日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

本郷和人歴史キュレーション 黒田家

後藤又兵衛の首は誰がドコへ持っていったのか? 東京大学・本郷教授の「歴史キュレーション」

更新日:

 

日本中世史のトップランナー(兼AKB48研究者?)として知られる本郷和人・東大史料編纂所教授が、当人より歴史に詳しい(?)という歴女のツッコミ姫との掛け合いで繰り広げる歴史キュレーション(まとめ)。

今週のテーマは【後藤又兵衛の首は誰がドコへ持っていったのか?】です。

 

【登場人物】

本郷くん1
本郷和人 歴史好きなAKB48評論家(らしい)
イラスト・富永商太

 

himesama姫さまくらたに
ツッコミ姫 大学教授なみの歴史知識を持つ歴女。中の人は中世史研究者との噂も
イラスト・くらたにゆきこ

 

◆戦国武将 後藤又兵衛 最期を示す古文書見つかる NHK 特集ダイジェスト

◆又兵衛の最期、克明に 大坂夏の陣、豊臣方の書面発見 朝日新聞
◆最期、詳細に 岡山県立博物館、書付を確認 毎日新聞

後藤基次像/wikipediaより引用

後藤基次像/wikipediaより引用

本郷「あれ? あれれ? あれれれれ?」
「どうしたのよ、いったい。なにキョドってるの?」
本郷「いや、この前後藤又兵衛の最期を示す、っていう古文書を取り上げたじゃない? でさあ、ぼくは新聞報道を鵜呑みにして、いろいろ言ってたんだけれどね。今回、何の気なしに文書の写真を取り寄せて読んでみたら、えええっ! ということがでてきたんだ」
「あらあらあら。必ず資料を見なけりゃあ、だめじゃない。で、どのへんがヘンなの?」
本郷「とりあえず、全文を読み下しにしてみるね。脇差し、脇指し、みたいに字が異なっているのは、原文書になるべく忠実に書いたせいなんだ。というわけで、こちら」

一,後藤又兵衛討ち死の時、秀頼公より拝領の脇指し-行光-、是にて又兵衛首を討ち、秀頼公御前にて、かくの如く討ち死つかまつる次第申し上げ候へ、と申し候、長四郎と申す児姓に脇指し相渡し、申され候、長四郎脇指し請け取り候へども、又兵衛印(首級(しるし)のあて字だろう)をあげ候義は罷りならず、脇差しばかり、秀頼公へ差し上げ申し候事、
一、脇におり候小性、是は又兵衛指物のくり半月の片分れを、又兵衛討ち死つかまつり候證拠に、秀頼公へ差し上げ申し候事、
一,平右衛門義は右両人之者仕廻し候後に、其場へ参着申し候事、

「これだけじゃあ、よく分からないわよ」
本郷「そう言うだろうと思って、なるべく原文に忠実に訳してみました。こちら」

一,後藤又兵衛は討ち死に際して、「秀頼公より頂戴した行光の脇差、これで私の首を討ち、秀頼公の御前にて『又兵衛はこれこれこのように討ち死いたしました』と申し上げてくれ」と言った。長四郎という小姓に脇差しを渡し、言われたのだ。長四郎は脇差しを受け取ったのだが、又兵衛の首を切ることはできなかった。脇差しだけを秀頼公へ差し上げたのだった。
一、脇にいた小姓は又兵衛の指物の「刳り半月」の片割れを、又兵衛討ち死の証拠として秀頼公へ差し上げた。
一、平右衛門は両人(長四郎と脇にいた小姓)が行動した後に、その場に到着した。

「あら?この文書をみただけでは、又兵衛が鉄砲で撃たれたとか、さらにはどこを撃たれたとかは全く書いてないのね」
本郷「そうだね。この資料からでは、そこは分からない。まあ、彼は苦しい息の下、行光で我が首を打て、秀頼様に又兵衛はこのように討ち死にしたと報告せよ、と言ったわけだ。ところが小姓の長四郎は、何でなのかな、又兵衛の首が打てなかった。それで、行光の脇差だけを秀頼のもとに持参したんだ。戦場をかけめぐっている武士ならばあり得ないことだけど、戦いはしばらくはなかったわけだし、小姓だから、なおさら経験がないわけだし、怖じ気づいてしまったんじゃないかな」
「え?ということは、よ。その解釈が正しいなら、又兵衛は首を切られてないわけ?彼の首はどこへ行ったの?」
本郷「資料に明記はされていないけれど、又兵衛が望んだことは、我が首を秀頼公のもとへ持参せよ、だったはずでしょ。だけど、二人の小姓は、脇差と損傷した旗指物を又兵衛が戦死した証拠品として提出した、とある。首級は大坂城には運び込まれていない、と考えるべきでしょう」
「ちょっと待ってよ。戦死する武将は、我が首を敵に渡すな、と家臣に命じるのよね。長四郎じゃなくたって、だれかが首を切ったんじゃないの?」
本郷「いや、小姓の他には誰もいなかった、と推測したら、どう? 又兵衛が息を引き取るときには、経験値が足りない小姓二人の他には武士がいなかった」
「なるほど。それで、そこに平右衛門がやってきた。というわけね」
本郷「平右衛門は金万平右衛門。のちに春日局の元夫、稲葉正成に仕官した。彼の子孫は正成と春日局のあいだに生まれた正勝の子孫、淀藩稲葉氏につかえたそうだよ」
「平右衛門はおそらく、経験豊かな武士だったのよね。とすると、彼が又兵衛の首を切り、その首をどこかに埋葬して隠匿したのかしら。そのように推定するのがもっとも妥当なんじゃないかしら」
本郷「ぼくもそう思う。そうするとね、次なる問題は、平右衛門がやってきたとき、二人の小姓が、すでになくなっていたか、もしくは虫の息の又兵衛のそばにいたか、すでに立ち去っていたか、だよね」
「もし長四郎がいたのなら、話を聞いた平右衛門は、又兵衛の望み通り、行光で首を切り、大坂城に持ち帰ったんじゃないかしら。でも、彼がそうしたようには古文書には書かれてないわよね。とすると、二人の小姓はすでにそこにはいなかったんじゃないの?」
本郷「うん。ぼくもそう思うんだ。平右衛門がやってきた時、又兵衛の遺骸だけがそこにあった。それで、さっき言ったような始末をつけて、平右衛門は帰城した。そう考えられるわけだ。それで又兵衛の死を上に報告した後に、直接長四郎に会ったか、間接的かは分からないけれど、事の顛末を聞き知って、この書き付けを書いた。つまり文書の記手は平右衛門ではないかな」
「うん。今のところ、話の運びに破綻はないわね。とするとよ。行光は長四郎が持っていたのよね。つまり又兵衛の首を落としたのは、行光では、ない」
本郷「そんなんだ。そうなるね。そうすると、正しい報道をしたのは朝日と毎日。あとは間違ってたことになっちゃうんだ」
「うーん。やっぱり、きちんと文書を確認するのが大切なのね~」

 

 

 

スポンサーリンク

【編集部より】

ついに始まった大河ドラマ『真田丸』。
幸村(信繁)について学びたい方へ最適の一冊、その中身を一部公開していただきました。

真田丸の幸村、そのリアルに迫る 本郷和人『なぜ幸村は家康より日本人に愛されるのか』(幻冬舎)を一部公開!
本郷和人なぜ幸村は家康より日本人に愛されるのか表紙

スポンサーリンク

幻冬舎さんから発売で、Kindle版もありますよー♪

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-本郷和人歴史キュレーション, 黒田家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.