フェートン号/wikipediaより引用

幕末・維新

ニセの国旗で出島へ入港! フェートン号事件のイギリスが海賊すぎる

1777年(日本では江戸時代・安永五年)12月2日は、後に長崎のオランダ商館長となるヘンドリック・ドゥーフが誕生した日です。

文化5年(1808年)に発生した【フェートン号事件】に巻き込まれてしまう御方です。

イギリス人が無茶をやらかしたせいで、長崎奉行や佐賀藩の藩士らが処分されてしまうという痛ましい内容ですが、これだけではワケがわからないので順を追って見て参りましょう。

※文中の記事リンクは文末にもございます

 

ドゥーフの母国オランダがフランスに支配され

ドゥーフの前半生については、身分があまり高くなかったようで、あまりよくわかっていません。

詳しくわかるのは、1799年(寛政十一年)に来日してからのこと。

彼が日本に来た後の本国オランダで大事件が起きてしまいます。

オランダがナポレオンに負け、フランスの衛星国にされてしまったのです。

ときのオランダ国王はイギリスに逃げて援助を求め、イギリスはフランスに対抗するために力を貸すことにしました。

この関係は本国以外でも同じ状況になりました。

当時、オランダ東インド会社が拠点にしていたインドネシアも、フランスの支配下に置かれてしまい、この辺も攻略してやろうとイギリスが動き始めたのです。

アジア周辺の海はイギリスの縄張りだったので、こっちのほうがやりやすかったかもしれません。

しかし、その程度で引き下がるナポレオンやフランスではありませんでした。

フランスもオランダ東インド会社も、中立国だったアメリカの船を借りて、アジアでの貿易を続けようとします。

 

オランダ国旗を掲げて入港してきたフェートン号

そんな中、長崎に一隻の船がやってきました。

掲げられた国旗はオランダのもの。

いつもの船がやってきた――と思った出島のオランダ商館員と幕府の役人は、小舟で出迎えました。

賃料毎年1億円! 長崎・出島の意外な歴史~オランダ人は年4ヶ月だけ滞在

続きを見る

しかし、船にいたのはイギリス人だったのです。

同時に国旗もイギリスのものに差し替えられました。

イギリス船のフェートン号がオランダ船と偽って入港していたのです。

出迎えにいった人々は人質にされてしまいました。

イギリス人たちが言うには、

「これこれこういう経緯だから、この辺のオランダ船は全部引き揚げさせる。黙って言うことをききやがれ」(超訳)

とのこと。

どう見ても人に物を頼む態度じゃありません。

それでも長崎の役人たちは「そっちの用事はわかったから、商館員たちを返してくれ」と穏便に頼むと、イギリス船からの返事は「いいから水と食料をよこせ」というものでした。どう見ても海賊です。

イギリス海軍の歴史~海賊行為で世界を制し海洋国家を樹立してから

続きを見る

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-幕末・維新
-,

© 2021 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)