江戸時代

行き遅れのお姫様・竹姫(浄岸院)が島津家へ嫁ぐ~幕末薩摩にも影響あり!?

投稿日:

安永元年(1772年)の12月5日、後に浄岸院(竹姫)と呼ばれる女性が亡くなりました。

本名が「竹姫」というごくありふれたお名前なので、院号のほうで行こうと思ったのですが、この人の経緯的にシャレにならない気がしてきたので本名のほうにしますね。

彼女は清閑寺熙定(せいかんじひろさだ)という公家の娘として生まれました。

順当に行けばそのまま京都で一生を終えていたのでしょう。
しかし、父の従姉妹がときの将軍・徳川綱吉に嫁いでいたことで、運命が大きく変わります。

お手がついて側室にはなれたものの、子供ができなかったその女性は、大奥での地位を少しでも安定させようと考え、竹姫を養女にしたいと申し入れてきたのです。

年齢的に綱吉のお相手は無理でも、次の将軍のお手が付けば……と考えていたのでしょうか。

 

将軍の養女として3歳で江戸へ

正室(御台所)ならともかく、側室が養女を迎えるのは異例のことだったそうで。
綱吉は、一人娘が嫁ぎ先の紀州家で亡くなってがっくり来ているところだったため、あっさり承諾してくれました。

江戸時代の公家はだいたい経済的に苦しい状態でしたから、清閑寺家のほうでも「都で不便な暮らしをさせるよりは、遠く離れることになっても生活に困らないようにしたほうがいい」と考えたのかもしれません。

竹姫が江戸に来たのは、綱吉が亡くなる五年前のこと。
わずか3歳でしたから、心情的にはほとんど武家のお嬢さんと変わらなかったでしょうね。

年の近い武家の子弟中から、将軍の養女としてしかるべき嫁ぎ先選びが始まります。

最初は会津藩の嫡子・久千代との縁談がまとまりました。
9歳というそこそこの年齢差はありましたが、竹姫の父親は権大納言という高位の公家ですから、奥さんのほうが年下であればちょうど丸く収まりそうです。

 

富士山も大噴火して良からぬ噂が歩き出す

しかし、先程「最初」と書いた通り、竹姫の縁談には二回目以降があります。

ここが彼女の人生の肝になるわけで、この久千代、そして次のとある親王との縁談、どちらも相手の早世によって無くなってしまうのです。

現実的に考えれば、当時、多発していた浅間山の噴火などが遠因のように思えます。
竹姫が将軍家に入った「宝永」という年号の時期は、やたらと浅間山や富士山が噴火しているのです。そのこと自体が不吉とか言わない。

特に富士山の方は(現時点で)史上最後の大噴火で、江戸でも灰が積もるほどだったとか。

宝永大噴火(1707年)と復興を妨げた火山灰の怖さ 富士山三大噴火の衝撃

見 ...

続きを見る

そうなると、四大飢饉ほどではないにしろ不作になり、

・物価が上がる
・作物の栄養価が下がる
・栄養状態が悪くなる

という三連コンボで、ちょっとした風邪か何かが命取りになったんじゃないかと思います。

しかも当時は、火山の噴火にしろ何にしろ「天罰」や「祟り」が広く信じられていた時代のこと。
こうした状況に受けて「あのお姫様は縁起が悪い」という根拠のない噂が広まってしまいました。

誰が言い出したのかわかりませんが、このおかげで竹姫の嫁ぎ先選びは難航を極めます。

 

凄まじい悪条件のもと24歳でようやくトツギーノ

やっと行き先が決まったのは、竹姫24歳のとき。
当時の感覚では行き遅れもいいところです。

将軍も代替わりが進み、なんと八代・徳川吉宗の時代になっていました。

お相手は島津家当主・島津継豊でした。
しかし、これもさまざまな方面から圧力があってのことで、島津家としては到底気分の良いものではなかったようです。

なんせ少し前に長男・が生まれたばかりでしたし、吉宗と竹姫の仲がアヤシイというこれまた出所のほうが怪しい噂もありましたし、上記の不吉っぷりからしても島津家で気が進まない理由は揃いすぎていましたからね。

が、正室を早くに亡くしていたこともあり、竹姫の出自等については問題がないこと、そして六代・徳川家宣(いえのぶ)の正室だった天英院が実家の近衛家(公家)を通してまで縁談を持ちかけてきたため、ついに断りきれなかったとか。

それでも最後の悪あがきか。
「竹姫様に子供が生まれても跡継ぎにしませんからね!」等々、当時の基準でいえば「もうこれ諦めたほうが良くね?」レベルの条件をいくつも出したのです。

幕府が気前よくその条件を全て飲んでしまったため、竹姫を迎えざるをえませんでした。

 

竹姫が茂姫を将軍家へ嫁がせていたからこそなのYO!

竹姫に憑いてた?疫病神も「鬼島津」の血には退散したのか。
彼女はここでやっと腰を落ち着けることになります。

夫婦仲はあまり良くなかったようです。
が、竹姫は子供が好きだったようで、側室の子供である宗信をわが子のように可愛がったとか。

また、こうした経緯からか「自分の役割は世継ぎを設けるのではなく、将軍家と薩摩藩の仲立ちになること」と考え、宗信の正室探しの際に尾張家との縁談を進めたり(これは双方の早世で沙汰止みですが)、義理の孫にあたる重豪には一橋家の娘を迎えさせたり、外交官のような役割をしていました。

もちろん継室として宗信や重豪の教育もしており、その辺でトラブルになっていないところを見ると一応信頼はされていたようです。

亡くなったのは嫁いでから四十四年後、62歳でした。

竹姫の最期の仕事は、島津重豪への遺言。
「あなたの娘の茂姫を、徳川家斉様へ差し上げなさい」というものです。

薩摩藩主1~12代まとめ「島津に暗君なし」という評価はホンモノか?

戦 ...

続きを見る

この名前、聞き覚えのある方もいるのではないでしょうか? ヒントは「大河ドラマ」です。

そう、幕末に活躍した女性の一人・天璋院篤姫の名前の元ネタで、彼女が将軍御台所になれた要因でもある人です。
茂姫という前例があるので、篤姫もおkということになったんですね。

天璋院篤姫47年の生涯をスッキリ解説!薩摩に生まれ、最後は芯から徳川として

明 ...

続きを見る

何で茂姫のときはあっさりおkが出たのかというと、結婚した当初は徳川家斉が一橋家の人だったからです。御三卿なら外様から正室を迎えても良いとかよくわからん理屈ですが、江戸幕府だから仕方ない。

つまり、竹姫が茂姫を将軍へ嫁がせたおかげで、篤姫も歴史に名を残したわけです。

当人達にとってはどうでもいいことかもしれませんが、後世から見ると「元は行き先に困っていた公家の娘が、後々維新に大きく関係した武家の女性の運命を決めた」と考えるとなかなか感慨深いものです。

人間不遇な期間が長くなったからといって、腐ってばかりではいけないということですかね。
竹姫の日記とか手紙とか出てきたら面白そうなんですが、どこかにありませんかねえ。

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
浄岸院/Wikipedia

 



-江戸時代
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.