徳川吉宗/wikipediaより引用

江戸

給料UPだよ足高の制! 吉宗の人材登用術は革新的だったハズなのに

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
足高の制(たしだかのせい)
をクリックお願いします。

 

「(禄)“高”に“足”す」から足高の制

「どげんかせんといかん!」

この歪みをどうにかすべく吉宗は「家格と身分が吊り合わない場合は差額を出してやるから、身分の低い者も取り立てられたときは安心していいぞ」としました。

これが足高の制です。

「(禄)”高”に”足”す」制度なんですね。

実際、うまくいくんか?
と疑問に思われるかもしれませんが、足高の制により「大岡裁き」で有名な大岡忠相や、治水工事のため在野から抜擢された田中丘隅きゅうぐという学者が才能を発揮しました。

大岡越前守忠相が自ら裁いたのは一件だけ!? 吉宗に見いだされて表舞台へ

続きを見る

しかし、才能があるからといってポンポン給料を上げていたら、幕府の出費がかさみまくりそうな気がしますよね?

そこも吉宗は見越しておりました。

「足高の制の対象になるのは本人だけ」と制限することによって、取り立てられた人の子や孫の代になっても高禄のままということを防ぐ……予定だったのです。

 

実際は加増分が子孫たちへ世襲されてしまう

一度前例ができるとなかなか変えたがらないのは今も昔も「お役所あるある」。

足高の制も「一度収入が良くなったのに、何でまた下げられてしまうん?(´・ω・`)」と思われ、当初の狙い通りにはいきませんでした。

加増された分が結局その子孫たちへ世襲されてしまうケースが多かったのです。まぁ、現代人だって一度上がった給料が下がるのはイヤですものね……。

実は江戸時代には、この手の「一度できた前例をめぐる争い」の話がちょくちょくあります。

大体の場合

【大胆な改革を行おうとした若い藩主or藩主に抜擢された人】
vs
【家老を中心とした守旧派】

という構図で、そういうゴタゴタがきっかけでお家騒動に至ったケースも少なくありません。

広い意味では、幕末のアレコレも似たようなものでしょうか。

ちなみに武士の生々しいお財布事情のわかる一冊が、ベストセラーにもなった磯田道史氏の『武士の家計簿』です。

エンタメとしても非常に面白い内容ですので、よろしければ一読どうぞ。

『武士の家計簿』(→amazon link

あわせて読みたい関連記事

享保の改革をわかりやすく!目安箱以外にもあった吉宗主導の政策

続きを見る

在位3年で死亡の六代将軍・徳川家宣は清廉クレバー! 知られざる実績が凄い

続きを見る

大奥夜遊びスキャンダルの煽りを食った間部詮房~実は日本史屈指の出世人

続きを見る

no image
自転車に乗る女性参政権運動家フランシス・ウィラード

続きを見る

大岡越前守忠相が自ら裁いたのは一件だけ!? 吉宗に見いだされて表舞台へ

続きを見る

大奥ってどんなシステムだったの? 側室候補の「御中臈」は家柄が第一

続きを見る

徳川綱吉は犬公方どころか名君だ! 暴力排除で江戸に倫理を広めた人格者

続きを見る

鎌倉将軍・足利将軍・徳川将軍の名前をぜんぶ言えますか?

続きを見る

松平定信は白河藩での手腕が抜群だった! されど江戸幕府では……

続きを見る

徳川15代 全将軍の正室(御台所)ってどんな人?家康から慶喜まで【完全版】

続きを見る

上杉鷹山の借金返済計画がマジで凄い! 江戸の改革王が巨額の赤字を立て直す

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
足高の制/Wikipedia
享保の改革/Wikipedia

TOPページへ

 



-江戸
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.