明治・大正・昭和時代

エルヴィン・フォン・ベルツ お雇い外国人から見た日本の良いとこ悪いとこ

更新日:

1849年(嘉永二年)1月13日、エルヴィン・フォン・ベルツというドイツ人が誕生しました。

「誰?」という声が聞こえてきそうですので、先に何をした人か言っておきますと、明治政府が「ちょっとウチに来ていろいろ教えて貰えませんか」とお願いした”お雇い外国人”の一人です。

 

医師のエルヴィン・フォン・ベルツ

お医者さんだったので、主に西洋医学を伝えてくれました。
ちょっとニュアンスは違いますが、今で言うALT(外国語指導助手。学校の英語の授業等に来てくれる外国の方)みたいな感じですね。

ベルツはまだドイツにいた頃、たまたま日本人留学生の治療を担当したことがあり、そこから日本に興味を持ったようです。

1876年(明治九年)に東大医学部の前身である東京医学校に着任し、五年後には愛知県の宿屋の娘さんと結婚。
和服を着た写真があるのですが、この頃のものでしょうかね。

1913年(大正二年)には夫婦揃って帰国したそうですから、現地妻扱いではなかったようです。よかったよかった。

では日本滞在中はどんな感じだったか?
というと、良いことも悪いことも冷静にビシッと言って(書いて)くれています。

ビスマルクあたりもそうですが、こういうのがドイツ人の特徴なんですかね。ビスマルクはプロイセン(ドイツの北のほう)でベルツはヴュルテンベルク(南のほう)出身ですけど。

 

日本は一気に500年分もの進化をしようとしている

ベルツから見た日本の良いところはこんな感じです。

「日本人はたった10年ほど前までヨーロッパの中世と同じような状態だったのに、最近は一気に500年分もの進化をしようとしている」

オイオイ褒めすぎだろ照れるじゃねーか///と思ってしまいますが、それ以上に悪いところへの指摘が「仰る通りです」としか。

「しかし、このように急激な変化をするときには、誤解が起こりやすいものだ」

「教える側はそのようなことがないよう注意しなくてはならないのに、一部は日本の全てを否定し、また別の一部は日本が我々の文化を受け入れることを大げさに賞賛する」

「我々がやるべきは助力するだけでなく、助言することだ」

まだまだ続きますよー。

「不思議なことに、今の日本人は自らの過去を恥じている。教養人ですら『我々は野蛮人で、全く歴史を持っていませんでした』とまで言う人もいる。大変不快だ」

「自国の文化を軽視すれば、かえって外国からの信頼は得られなくなる」

「今彼らに必要なのは、日本の文化を正しく理解し、これからどう生かしていくかを考えることだ」

「もし日本人がアメリカの新聞を読み、全てを真似ようというのであればおさらばである」

ふぅ、ここで一息つきましょう。

 

伊藤博文は自らを卑下しすぎではないのか?

エルヴィン・フォン・ベルツさんは、つまり、
「今までもいいとこいっぱいあったのに、何でもかんでも西洋に同化すればいいと思ってんのかお前ら! 違うだろ! もっと日本人らしく熱くなれよおおおおおおお!!」(超訳)
と言いたかったようですね。

超訳しすぎた気もしますが、彼が言いたかった意味としては間違ってないと思われますキリッ(`・ω・´)

ちなみに「我々に歴史はない」と言ったのはビスマルク大好き伊藤博文でした。
時代も合いますし、おそらくベルツは直接伊藤に「ちょ、待てよ!」って言いたかったんでしょうね。

ビスマルクは「日本は日本で一人前の国家であることを証明すべきだ」と言ったのであって、日本の歴史や文化を否定したわけじゃないんですけども。あんまり知らなかった可能性も微レ存。

伊藤は「昔の学問は十中八九までは虚学である」=「日本に昔からある学問は学問じゃない」とも言っていたそうで、どんだけ卑屈なんだよと言いたくなってきますね。ビスマルクやベルツの真意がわからなかったはずはないと思うのですがどうしてそうなった。

まあ伊藤の悪口はそこまでにしまして、ベルツに話を戻しましょう。

 

日本文化を愛し、 火山活動中の草津白根山へも登山

彼は仕事以外でも日本にかなり親しみを持っていたようで、美術・工芸品の保護や歌舞伎鑑賞、剣術家への弟子入りなどいろいろな面で日本文化を愛していました。

また、草津温泉を「ハンセン病に効く温泉」「温泉以外にも、日本で一番良い空気と水がある場所」として本や論文を書いています。
さらには「政府は温泉治療を促進すべき」とし、自らも温泉つきで6000坪もの土地を買って保養地作りを試みていました。金の使い方パネェ。

そして、ついでに近隣の草津白根山(※火山活動中)にも登っています。
しかも記録までつけてます。
度胸ありすぎ。

無闇に賛美するつもりはありませんが、この「良いところも悪いところも認めて評価をする」という姿勢はぜひ見習いたいですね。

人間ですから多少感情が入るのは避けられないことですけども、公平を意識するのとしないのとでは雲泥の差がありますから。

長月 七紀・記

【参考】
エルヴィン・フォン・ベルツ/Wikipedia

 



-明治・大正・昭和時代
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.