江戸時代

神をも恐れぬスーパー合理主義者・細川重賢 「肥後の鳳凰」が藩財政を建て直す

投稿日:

「お殿様」というと贅沢なイメージが強いもの。
しかし江戸時代の大名達は、ほとんどの人がド貧乏でした。

収入が大きくても養う家臣の数が多く、それでいて天災オンパレードの時代ですから、お財布事情は火の車だったのです。

その財政難を見事に打ち破って見せた家もあります。

天明五年(1785年)10月26日、熊本藩六代目藩主で「肥後の鳳凰」と呼ばれた細川重賢(しげかた)が亡くなりました。

大河ドラマ『麒麟がくる』でも重要な役どころになるであろう細川藤孝細川忠興の子孫たちが切り盛りした大藩ですね。藤孝も忠興も、文武両道で【織田~豊臣~徳川政権】を生き抜いたタフな武将でしたが子孫も負けておりません。

さっそく重賢の生涯を見てみましょう。

 

伊達宗村の機転により改易を免れる

細川家は50万石を超える大きな家でした。

が、五代目で重賢の兄・細川宗孝に浪費癖があったせいで、藩の財布は一気にすっからかん。
いつの時代もボンボンが調子に乗るとロクなことがないのは同じです。

このお兄さんが江戸城内で人違いにより突然殺されてしまいます。

当人にとっては災難どころじゃありませんが、熊本藩にとっては幸運でした。
まだ子供がいなかったので、そのままなら「跡継ぎいないなら取り潰しな☆」となるところを、急遽、弟の細川重賢を跡継ぎにして事なきを得たのです。

ちなみにこのとき「宗孝は、まだ死んでないことにしておくから急いで跡継ぎを決めろ!」と指示をしてくれたのが、たまたま居合わせた仙台藩六代目・伊達宗村でした。

こういう土壇場での機転が利くのはお家柄という感じがしますね。
なんせキャラの濃い伊達政宗さんや細川忠興さんときたら……といった話は、それぞれの記事をご覧ください(記事末にリンクを設置いたします)。

 

次男としての苦難が転じて活きる展開に

こうして突然藩のトップに立った重賢は、それまでの苦労が活きることになります。

この時代、大名の次男以下は「部屋住み」と呼ばれ、穀潰し同然の扱いでした。
良い養子先が見つかれば他の家で活躍することもできましたが、嫁に行ける女性と違い、男性ではそうそう行く先は見つかりません。

政略結婚でも堂々と家を出られるほうがいいか、あるいは貧乏でも実家暮らしを選ぶか……大名家もなかなか大変なものです。

重賢も藩主になるまでは、自ら質屋に行くほどの困窮振りだったとか。

というか熊本藩自体の財政が酷くて、
「新品の釜には『細川』って書いとけよw 金気かなけが抜けて使いやすくなるぜwwwwww」
とまで言われるほどでした。

上杉家も似たようなことを言われているので当時の流行り文句だったんですかね。今で言えば流行語大賞?

ともかくこうした窮状を立ち直らせるにはどうするか。

改革を行うにも、元手の資金が必要といういことで、重賢はまず名のある商人からお金を借りようとします。
が、「アナタサマのところは返してもらそうにないので貸せません」とすげなく断られてしまいました。

大名と商人とはいえ、貸し手と借り手では当然前者が上手ですが、ここで諦めては火の車どころか再び改易の危機です。

そこで比較的新しく金貸しを始めた加島屋という商家に頼み込み、条件付きでようやくお金を借りることができました。いよいよ改革スタートです。

 

まずは江戸藩邸の予算をきっちり制限するばい!

重賢はまず、江戸藩邸の予算をきっちり制限することから始めました。

「金がないのに際限なく使うとかアホなの?」と言ったかどうかは不明ですが、締めるべきところを締めたわけです。

そしてしょっちゅう起きる飢饉に関係なく年貢を取れるよう、米以外の作物を作ることを奨励しました。

和紙の原料になるこうぞという木や生糸、ろうそくなどです。

どれも生活必需品ですから、相場が大きく変動することはないと考えたのでしょう。
楮の実も「まずいけど一応食べられる」らしいので、救荒作物の意味もあったかもしれません。

そしてこれらを原料とした和紙などを鹿島屋経由で売りさばき、少しずつ藩政を潤わせていったのです。

こうして見ると重賢以前の藩主でもできたように思えますが、目の付け所が違ったんですね。
コロンブスの卵とも言えましょうか。

 

「神なら住民に協力するのが当然!」

このころのエピソードとして、面白いものが伝わっています。

熊本藩内には現在も温泉地・火山として有名な阿蘇山がありました。
温泉といえば硫黄の匂いですよね。

重賢はこの硫黄に目をつけます。

現代人にとってはただの臭いものですが、硫黄は火薬や薬の原料となるとてもありがたい資源なのです。
それが大量に取れそうな場所が領内にあるというのですから、見逃す手はありません。

阿蘇山

しかし「硫黄、取ろうぜ!」という重賢の呼びかけに、地元の人はなかなか協力してくれません。
「阿蘇は神様のいる山だから、掘り返すなんてとんでもない」というわけです。

九州はもともと火山の多い土地ですから、火山そのものを神様として信仰している人が多かったんですね。

ですが、超がつくほどの合理主義者・重賢は
「神なら住民に協力するのが当然!」
と考え、硫黄掘りを決行。

採掘の後、住民の言い分に味方するかのように洪水が起き、「ほら見ろ言わんこっちゃない」なんてpgrされることになってしまいました。

 

 身分を問わず通える時習館も設立

しかし重賢はそのくらいでは諦めません。

どこから探してきたのか。
大砲を担ぎ出して洪水の元になった池に一発ぶっ放したのです。

ンなことしたら余計罰が当たりそうなものですが、それで洪水は鎮まり、以後、無事に採掘を続けることができたのだとか。

重賢いわく
「住民のためになることをしているのに、邪魔するヤツは神じゃなくて物の怪だ、不届き千万!SATSUGAIせよ!!」
ということだったらしいです。

「水源ぶっ飛ばしたら余計洪水が酷くなる」とは思わなかったんですかね……。

このダイナミックな発想、やっぱり藩祖・忠興さんの血がうかがえる気がします。

その他にも身分を問わず通える藩直営の学校・時習館や、日本最初の公立医学校・再春館を作るなど、人材育成にも注力。
熊本藩の財政再建に身を費やすのでした。

上杉鷹山なども「倹約」+「教育」のコンボで改革に成功しましたよね。
これは財政再建のセオリーともいえそうです。

現代でしたら保育料や大学までの学費を無料にして、後は税収の使い道を再検討ってところでしょうか。
キャッシュレス決済によって脱税者が減れば、一気に税収も増えると言いますし、いつの時代もやることは山積みですね。

伊達政宗は逸話も史実も全部オモロイ!70年の生涯まとめ【逸話の正誤表付】

戦 ...

続きを見る

究極のヤンデレ・細川忠興は★4つ 愛する妻に何かあれば処分の嵐が吹き荒ぶ

細 ...

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
細川重賢/wikipedia

 



-江戸時代
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.