小野篁/wikipediaより引用

飛鳥・奈良・平安時代

小野篁は平安時代の出来杉君? あまりに天才すぎて島流しの刑に

承知五年(838年)の12月15日、小野篁(おののたかむら)が嵯峨上皇の怒りを買って隠岐の島に流罪になりました。

理由は?
というと、当人の頭が良すぎて災いを招きよせた――そんな風に見える出来事でした。

 

正論だが空気を読まれたほうが……

原因は、遣唐使の渡航に関するトラブルでした。

篁は副使として同行していたのですが、正使の藤原常嗣(つねつぐ)が乗っていた船が故障してしまったため、「篁さんの船を私のにしてもらえない?」とまるでジャイアンのようなことを言われます。

当然、篁は面白くありません。

「船のメンテをサボったのはそっちでしょ! 取り替えたら私が船を壊したみたいじゃないかアホらしい。持病の癪(しゃく)も出てきたし、私は帰ります!」
と、副使の役目を放り出して帰ってきてしまいました。

上海万博で復元された遣唐使船/photo by ぱちょぴ Wikipediaより引用

ここまでなら言い訳のしようもあったものの、腹の虫が収まらない篁は勢いに任せて、お上や政治制度について面白おかしくおちょくった漢詩を詠んでしまいます。

しかもその中に禁句がいくつも含まれていたので、嵯峨天皇が「お前言っていいことと悪いことがあるだろ!」と激怒、罪に処されたのでした。

 

世情をディスったラップで島流し

「それだけで流罪とか大げさな」と思うかもしれませんが、当時は言霊とか呪詛が本気で信じられていた時代ですから、放送禁止用語のタブーが今よりずっと厳しかったのです。

頭が良くないと漢詩で風刺なんてできません。
たとえ匿名で落書きしたとしてもバレる可能性が高いことはわかっていたでしょうに、何でやってしまったのか……。

篁は若い頃武芸もたしなんでいたそうなので、他の貴族と比べると血の気が多かったのかもしれませんが。

流罪になるといつ許されるかもわかりませんし、たどり着くまでの船が難破したり、流刑先で病死することもありえました。
そのため死刑の次に重い罰とされていたのですが、篁は対して悲観していなかったのか、謫行吟(たつこうぎん)という漢詩を詠んでいます。

こちらは特に問題もなく綺麗な詩で、たちまち学者や貴族達に愛唱されるようになったとか。
全然懲りてねえなと見るか、さすがと見るべきか……。

残念ながらこの詩は伝わっていないので、どんなものだったのかわかりません。

評判になったのなら誰か書き写していそうなものですが。
後世の戦災で失われたのか、口頭で伝わったから正確な字がわからなかったのかどっちなんでしょうね。

 

頭良すぎて「野狂」とアダ名を付けられた

元々たいした罪ではなかったためか。
2年後の承知七年(840年)には許されて無事京へ帰ってきています。

篁からすれば、それも予想の範囲内だったのかもしれません。

流罪の前か後かわかりませんが、篁の頭の良さはやはり巷の人には理解不能だったようで、「野狂」という不名誉にも程があるあだ名をつけられています。
本人はやっぱり気にしていなかったようですが、なにも「狂」なんてつけなくてもいいですよねえ。

ちなみに頭の良さは血筋だったようで、彼の子孫には歌人や文化人が多く存在します。

美女の代名詞小野小町、三蹟(書道の得意な三人を称えた呼び方)の一人小野道風などですね。
小町のほうは出自がはっきりしないため一説ではありますが、もしかすると篁もイケメンだったのかもしれません。

大河ドラマ『おんな城主 直虎』で、高橋一生さんの熱演が話題になった小野政次
小野篁の末裔だなんて話もございます。

小野政次――権力争いの末に勝ち取った34日間の儚い天下【戦国直虎譚】

続きを見る

頭は良いけどちょっとズレてる美形……何だかマンガやゲームから出てきたみたいな設定ですね。
そういうところがまた、周囲からすると理解しがたいと思われたんでしょうか。

長月 七紀・記

【参考】
小野篁/wikipedia

 



-飛鳥・奈良・平安時代
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.