川原慶賀「長崎港図」/wikipediaより引用

江戸

賃料毎年1億円! 長崎・出島の意外な歴史~オランダ人は年4ヶ月だけ滞在

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
出島
をクリックお願いします。

 

他に日本人の役人や使用人、通訳などが100人ほど働いていました。

出島の面積からすると、普段はそう狭苦しいわけでもなさそうです。

また、商館長は江戸に出向いて将軍に謁見することもあったので、その間はさらに閑散としていたことでしょう。

 

お好きな項目に飛べる目次

1860年頃には埋め立てられ

幕末になりますと、オランダ本国でいろいろあったので出島も煽りを食らっています。

国旗を偽り長崎・出島へ入港!フェートン号事件のイギリスが海賊すぎる

続きを見る

また、ペリーによる開国の後は、オランダ人も長崎を出歩くことが許されました。

そして1856年に出島解放令が出され、三年ほどしてオランダ商館も閉鎖されると、出島はその役割を完全に終えました。

これによって出島が”島”である意義も失われ、明治時代に周辺が埋め立てられ、原型がわからなくなってしまったのです。

現在グーグルマップで検索しても、陸地にしか見えないですからね。

それでいて1922年に国の史跡になっているのがよくわからないところです。

出島状態のまま保存されておけば、今も江戸時代の姿を見れたのになぁ。

しかし、昭和の間から出島の調査が始まってからは、復元が進められていて、いくつかの建物を見ることができます。

また、1/15サイズの出島の模型も作られました。こちらはよく教科書に載っている扇型をしています。

長崎市が積極的に動いているので、近い将来、本当にかつての出島そのままで再現されるかもしれませんね。

流石に場所までは再現できないでしょうし、船の出入りを考えると、少し離れた場所に作るでしょうけれども。

ちょっと見てみたいですね。

あわせて読みたい関連記事は以下へ

島原の乱を鎮圧した知恵伊豆がエグい! 板倉重昌は悲しい自爆【最後の戦国】

続きを見る

リーフデ号漂着~関が原直前の家康がイギリス&オランダと出会った

続きを見る

ウィリアム・アダムス(三浦按針)と家康で始まった日英関係 なぜ終わった?

続きを見る

シーボルト事件はナゼ起きた? 地図を交換した高橋景保はどうなった?

続きを見る

日本のキリスト教伝来~戦国時代にどう広まり、いかなる理由で禁止された?

続きを見る

ルイス・フロイスは信長や戦国をどう描いた?『日本史』を記した外国人宣教師

続きを見る

小西行長が秀吉にウソをつきながら出世できたのはなぜ?【豊臣戦国譚】

続きを見る

異国情緒の漂う街「マカオの歴史」ポルトガルに占領→返還されるまで

続きを見る

戦国時代&大航海時代は「奴隷時代」多くの罪なき人々はドコへ売られた?

続きを見る

戦国時代はリアル北斗の拳ワールド――食料を奪い人身売買も日常だった

続きを見る

国旗を偽り長崎・出島へ入港!フェートン号事件のイギリスが海賊すぎる

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
村崎 春樹『長崎「地理・地名・地図」の謎 意外と知らない長崎県の歴史を読み解く』(→amazon
桜田 美津夫『物語 オランダの歴史 - 大航海時代から「寛容」国家の現代まで (中公新書)』(→amazon
出島/Wikipedia
甦る出島/長崎市

TOPページへ

 



-江戸
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.