与謝野鉄幹

与謝野鉄幹/wikipediaより引用

明治・大正・昭和

与謝野鉄幹は女の敵?女学校で問題起こしまくり晶子とも不倫関係から

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
与謝野鉄幹
をクリックお願いします。

 


鉄幹自身はスランプに陥り、選挙に出馬

同じ頃から、鉄幹自身は極度のスランプに陥っています。

晶子も心配し、ヨーロッパ旅行を勧めましたが、創作意欲がわいたのは彼女だけでした。

与謝野夫妻の活動は、光と影のような関係にあったようでして。

他の業界でもよく聞きますが、成功者が身近であればあるほど苦悩は大きいもの。

本人に才覚があればなおのこと苦悩は深くなります。

何人もの女性を苦しめた鉄幹が、最も身近な女性である妻の成功によって悩む……というのも、因果な話ですね。

与謝野晶子/国立国会図書館蔵

何を思ったのか、鉄幹は地元・京都で選挙に出馬したこともあります。

そして当然のごとく落選。スランプが長すぎてどこかのネジが外れてしまったんですかね。

選挙は一回で懲りたらしく、その後は慶應義塾大学文学部で教鞭を取り、13年間在籍して多くの文人を育てました。

同時に、晶子や建築家の西村伊作、そして画家の石井柏亭らとともに文化学院を創設しています。

教育方面で生きていこうとしたものでしょうか。

 


センバツの入場曲にも使われた「爆弾三勇士」

教育者としての鉄幹の言動はあまり伝わっていません。

亡くなる三年前に、鉄幹はもう一つ代表作を残しました。

「爆弾三勇士の歌」という物騒なタイトルの歌詞公募に応じ、一等入選を果たしたのです。

当時は「センバツ」こと選抜高等学校野球大会の入場曲にも使われたため、鉄幹も再び脚光を浴びたと思われます。

「爆弾三勇士」とは、第一次上海事変で爆弾を抱えて中国軍に突撃し、突破口を開いたという三人の兵士のこと。

第一次上海事変自体は「満州国建国の後、緊張が高まっていた中国で起きた軍事衝突&陰謀事件」といったものです。

晶子も「君死にたまふことなかれ」を発表して40年近く経った頃に、戦争に賛成するような歌を詠んだことがありますが、夫婦ともに世の流れには逆らえなかったのでしょうか。

まあ、戦争に対する世論も、状況に応じて賛成・反対がコロコロ変わりますので、著名人がある程度迎合するのは仕方のないことではあるのですが……若い頃からの鉄幹の行状を知っていると、何だかモヤモヤしますね。


あわせて読みたい関連記事

実は遊び人だった野口英世と彼を支えた人々――偉業は一人にして成らず

続きを見る

詩人・北原白秋の結婚離婚再婚離婚再……爽やかイメージと全然違う私生活

続きを見る

末弘ヒロ子
日本初のミスコン優勝者・末弘ヒロ子が退学~学習院お嬢さんに何が?

続きを見る

高橋お伝
クズ男に翻弄され斬首刑に処された「高橋お伝」の不憫すぎる一生

続きを見る

森鴎外の意外な素顔~子どもたちにキラキラネームが付けられたのはなぜ?

続きを見る

高村智恵子
智恵子抄の高村智恵子~統合失調症に苦しみながら画家として生き

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
与謝野鉄幹/Wikipedia

TOPページへ


 



-明治・大正・昭和
-

×