アーネスト・フェノロサ

アーネスト・フェノロサと法隆寺夢殿の救世観音菩薩/wikipediaより引用

明治・大正・昭和

日本文化を救った米国人フェノロサ~法隆寺夢殿で何百年も続いた封印を

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
フェノロサ
をクリックお願いします。

 

僧侶たちは抵抗しつつも、結局、逃げた

フェノロサはこの像を調査すべく、明治政府の許可証を持って法隆寺を訪れました。

もちろん僧侶たちは抵抗しましたが、フェノロサの熱意(という名の威圧感かもしれない)に負けて、逃げるように道を開けたそうです。

しかし、厨子(仏像を安置しておくケース)を開けてみると、そこにあったのは幾重もの木綿で覆われた、仏像なのかどうかもわからないものでした。

丁寧に布を巻き取る度、数百年分の分厚いほこりが舞い上がったそうです。

フェノロサがアレルギーを持っていたら大変なことになったでしょうね。

最後の一枚を取り除くと、そこには畏怖さえ抱くような笑みをたたえた観音像が立っていました。

法隆寺夢殿の救世観音菩薩像

法隆寺夢殿の救世観音菩薩像/wikipediaより引用

その後、この像はフェノロサの開扉をきっかけとして、毎年春と秋に公開されるようになったのです。

ご覧になった方もいらっしゃるかもしれませんね。

残念ながらワタクシはまだ拝んだことがないのですけれども、写真からしても他の仏像とは一線を画しているといいますか、とても人間に近く生々しい表情をしていると感じます。

もしかしたら、身長だけでなく表情も聖徳太子に似せたのかもしれません。

 

アメリカへ帰国後はボストン美術館の東洋美術部長に

フェノロサは1890年に帰国した後、ボストン美術館の東洋美術部長として日本の作品を紹介し続け、その後もたびたび来日していました。

仏教に帰依するくらいですから、最期は日本で迎えるつもりだったのかもしれません。

しかし、その前にロンドンの大英博物館での調査中、心臓発作を起こして亡くなってしまいました。

一度はイギリス国教会により葬られたのですが、その後、遺言により、荼毘に付されて日本の法明院というお寺に改葬されています。

法明院にあるフェノロサの墓/photo by Fraxinus2 wikipediaより引用

フェノロサが受戒したお寺の塔頭(大きなお寺の中にある小さなお寺)でしたので、その縁で選ばれたのでしょう。

現在もフェノロサのお墓は法明院の墓地にありますので、大津で歴史にまつわる所を巡るときには、候補に入れてみてはいかがでしょうか。

本文中に出てくる関連記事

訪日外国人は見た驚いた!幕末ワンダーJAPANの文化・風習・生活とは

続きを見る

モース(大森貝塚)
大森貝塚を発見したのはモースかハインリヒか 貝殻が人骨や土器を守る

続きを見る

南方熊楠
天才か奇人かギフテッドか~南方熊楠の人知を超えた記憶力と生涯

続きを見る

エルヴィン・フォン・ベルツ
明治日本の良いとこ悪いとこ~エルヴィン・フォン・ベルツはどう見てた?

続きを見る

幕末維新の日英関係に欠かせない ラザフォード・オールコックの功績

続きを見る

外国人初の富士山登頂は現代なら炎上沙汰!? 幕末英国人オールコック一行

続きを見る

アーネスト・サトウ
ニッポン大好きな幕末外交官アーネスト・サトウは佐藤さんじゃないけど

続きを見る

エドウィン・ダン
日本に骨を埋めたエドウィン・ダン~北海道を愛し畜産業の父となる

続きを見る

クラーク博士「少年よ大志を抱け」
帰国後に破産していたクラーク博士「少年よ大志を抱け」後の悲劇とは

続きを見る

ペリーじゃないよハリスだよ 日米修好通商条約を結んだアメリカ人って?

続きを見る

キヨッソーネ
明治天皇や西郷を描いたキヨッソーネ!あの写真が彼の絵だったなんて!

続きを見る

幕末明治の英国外交官ハリー・パークス 手腕鮮やか薩長を手玉に取る

続きを見る

ウェイリーとチェンバレン
源氏物語&枕草子の英訳者ウェイリーと古事記英語版のチェンバレンが凄い

続きを見る

プチャーチン
親日家プチャーチンが日露和親条約をどうにか締結 日本で続いた不運とは

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
片野勧『明治お雇い外国人とその弟子たち』(→amazon
梅渓昇『お雇い外国人――明治日本の脇役たち (講談社学術文庫)』(→amazon
アーネスト・フェノロサ/Wikipedia
廃仏毀釈/Wikipedia

TOPページへ

 



-明治・大正・昭和
-,