幕末・維新

「ワシは清正公に負けた」と西郷が嘆いた熊本城の戦い【西南戦争】

更新日:

明治十年(1877年)2月22日、西南戦争における熊本城の戦いが始まりました。

このとき既に熊本城は明治政府のもの。
陸軍の各種施設や熊本鎮台という役職があったため、これより五ヶ月ほど前に起きた不平士族の反乱「神風連の乱」でもターゲットになっています。

そちらは一日で鎮圧されましたが、今度は鬼すら逃げ出す「薩摩隼人」のご登場です。

西南戦争錦絵/国立国会図書館蔵

しかし熊本城もまた築城名人・加藤清正の偉大な遺産ですから、この戦いはある意味名勝負でもありました。

実際に戦っている人たちにとってはそんな美しい表現は気に入らないかもしれませんが、後世の一個人としてはそう思います。
御託はさておき、そろそろ戦いの経過を見ていきましょう。

 

ヤル気満々の薩摩反乱軍>城方の士気だったが……

城方=政府側の士気はお世辞にも高いとはいえない状態でした。

「神風連の乱」は前述の通り期間としては短かったものの、一部の兵舎を全焼させたり、多くの官憲が殺傷されていたからです。
そこから一年も経たないうちに、士気も準備も万端な薩摩隼人たちがやってくるというのですから、そりゃあ戦う前から嫌気が差すに決まってます。

当時の熊本鎮台長官・谷干城(たにたてき)はこの状況をよく理解していました。

このまま打って出れば、味方の負けは必死。
そうなったとしたら、できたばかりの明治政府そのものも危うくなる――。

彼は、薩摩軍が到着する前に篭城戦を決意します。

熊本城内は約4,000人。
対する薩摩軍は14,000人ほど。
せっかくの城があるのに、打って出ていくには危険すぎます。

仮に篭城すれば、守る方が有利であり、攻め手は数倍~十倍程度の人数が必要だと言われておりますから、熊本城での籠城戦であれば少なからず粘れる見込みは十分ありました。

更には、後に日露戦争の英雄の一人となる児玉源太郎も谷の補佐をよく務めました。

謙虚だった天才・児玉源太郎~日露戦争の勝利は彼の貢献度が大きい?

嘉 ...

続きを見る

そのため城方は何とかもちこたえるのです。

熊本鎮台のメンバーたち/wikipediaより引用

 

3日間全力で攻撃するも埒あかず兵糧攻めに

薩摩軍から見ると、21日に来て24日まで三日間の直接攻撃をしても埒が明かなかったという感じになります。

そこで真正面から攻めきれないと見ると、兵糧攻めに切り替えました。
敵が多いということはそれだけ食料も必要なわけですから、時間がかかることを厭わなければ、真正面からぶつかる必要はないわけです。

着眼点は良かったかもしれません。
しかし、簡単にはいきません。

明治政府軍は後詰を送ってきます。
西郷軍を蹴散らすために、別方面から新たな軍団を送り込んできたのです。

薩摩軍は3,000人を熊本城に残し、政府軍に備えるべく北へ向かいましたが、こうなるとやはり数で劣るほうが徐々に押されていく、というのは皆さんもうお気づきですよね。

とはいえ、ただダラダラ長引いたのではなく、時には薩摩側からの砲撃もあったため、やはり城方も難儀したようです。

数十~数百人規模の犠牲が出た戦闘もありました。
ゲスい見方をしますと、城方にとっては食い扶持と敵の数と両方の問題が改善されることになるのですが……それが戦争とはいえ、何ともいえません。

 

「わしは官軍ではなく、清正公に負けたのだ」

結局、熊本城の戦いが本当に終わったのは、薩摩軍がやってきてから約二ヵ月後、4月14日のことでした。

西郷隆盛はこの年の9月に敗北・自害するのですが、その直前、こんなことを言っていたとか。

「わしは官軍ではなく、清正公に負けたのだ」

熊本城が薩摩軍のものになっていたら、勝つ見込みがあった――そう考えたのでしょう。

確かに「薩摩側が有利かもしれない」という見方が広まればb、他の不平士族たちも集まってきたでしょうし、さながら大阪の役と似たような戦いが熊本城で起きたかもしれませんね。

全国的に今なお人気の高い加藤清正/wikipediaより引用

一方この頃、熊本近辺での戦いでデカ過ぎるトラウマを作った人もいました。

これまた日露戦争の有名人である乃木希典です。

彼はこのとき既に一隊を率いる立場になっていたのですが、薩摩軍との攻防で軍旗を奪われてしまったということがありました。

 

自殺を計るほどの心理的ダメージを負った乃木希典

以前、鳥羽・伏見の戦いでお話しましたように、軍隊にとって旗は誇りの象徴のようなもの。
それを敵に奪われるということはとてつもない不名誉です。

それまでの働きは決して悪くなかったのですが、元々責任感が強く真面目な乃木ですから、西南戦争の総司令官だった山県有朋山縣有朋)に直接謝罪の手紙を書いています。

山県も事情がわかっているので、
「処罰はしないし、戦なんだから気にすんな」(超訳)
という返事を著します。

乃木の自責は止まず、何度も自殺を図ったそうです。
それを児玉が見つけて止めたこともあったとか。
今で言うPTSDやASDに近い状態でしょうかね。

源平や戦国時代の戦は遠い時代のこと過ぎてこういうことを考える機会はあまりないですけれど、明治あたりになると生々しさが増すというか、また違った重みがありますね。

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典「西南戦争」
熊本城公式ホームページ
西南戦争/Wikipedia

 



-幕末・維新
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.