べると兵士はすぐ吹っ飛ぶのか?

実写版無双のような世界を見ていると、理由は彼らが英雄であり、神のご加護を得ているからだと確信します。

神話や古典の世界には、確かにこのクラスの強さの英雄が登場します。

素手で敵の頸をねじ切り、普通の手段では殺せないから特殊な武器を使うような、そんな存在が登場します。

やたらと大げさで、もはや何を言いたいのかわからない形容詞。

神々へ捧げるやたらと長い歌詞。

そういうものは、洋の東西を問わず神話伝説には出てくるものです。

 

「だって英雄だもの」で通じる世界

この作品のスゴイところは、そうした要素をそのまま映像にしていることです。

バーフバリが戦う場面では、ずーっとシヴァ神をたたえる歌が流れている。

愛に陶酔するカップルの周囲には、無数のダンサーが現れて舞い踊る。

真っ先にカットされるであろう荒唐無稽な描写を、本作はそのまま入れています。

代わりに入っていないのが、ナゼ彼らが強いのか、ナゼ苦悩するのか、そういう細かい部分です。

マーベル映画は、主人公がどんな能力に覚醒し、ナゼ強くなるのかを描きます。

雷神ソーですら人間界の修行期がありますし、修行を積んでいない段階のドクター・ストレンジは弱い。トニー・スタークは生身では人間。

DCコミックス映画では、ナゼ俺たちは戦うんだと、暗い色調の中で悩んでいたりするわけです。

しかし、マシュマティの英雄はそういう描写は一切なし!

英雄で、主人公で、神の加護があるから無茶苦茶強いし、くよくよ悩まない。

だってそういうものじゃないですか。

たとえば、ヘラクレスが生まれてすぐ蛇を絞め殺した話に、赤ん坊なのにおかしいって誰も言わないじゃないですか。

八岐大蛇を倒すほどのスサノオが、女装しても美人ってありえない、とか言わないじゃないですか。

関羽はなんで無麻酔でも平気で囲碁を打ちながら、手術を受けられたの?とかいちいち言わないじゃないですか!

だって英雄なんだもん。

人間を超越しているんだもん。

バーフバリに関してもまったく同じだと思うんです。

英雄だから。
証明、以上。

人間が考える物語の原点に回帰している点が、本作の力強さ。

人間が考える「英雄ってこうだったらいいな!」という原始的な欲望を、てんこ盛りにしたのが本作なのです。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-歴史ドラマ映画レビュー
-