御伽草子

月岡芳年『浦島太郎』/wikipediaより引用

文化・芸術

鎌倉~江戸期に成立した昔話集「御伽草子」最も有名なお話は何だ?

歴史の分野で「物語」といえば、やはり双璧は『源氏物語』と『平家物語』でしょう。

片や優雅な王朝絵巻(源氏物語)。

片やその後に訪れた戦乱(平家物語)。

テーマに違いこそあれ、大長編かつ何度読み直しても面白い傑作中の傑作ですよね。

しかし、これらの物語は、歴史に残るようなエライ人やその周辺人物しか出てきません。

これが鎌倉~室町時代になると、ちょっと傾向が変わってきます。

名もなき庶民が主役になったり、庶民しか出てこないような話が増えてくるのです。

そういった物語をまとめて【御伽草子】(おとぎぞうし)と呼びます。

 

「伽」は話し相手「草子」は物語を表す

「草子」を「草紙」と書くこともあります。

試験で減点されることはなさそうですが、一応先生に確認した上で「そっちの字でもいいんだ」ぐらいの認識をお持ちいただければ。

「伽」という字には「話し相手」という意味があります。

「草子(草紙)」は本そのものや物語の総称です。

御伽草子/国立国会図書館蔵

これらを踏まえて『御伽草子』を訳すとしたら

「話し相手代わりになるような面白い物語の本」

あるいは

「会話のネタになる本」

みたいな感じでしょうか。

『御伽草子』として伝わっている物語の中には、起源がいつなのかわからないほど古いものもあります。

おそらく一番古いのは、皆さんよくご存じの『浦島太郎』でしょう。

現代のような話になったのは室町時代とされ、原型は8世紀に成立した『丹後国風土記』、あるいはさらに以前に存在していた可能性も考えられています。

今後、もっと古い写本が見つかれば「日本最古の物語」は『竹取物語』ではなく、浦島太郎になるということもありうるでしょう。

竹取物語(17世紀末作)/wikipediaより引用

とはいえ源氏物語に

「竹取の翁(かぐや姫を見つけた老人)が物語の最初である」

と書かれていますから、京都に伝わっていなかっただけで、地元では存在していた可能性が高そうです。

 

全編ほぼ短編だから伝わりやすかった

『御伽草子』に含まれる物語は、ほぼ全て短編であることも特徴の一つです。

手書きしかなかった時代ですから、長編を広めるには、よほど優れた内容と写す人手、貴重品である紙が大量に必要になります。

一方、短編であれば、人の記憶だけでも言い伝えることができます。

また『今昔物語集』や『宇治拾遺物語』など、「御伽草子」と類似した物語集がこれ以前にいくつか成立しています。

たとえば『わらしべ長者』や『雀の恩返し』なども、浦島太郎ほど古くはありませんが、御伽草子以前からこれらの物語集に入っていました。

昔の日本人も創作好きすぎるやろ。

室町時代からそういった物語の本が出始めて、江戸時代初期から出版。より世の中に広まりました。

『御伽草子』という呼び名がついたのも、その頃からだと考えられています。

じゃあなんで本サイトの区分では室町時代なのかって?

いや、教科書や参考書にそう書いてあるんです(´・ω・`)

江戸時代は文化史の比率が他の時代と比べて高めですから、少し室町時代のところにまわしておいたほうが、受験生にとってはいいかもしれませんね。

 

絵が多いのは「絵解」の影響だった

江戸時代に大々的に出版される前。

室町時代末期には、既に『御伽草子』の挿絵入りの本が出ていたようです。

それを受けて江戸時代の『仮名草子(女子供向けにひらがなで書かれた物語集)』や『浮世草子(大衆小説)』などが出てきたのかもしれませんね。

また『御伽草子』に絵入りの本が多いのは、当時「絵解(えとき)」という職業があったからという見方もあるようです。

絵解とは「仏教的な絵画の意味を、字が読めない・学問と縁がない層の人々に解説する」というのが仕事です。

女性の絵解「絵解比丘尼」を描いた絵(月岡芳年)/wikipediaより引用

『御伽草子』に入っている物語も、仏画と同じように読み解いて語り聞かせられ、世の中に広まったのでしょう。

絵解は、民謡などの歌を歌いながら読み解くこともあったらしいです。

なので、数十年前の日本でまだメジャーだった【紙芝居屋さん】みたいに、物語をしながら合いの手を入れたり、演出する人もいたのかもしれません。

この仮定が正しければ、ほとんどの物語に特定の作者がいない(わからない)理由にもなります。

「平家物語の作者は一人ではない」とされているのと同じですね。

もっとも、日本では物語を書き写す際に

「あ、いいこと思いついた! ここをこうしたほうがもっと面白くなるから、ちょっと変えて書いちゃえ!」

ということが珍しくなかったので、物語の作者がわかっているからといって、当時そのままの文章である可能性は非常に低いのですが……。

これこそまさに『源氏物語』がいい例ですね。

光源氏と藤壺の宮や六条御息所などの出会いのシーンがなかったりしますし。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-文化・芸術
-

×