『義士四十七図 寺坂吉右衛門信行』/wikipediaより引用

江戸時代

赤穂浪士唯一の生き残り寺坂信行~足軽で討入参加を許された侍の悲しき流転

更新日:

延享四年(1747年)10月6日は、赤穂浪士の生き残りだった寺坂信行の命日です。

あの事件と言えば、おそらく「赤穂浪士全員が切腹したんじゃないの?」と思われがちですよね。

彼の人生を追いかけながら、その辺のことにも触れていきましょう。
身分が高いとはいえない人なので、信憑性の薄い部分もありますが……。

 

寺坂信行は赤穂浪士の一員・吉田兼亮に仕えていた

信行は、寛文五年(1665年)に赤穂藩の役人の子として生まれました。

8歳のとき、後に赤穂浪士の一員となる吉田兼亮に仕え、信行が26歳になると兼亮が赤穂藩で出世したことで、藩主の直臣という扱いになっています。

この時点でも足軽ではありましたが、直臣と陪臣ではいろいろと違いますからね。給料も増え、浅野家の別の役人から妻をもらい、ここまでは順風満帆な人生に見えました。

しかし、元禄十四年(1701年)に主君の浅野長矩が松の廊下で例の事件を起こしたことで、信行の運命は大きく変わります――。

このとき信行は国元にいたため、赤穂城へ駆けつけています。

身分の低さゆえに、大石(内蔵助)良雄が中心となって交わされた血判には、信行の名はありません。

それでも直接の上司である兼亮が加わっていると聞き、信行は良雄に「私もぜひ加えてください」と強く願い出ました。
大石は最初、信行の身分を理由に断ろうと考えていたようですが、熱意に押されて承知したといわれています。

リーダーのお墨付きを得た信行は、討ち入りまでの会合にも参加できるようになりました。

 

彼はなぜいなくなったのか? 今も複数流れる逃亡説

討ち入り当日。
赤穂浪士たちは吉良邸の表と裏から入り、信行は裏手のほうにいたといわれています。

しかし、吉良上野介を討ち果たして泉岳寺へ向かうと、いつの間にか信行の姿は消えていました。

彼はどうして居なくなってしまったのか?
現在、様々な説が考えられております。

・実は討ち入り直前に一人だけ逃げた

・大石から「国元へ首尾を報告せよ」と密命を命じられて離れた

・「足軽が参加していたら建前的にマズイ」ので逃げるよう命じられた

こうなると「その後は行方不明になり、◯◯年頃に亡くなったとみられる」というのがお約束ですが、信行の場合は違いました。

その後、元禄赤穂事件を担当した大目付・仙石久尚に見逃され、一切追っ手がなく、さらに、兼亮の娘婿である伊藤治興に仕えたとされているのです。

久尚のところには、自ら出頭したともいわれていますが、縄をかけられるどころか、逆に施しを受けて送り出されるという寛大すぎる処置を受けています。

 

仏門に入って全国行脚 後に麻布山内家に仕える

おそらく信行は自責の念にかられ、死罪にしてもらおうとして出頭したのでしょう。

しかし、放免されてしまって、どうしたら良いのかわからなくなり、信行は伊藤家を離れて仏門へ。全国各地を旅し、仏の教えを説いていたといいます。

元禄赤穂事件の20年後には江戸に戻り、麻布の曹渓寺で寺男(お寺で雑用をする人)をしはじめたそうです。

また、曹渓寺の口利きで麻布山内家(土佐藩主の山内家の分家)に仕えたといいます。

麻布山内家はその通称の通り、麻布に屋敷を構えていたので、曹渓寺にとってはご近所。
何かの折に曹渓寺側が信行の身の上を知り、哀れんで武士としての職場を見つけてくれたのかもしれません。

麻布山内家に仕えてからは士分となり、亡くなるまで同家にいたと考えられています。

亡くなったときは82歳ですから、当時としてはかなりの長寿です。過去を引きずることなく、麻布山内家で働くことが出来たのでしょう。

お墓は曹渓寺の他、各地にいくつかあるようなのです。

旅暮らしをしていた頃、信行と縁ができた人々が建てたものでしょうか。正式に分骨されたという記録が残っているところもあります。

 

死んだら討入に参加していたと認められるだろうか……

最後に信行の辞世の句を見ておきましょう。

さくときは 花の数にも 入らねども 散るには同じ 山桜かな

そのまま訳すとすれば「山桜は普段は桜のうちには数えられないけれども、散るときは同じように美しい」という感じでしょうか。

彼の人生を踏まえて意訳するなら「浪士としては認めてもらえなかった自分だが、死んだら“この人もあの討ち入りに参加していた”といわれるようになるだろうか」といったところですかね。

逃亡説の史料もあるので、完全に否定することはできませんが、どちらにしろ信行が「一人だけ生き延びられてラッキー」と思うような人間ではなかったということは確かでしょう。

幕末の頃には泉岳寺の赤穂浪士の墓に、信行の墓も加えられました。
泉岳寺での信行の戒名は「逐道退身信士」とされており、浪士とは別のものになっています。

これを「逃亡説の証拠」と取る方もいらっしゃるようですが、「身を退いて道を遂げた」と読むのであれば、信行に好意的な意味にもなりますね。
伊達政宗の漢詩にもそんな感じのものがありますけれども、日本語って難しい。

幕末の人々が、どちらの意味でこの戒名を付けたのか知りたいものです。

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
寺坂信行/wikipedia
気ままに江戸♪
益田市の歴史・風景体験レビュー
仙台人が仙台観光をしてるブログ

 



-江戸時代
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.