縄文・弥生・古墳

縄文人もジンジンジンな虫歯の歴史~家康も馬琴も入れ歯を使ってた!?

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
虫歯の歴史
をクリックお願いします。

 

701年に初めて歯科の「耳目口歯」が登場した

日本の歴史に歯科が登場するのは?

答えは701年。

この年号にピンときた方も多いと思います。そう、この年は大宝元年で『大宝律令』が制定されました。

日本ではじめて律(刑法)と令(行政法)がそろって成立した本格的な律令ですが、この医疾令(医療制度の法令)の中に【耳目口歯】として歯科が登場したのです。

当時は顔の器官全部まとめてひとくくりだった模様で、900年代の書物には「朝夕の歯磨きか食後のうがいをしたら虫歯にならないよ」と書かれており、当時から歯磨きが虫歯の予防手段として知られておりました。

 

現存する最古の入れ歯は仏姫さんのものです

室町時代には、なんと現在に近い形の入れ歯も存在しました!

まぁ、木製ですけどね。

現存する日本最古の入れ歯は1538年に亡くなった仏姫という尼僧のものです。

現代では街路樹などで見かける黄楊(ツゲ)で出来ており、奥歯にすり減った跡があることから食事のとき実際に使用されていたと考えられます。

仏姫の義歯2

こうして見ると結構エグいすね・・・/神奈川県歯科医師会HPより引用

もともとは仏師が片手間に作っていたようですが、安土・桃山時代以降は仏像の注文が少なくなり、彼らの中には義歯を主体に作り始める人も出てきました。

当然ながら技術はより精巧になっており

【ロウで型を取り】

【ツゲの木を削って土台を作り】

【前歯には人間の歯を糸で台にくくり付け】

【奥歯は金属の釘を使用しよく噛めるように】

と、本格的なものになります。

徳川家康も晩年は入れ歯を使用していた記録が残っており、南総里見八犬伝で知られる滝沢馬琴(1767~1848年)の『馬琴日記』にも入れ歯の記述が残されております。

甘いものが好きだった馬琴は57歳で総入れ歯になったそうですよ。

徳川家康(松平元康)が直面した3度の絶体絶命!75年の生涯まとめ【年表付】

続きを見る

里見八犬伝の滝沢馬琴は日本初の印税作家?あの山東京伝に弟子入りしていた

続きを見る

 

西洋では19世紀になってから…遅いね( ´_ゝ`)フッ

一方、西洋の入れ歯事情はどうだったのかと申しますと、19世紀以前は、はっきり言って飾りです。

当時の入れ歯は骨や象牙で出来ており、噛めないだけでなく長く使っているうちに耐えられない悪臭がしてきたそうです。

では、虫歯で歯を失った西洋人はどうやって食事をしていたのでしょうか?

貴族階級のお話ですが、自力で食物を噛めなくなった場合はペンチのような形をした肉粉砕器で肉を潰し、食事をしていたと記録されています。

西洋で現在のように実用可能な総入れ歯が考案されたのは19世紀。入れ歯分野でも日本は200年時代を先取りしていたようですね。

やはり縄文・弥生時代から付き合いが長かったのが功を奏したんでしょうか。

あまり大威張りするようなことでもないですが(・ω<)

虫歯で歯を失うと健康を損ねる原因となります。シッカリと歯磨きをしてください。

また、ダラダラと甘いものを食べると虫歯になりやすいので間食を抑えることも大切です。

さーて、コラム書いたら小腹がすいたのでチョコレートでも食べようかな♪

まり先生の歴史診察室滝沢馬琴

イラスト・文/馬渕まり(忍者とメガネをこよなく愛する歴女医)
本人のamebloはコチラ♪

戦国診察室表紙

『戦国診察室 お館様も忍びの衆も歴女医が診てあげる♪』(→amazon

【参考】
西日本新聞
ドクター江部の糖尿病徒然日記
深川歯科
長崎県歯科医師会
テーマパーク8020
神奈川県歯科医師会
義歯/wikipedia

TOPページへ

 



-縄文・弥生・古墳
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.